[掲示板に戻る] [最下部へ移動]

1. 愛しくありがたい嫁のマンコ  投稿者:中年夫婦 投稿日:2019/04/08(Mon) 19:17 No.24481


19年前の新婚初夜、新婚旅行のために買ったデジカメで嫁のマンコを撮影した。
ベッドに仰向けになって、恥ずかしそうに足をM字に開き、両手の指でマンコを拡げた24歳の新婦のマンコは、マンビラが殆んど無いピンクの美麗マンコだった。

18年前の初めての結婚記念日、1年前と同じように、布団に仰向けになって、恥ずかしそうに足をM字に開き、両手の指でマンコを拡げた25歳の新妻のマンコを撮影した。
連日の営みで、小振りなマンビラが薄らと赤紫にハの字を形成し始めたマンコだった。

17年前、2回目の結婚記念日、嫁は第一子を妊娠していた。
布団に仰向けになって、足をM字に開いて両手の指でマンコを拡げた26歳の妊婦のマンコを撮影した。
出産を控えたマン穴が大きく拡がっているように見えた。
連日中出し子作りに明け暮れたマンビラは、赤紫になってハの字が大きくなったマンコだった。

俺たち夫婦は、毎年、結婚記念日には嫁が足をM字に開いて両手の指でマンコを拡げる恥ずかしい写真を撮影してきた。

今年、結婚して19回目の結婚記念日、43歳の嫁はすっかり熟女だから想像に容易いと思うが、ハの字のマンビラは小振りなままで目蒸れてはいない綺麗なマンビラだが、色はドドメ色で夫婦の歴史を感じる。
新婦に頃、綺麗なピンクのマンコだった嫁も、二度の出産を経てもなお、俺の欲望を受け入れて、恥ずかしがりながらも股を開いて舐めさてくれた嫁のマンコの味はとても美味しい。
恥ずかしい恰好をしてくれる女がいて、その女のマンコを舐めて女を喘がせられるのは、男としては至福の時間だ。
そんな女は嫁しかいないし、嫁の恥ずかしい部分を全開に広げて、唇と舌で愛撫できる幸せを感じている。

嫁は俺のチンポをマン穴に受け入れ、マン汁を溢れさせながら、チンポ快楽に腰をくねらせて悶え、ヨガって絶頂に達し、痙攣する。
俺の精液を欲しがり、俺の精液にまみれ、ウットリと余韻に浸る嫁を見ていると、愛おしくて仕方がない。
俺のチンポが抜けた後、恥ずかしげもなく丸出しにした、ポッカリ開いた濡れて充血した営みの余韻に浸る嫁のマンコを見ると、つくづくありがたみを感じる。


2  雨降り - 2019/04/08(Mon) 19:55 No.24482
    まさにご夫婦の愛の歴史ですね。
    文脈から限りない奥さんへの愛情を感じます。
    きっとお幸せなご家庭をおもちなんでしょう。

    セックスの話の中に奥さんの自慢がちりばめられています。
    感謝って最高の喜びじゃないですか?
    どうぞ末永くお幸せにって・・羨ましいですね。


3  名無し@熟年夫婦 - 2019/04/09(Tue) 22:51 No.24489
    わかるわー
    長年連れ添った女房は感謝だよね!


4  三十路夫婦 - 2019/04/10(Wed) 12:26 No.24493
    中年になっても仲良しですね。私たちもそんな中年夫婦になりたいものです。

おなまえ
コメント  
パスワード (英数字で8文字以内)