[掲示板に戻る] [最下部へ移動]

1. 勇気と覚悟を決める日  投稿者:真理子 投稿日:2017/12/28(Thu) 19:12 No.33097

私は47歳の女性です。主人(53歳)と息子の幹大(23歳)がいますが、「社会人になったら一人暮らしをして苦労を味わって生活してみろ」という主人の教育方針に従って幹大は同じ街で一人暮らしを始めています。
私はパートをしていて、その帰りには週に一度は幹大が迎えに来てくれて、幹大の車の中でささやかな二人だけの時間を過ごしています。
今の私にとって最も安堵感を味わえるのは、実は幹大の腕の中に抱き締められている時間と場所なのです。母親の私を女として見てくれていることは充分に理解していますし、私の視線もまたいつの間にか幹大を男として見ていることに自分でも気付いたのは一年ほど前のことでした。
それ以来、幹大がお迎えに来てくれる時には、これから大切な男性に出会うという大前提の自意識から、お化粧をちゃんと整え直し、幹大の好みのグロスを引き直してから落ち合っています。
幹大の車の後ろの席に寄り添って座り、幹大の腕の中に温かく包み込まれて、私の腿の上で手を握り合って指を深く絡めながらお話している時は、本当に自分が母親であることは意識の中から完全に消え失せている状態なのです。幹大の笑顔の横顔を愛しく眺めていると、ついウットリとしたり、幹大の私に対する言葉の端っこにキュンとなってしまうことがあります。
長い髪を優しく撫でてくれたり、前髪を指先で整えてくれたりされたなら、女の部分がちょっと揺れ動いてしまいます。
お話が途切れて、無言で至近距離から見詰め合ったなら、通じ合っている気持ちの暗黙の了解のように私は静かに両目と閉じ合わせていき、それが合図のように幹大の柔らかくて温かな唇が私のグロスの唇に重なって来ます。もう逃げ場を失ったように強く抱き締められて、幹大の唇を受け止めて熱いキスを交わし、唇と舌で愛撫されてしまうとグロスはすっかりと剥がされてしまいます。
時には幹大の手が私の胸の膨らみを服の上から掌で捉えて包み込み、撫でるように這わされてしまうと、もう抱かれてもいいかな、という真剣な意識が脳裏を駆け抜けていきます。
また時には、幹大の手がスカートの裾から入って膝や膝上の腿を撫でて来ます。反射的な防御反応で腿も膝も閉じ合わせてしまい、幹大の手を上から抑え込んで、小さく首を振りながら「だめよ・・」と本心ではないのに返している私がいます。
そうです・・まだ私と幹大は裸の男女の関係で肌を重ね合ったことは一度もありません。私を求めている幹大に対して、拒んでいる私にその責任があることくらいはよくわかっています。
私が許せばそれでいいことで、幹大も私も未知の世界へと入って親子を越えた男女の絆を結ばれた体で感じられるはずだとは、それもよく承知しているつもりです。
まだ私に勇気がないのか覚悟を決められていないのか、すごく葛藤する日々が続いていることも確かです。
少し以前に、私の体調が思わしくない日に幹大と会って、男性にも確かな勘があるのでしょうか、私の生理の日だったことを見抜かれていたのでした。それを確かめられて、図星でしたので正直に答えて以来、私の周期を把握してくれるようになった幹大は、いつもその周期の直前になると帰り道にドラッグストアに立ち寄ってくれて、レジに一緒に並んで私のタンポンとナプキンの包みの代金を支払ってくれ、「はい・・今月分だよ」とプレゼントしてくれるようになったのでした。「今の俺にはこんなことくらいしかできないから」という幹大には恥ずかしがりながらもお礼を述べて受け取っています。
家まで送ってくれる間はずっと手を握り合っていて、別れ際にはその日の最後のキスをしています。家の中ではキスをすることは禁止条件にしていますので、それを守ってくれている幹大ですが、家に戻って来てくれた時にはキッチンに立つ私の背後から優しく抱き締めてくれて、私の周期の日には「今日はどっちなの?」と意地悪く訊いてきます。「意地悪ね」なんて言っていますが、「タ・・のつくほう」と答えています。「あそこの中に入っているんだね」とまた意地悪く言う幹大ですが、愛しているからとても憎めません。スカートの上から私の子宮の部分を優しく撫でて、「早く終わるといいね」と言いながら離れていきます。
きっと間違いなく、近い将来には幹大に抱かれるだろうと思っています。愛する息子を男として認め、その幹大を迎えて結ばれる為に女の私が両脚を大きく開く日が来ることでしょう。


2  いずみ - 2017/12/28(Thu) 20:30 No.33098
    真理子さん、私は息子ではなく甥と愛し合っています。
    真理子さん達とほぼ同じ年齢なので、気持ちがよく分かる気がします。
    幹大さんはもう何人かの女の子と付き合って、セックスの経験も豊富にありそうですね。
    その年頃の男の子をあまり待たせるのは気の毒ですよ。
    真理子さんはもう覚悟を決めていらっしゃるのでしょ。
    早くしないと彼が他の若いお嬢さんを抱いているのではと、真理子さんが不安になってしまいますよ。

    好きな人に女の子の日を知られるのって、とても恥ずかしいけど嬉しいですよね。
    その日にお腹を撫でてもらうなんて、キュンとなってしまいますね。
    羨ましいです。
    真理子さん、早く大好きな彼に可愛がってもらってくださいね。


3  気になる人 - 2018/01/08(Mon) 08:49 No.33143
    覚悟ができているんだし、その前の愛情の積み重ねも十分。
    決断をいつできるのか?・・だけなんですね。
    優しく、息子さんにシグナル?送ってあげたらどうですか?

    待つ時間もときめきの時間なんでしょうけどね。
    凄く雰囲気がいいんです、・・早く結ばれること願ってます。

おなまえ
コメント  
パスワード (英数字で8文字以内)