[掲示板に戻る] [最下部へ移動]

1. 不倫成就の夫婦ですが幸せです  投稿者:再婚夫婦 投稿日:2019/03/14(Thu) 21:32 No.24326


5年前、前妻が不倫して離婚、その翌年に今度は私が不倫に走ってしまいました。
2年間の不倫を成就して、一昨年、妻の郁美は前夫との4年間の夫婦生活に幕を下ろして離婚して、私の元へやって来て、昨年、私との婚姻届けを提出し再婚しました。
妻の郁美は5歳年下で現在32歳、先月、女の子を出産しました。

郁美は、ショートカットで清楚系、可愛い美人の小柄で華奢な女性です。
出会って一目で好きになり、少しずつ親密になっていくこと3か月、人妻と知りつつアプローチすると、郁美は私を受け入れてくれたのです。

ホテルに連れ込むことに成功しましたが、嬉しさと同時に、こんな可愛い美人奥様が浮気するのか?と目を疑うほど清楚感が漂いました。
惜しげもなく披露した華奢な身体に透けるような白い肌が色めき立ち、揉みしだくには小振りな乳房は掌に隠れるほどで、まるで女子中学生のような裸身です。
そんなロリボディでも性の快楽を知る人妻、燃え盛る欲情に艶かしく股を開きました。
そこには、ややこげ茶に色付いた陰唇がハの字に割れ、しっとりと濡れる膣口がポッカリと開いて私を誘っていました。
クンニに身を捩り、フェラに舌を舐めずり、そして生のまま交わりました。
ロリボディの抱き心地は硬く骨っぽいけれど、小柄な身体の膣内はきつく浅目で、亀頭が子宮口に到達しました。
そこには可愛い清楚美人の姿は無く、ただ夢中でまぐわい、淫奔な情事に没頭する一匹のメスの姿がありました。
不倫姦淫の劣情は、淫熱に蕩け落ちるように私と郁美を夢中にさせました。

郁美との不倫は郁美の夫の知るところとなりましたが、郁美の夫は黙って郁美を手放しました。
「元々親が決めた結婚だったし、子供も作らなかったし・・・結婚3年目くらいから夫婦らしいこともしてなかったのよ・・・あの人、グラマーな人が好きみたいだったし・・・」
という郁美は、財産分与無しで慰謝料も無しという条件で、郁美は一昨年の10月、身体一つで家を出て私のアパートへ転がり込んできました。
再婚禁止期間が解ける間、子供が出来る事を考えて広いアパートを探し、昨年3月に転居、同時に婚姻届けを提出し、子作りを開始しました。

郁美は、私が仕事から帰ると玄関先まで小走りに出迎えてくれ、清楚で可愛い笑顔でキスしてきます。
でも、夫婦の営みでは清楚な美人妻は豹変し、自分で陰唇をめくって私を誘惑、クンニのおねだりに身を捩り、陰茎にむしゃぶりつきます。
私の陰茎もとビンビンに勃起しますが、郁美の陰核と乳首もまたビンビンに勃起させています。
特に騎乗位では淫乱で、腰をクイクイさせながら亀頭を子宮口に当てて、
「あああ〜〜子宮の中まで届いてるぅ〜〜」
と身を捩ります。

勢いだけで結婚した前妻との暮らしは、結婚が目的だったような生活で、前妻は単なる性欲処理にすぎず、前妻に私の子供を産んで欲しいという愛情がありませんでした。
だから、前妻が不倫して別れたいと言い出したとき、前妻の幸せを素直に願う心がありました。
私なんかといるより、前妻を愛してくれる人がいるなら、その人の方が前妻を幸せにできると感じたのです。
郁美の前夫も、きっとそうなんだと思います。
私は、郁美には私の子供を産んで欲しいという気持ちがあります。
単に郁美の膣に陰茎を挿しこんで快感を得たいという欲望だけでなく、郁美の子宮に私の精液を届けて子供を作りたいと願ったのです。

子供も授かり、郁美との暮らしはとても幸せです。
親の決めた結婚で愛のない夫婦生活の中、前夫が性欲処理に使われて歪んで変色した郁美の陰唇ですが、私は、前夫に抱かれて不本意にも喘いでいた郁美の性生活を悔やみながら、郁美の可愛い身体を愛していきたいと思います。
そして、前妻の幸せを祈りつつ、郁美と共に人生を歩んでいこうと思います。


2  名無し@熟年夫婦 - 2019/03/15(Fri) 08:06 No.24327
    人生色々ですね…

おなまえ
コメント  
パスワード (英数字で8文字以内)