[掲示板に戻る] [最下部へ移動]

1. 誰にも言えなかった事  投稿者:かおり 投稿日:2017/10/11(Wed) 23:24 No.32439

私の性への目覚めは離婚した母が
連れて来た男性が家に上がり寝泊まりをする様になって すぐでした
まだ小学四年生の頃
母の喘ぎ声で目を覚ましてた真夜中
重なり合う影と声の意味も知らない私…
「凄い あぁ〜 感じる逝っちゃう」
狭いアパートの 隣の部屋
母の影まで 2〜3メートル程の距離隣での出来事に 子供心に寝たふりをして見つめているだけでした…
次に目撃した時は 母の声と当時は
知らなかった濡れて重なり合う音が
耳に聞こえていました
クチャクチャと聞こえる音と全裸の
母と動く男を
私は顔に腕や手の隙間から見続けていました
鼓動も早くなり 熱さえも感じなが
私の身体の変化の意味もセックスが
何かも知らずに静かになるまで…
静かになって 部屋の明かりが 母の身体は何度も見てはいましたが
男性の身体は 幼い頃に見ていた父の身体…
男の身体は 固くなった性器が目に飛び込んで来た私は 金縛の様になり
時が止まってしまいます
それを口に含んで顔を沈める母にも
衝撃を受けた私は しばらく寝付けないでいました
気持ち悪い… 怖い… むず痒い…
落ち着かない気持ち…
そんな男も いつしか来なくなって
新しく男が 母の男関係は何人も代わって行きます
私も5年生の中頃にはセックスの意味も知り 母の声にも少し慣れ
そんな家庭環境の中で育った私は
5年生の冬でした
コタツの中で寝ていた私の 下半身に触れ動く何かに気付いて 目を覚ますと
母の男の手が… 既に私のスカートの中に入っていました
私は驚きましたが 声も出なく身体も動かせなくて…ただ耐えるだけです
横向きの私の お尻を撫でたり腿を触り往復する手に 恥ずかしいだけで
した
お尻の割れ目をなぞる指が何度かすると 前の方に移動しては割れ目を
同じようになぞります
何度か 往き来する指の動きが止まり
軽く押されては止まり
何度か押されては なぞられての繰り返しが続けられました
寝ている振りをする私は 首に汗を感じ 息も苦しくて…
それでも寝たふりを続けていました
押したり撫でる指が私の 敏感な部分に触れた時でした
動かない身体が 一瞬ピックと脚が動きます
男の手も私から離れます 私は寝たふりをしていたのがバレた思い
更に緊張に包まれて怯えていました
それでも寝たふりを続けていると
少しして 男の手が私の お尻に触れると 横向きの私の下着のインナーの部分から中に指が…
直接 割れ目を触ってきました
お尻の割れ目や穴 膣の入り口
そしてクリトリスを ゆっくりと触れていました 気が遠くなるぐらいの時間
実際は 何分なのかも知りませんが
長い おぞましい時が終わったのは
指の動きに私が二度目の反応を見せた時でした
脚が動くと その後は触れて来ませんでした


2  リンギング - 2017/10/12(Thu) 04:24 No.32440
    それ以上の進展はありましたか?


3  権三 - 2017/10/13(Fri) 18:13 No.32448
    小5のオマンコを舐め回すオヤジはロリコン野郎だな。
    穴があれば突っ込む変態野郎。
    処女喪失がレイプもどきで感じ始める青い果実
    オヤジのチンコを舐め回し口内射精され精液を飲み込み
    3pに発展、堪らんなぁ〜グチュグチュドピュ


