[掲示板に戻る] [最下部へ移動]

1. 義父からのお誕生祝い  投稿者:るり 投稿日:2018/03/21(Wed) 14:10 No.33599

三十九歳の専業主婦でしたが、主人が単身でメキシコに、赴任
しましたので、一日四時間のパートをしています。
義父が私の誕生日を覚えていてくれたんです。
和食料理のお店を予約までして頂き、豪華なお食事を頂きました。
そのお店は、個室になっていて、最初のお料理が来て次は、こちらからベルで知らせないと来ません。
お義父さんが「はい、るりさんプレゼント、おめでとう、これからも若くて綺麗なるりさんでいてね」私感激です、お義父さんからプレゼントなんて、確か初めてです「有難うございます、嬉しいです、開けていいですか」涙が出る位嬉しかったんです。二十センチ位の箱と、小さな包みが出てきました。
箱の方を開けたんです。私だって知っています、これが何かって、いわゆる、あれです、ピンクで、周りにとげのような突起が沢山ついていて、その下にピラピラの付いた突起「電池も入れておいたからすぐ使えるからね」もう一つの包みを開けると
真っ白な光沢のある、小さなショーツなんです、お義父さんが立ち上がり「トイレに行ってくるからそれ穿いてごらん」と言って行ってしまったんです、いくら個室で呼ぶまで誰も来ないと思いますがここで下着を穿き替える、恥ずかしいです。
パンストと一緒にショーツを脱ぎ、その小さなショーツを、小さくてお尻が半分くらいしか隠せないんです、それよりも、肝心な所に少し硬い何かが当たるんです、小さいウインナーの形をしたものが、クロッチの中に入っているんです、当然のように私の敏感な部分に触れているんです「どう穿けたかな、少し小さいかな、でも締め付け感が良いじゃないかな」飛び跳ねる位の衝撃、ウワーと大きなうめき声を出してしまいました、そのウイナーぽいものが振動して、敏感なクリトリスを刺激するんです、体中が勝手に震え、起きていられなくてあおむけに寝てしまったんです。急に静かになって体が沈んでいくようになって、体じゅうの力が抜けてしまいました。
横にお義父さんが来たのでしがみ付き、背中をどんどん、どんどんたたきました「どれどれ見せて欲しいなるりさんがそんなに喜んだところを  おおおっ良いよいいよ、パンティーの外までお汁が出ているね」その日は濡れたショーツを着けたまま帰宅したんです、途中でも時々リモコンを操作して私を狂わせたんです。
電動ペニスを使って義父の見ている前でオナニーをさせるんです、私の中でくねくね動き突起の刺激が歓喜の叫び…
厭らしい義父、大好きです。
どんどん


2  宍道湖 - 2018/03/21(Wed) 17:59 No.33600
    良かったね。


3  近親相姦に一言 - 2018/03/24(Sat) 04:03 No.33606
    るりさん、素敵なプレゼントいただきましたね。
    私は息子からでした。最初のうちは家の中でも穿かされ
    立ってていられない程の快感でした、体中が勝手に震え
    しゃがみ込んでしまいます。
    お買い物などで出かけた時も付いてきて、リモコンであそこに
    刺激をくれます。
    ある日はファミレスでお料理が来る前に、あそこの濡れ具合が
    見たいと言い出したんです、とっても恥ずかしい事でしたが
    スカートの中に手をいれ、ショーツを横にずらし見せてしまいました、テッシュが透ける位濡れていました、その濡れたテッシュを匂いを嗅ぎ、舐めたんです……
    当然ながら、息子はそれだけではすむはずは無く、私の中に
    入りたがりますし、私も息子以上に、あんなおもちゃの刺激ではない本物が一番のプレゼントです。


4  濡れぺ二 - 2018/03/24(Sat) 15:48 No.33609
    るりさんは、そんな小道具使わなくてもお義父さんの
    生ぺ二が有るんでしょう。お幾つのお義父さんかしれませんが
    足りませんか?それでそれを−

おなまえ
コメント  
パスワード (英数字で8文字以内)