4  かおり - 2017/10/13(Fri) 20:31 No.32450
    母の居ない時に 数回触られていた…
    そんな感じで目を覚ました時もありました
    私も触れられる事により 感じる感覚を知って
    オナニーの始まりのようなことを自分でも
    してはいました
    母と男のセックスも幾度も目撃したり聞いては
    性への関心と興味は芽生えて知識も
    それなりに覚えて行きます
    まわりの同級生達も 初潮や身体の変化も向かえ
    話題としてもセックスの知識は自然と耳にしていました
    5年生になり 私は気付いていなかっただけかも
    知りませんが 少しの間 触ってこない時もありました
    ある休みの日でした 風や雨 カミナリの音で私は
    一人で家の中で過ごし漫画を読んでいましたが
    飽きた私は 色々と漁ります
    押入れの中を探っていると 数冊の本の束に目が止まります
    私にも エッチな雑誌だと すぐにわかる表紙に
    ドキドキして手に取りました…
    母も男も夕方まで帰って来ないことで 私は雑談を
    読み始めました
    裸の女性やセックスの知識などが色々と掲載されて
    いました もう一冊は漫画でしたセックスをする
    漫画… 読んでいくうちに興奮を覚えて感じ取った
    私は 漫画を読むのをヤメて一旦元に戻すと
    テレビを見ていました
    時間が過ぎると 何かが込み上げてきました
    私は いつしか自分で触り 込み上げてくる気持ちを
    間際らしました
    誰もいない度に私は ニ〜三度繰り返して見ては
    自分で触る そんなことをしていました
    夏休みの時でした 衝動に駆られた私は
    再び 雑談を… 新たな雑談がある事に気づいた私は
    何気に開きました
    今までとは違う写真雑誌で それも全てが
    はっきりと見えていました 性器までもがです
    物凄い衝撃に私は すぐにしまい戻し離れます
    時間と共に渦巻く気持ちに私は
    再び それを取り開きました 重なり合い
    繋がり合う部分が 鮮明に…
    最初は 気持ち悪い そんな印象的なのも
    数回にわたり見た私は 嫌悪感も失せれ
    見つめられるようになっていました
    ある夜の事です 身体を触られている感じに
    目を覚ました私は 男の手が私の下着の中に
    あるのに気付きます
    声に出すこともなく寝たふりをしていると
    母の寝息が聞こえます 母が少し離れた横で
    寝ています
    「お母さん… 助けて」思うだけで声も出ません
    逆に騒いだらと思うと…
    恥ずかしいさも叱られる思いも駆け巡り
    抵抗も出来ませんでした 寝たふりをする私の
    身体を…
    指の動きが私に刺激を与えます 次第に
    その刺激に身体は震え始めました それでも
    続ける寝たふりに限界が…
    下着を脱がされて足を開かれた私は思わず閉じて
    しまいました
    力を入れ閉じる脚を 男は開こうとしました
    「かおり 気付いているんだろ 起きているんだろ」
    バレていました…
    「かおり 俺の本を読んでるだろ」
    まるで蛇に睨まれた蛙のようになって
    言葉を失った私に
    「目を開けろよ 」ゆっくりと目を開けました
    雑誌を見ている事をとがめ 罵り叱る男は
    「静かにしていろ 騒いだら承知しないぞ
    かおりが イヤラシイ本を読んでいるのを
    お母さんにバラすぞ」 男の言いなりに
    なるには それだけで十分でした
    まるで万引きして捕まったように私は抵抗も
    出来なくなっていました


5  気になる人 - 2017/10/13(Fri) 21:37 No.32451
    なんかいいかもね、このストーリー。
    こんな世界もいいのかな?ってね。新しい刺激かな?

    で、今歳いくつなの?


6  かおり - 2017/10/13(Fri) 22:06 No.32453
    私は あの頃の三倍ほど歳を重ねました


7  気になる人 - 2017/10/14(Sat) 21:44 No.32465
    今30代ですか?
    色んな経験つみましたね?・・ここへ来るまでのプロセス、そして今の状況・・教えて下さい。
    できれば性癖?でもあればなおさらですね。

    お母さんの血、・・・が騒いでいるような・・気がしてますが・・。


8  かおり - 2017/10/15(Sun) 08:35 No.32474
    あとで言われた事ですが
    私の見ていた雑誌に折り目などや位置が
    違っていた事で私が見ているんだと
    男は気付いていたようです
    その夜は 性器を覗かれ触られて
    「明日 休みだろ出かけないで家にいろ」
    約束をさせられて解放されます
    男と二人っきりの午前中 私は夏休みの宿題をしていると
    男が起きてきました
    男の気配に私は宿題に目を向けて 男を見ないようにして
    いると私の横に座り「かおり 夜の事 お母さんに言って
    ないよな?」頷き返事をすると
    私の手を握って引き寄せて腰に手を回し 私の腿を
    撫でてきました
    全身に感じる悪寒と鳥肌が立つような そんな中で
    私は男の股間に手を導かれ触らせられました
    精一杯の力で私は手を引き「嫌…」と抵抗しても
    さらに強い力で引き戻されました
    力の限りで抵抗をすると 私は髪を掴まれて頭を
    揺すられて「触れよ 握るんだ」
    強く言われた私は怖くて…
    パジャマの上から触らせられます
    固くて大きなソレに触れたままで 男の手で上着を
    捲られ下着を下げられて弄られます
    まだブラも付けていない少し膨らんだ胸を
    吸われます…
    下半身で動く指は 私に気持ち悪さと気持ち良さを
    交互に与えられていました


9  気になる人 - 2017/10/15(Sun) 09:15 No.32476
    おはようございます。
    いい感じですね、交互に感じる感覚・・・わかります。
    段々慣らされながら、慣れていくさま、・・そそられます。
    続きが楽しみですよ。
    期待感一ぱいですから・・ネがスケベなんですよ(笑)。


10  かおり - 2017/10/16(Mon) 13:14 No.32502
    長い時間 私を触った男は
    「かおりの歳でも濡れるんだな 気持ち良かった
    のか? どんな感じだった?」
    私も濡れる そんな事も知りませんでした
    自分で触って フワッとする感じと気持ち良いのは
    身体で知っていましたが クリトリスに触れる
    だけで膣を触る事は無かった私は
    濡れていても気付いていなかったんだと思います…
    その後 私は男のを握り最後まで手を動かさせられ
    ます
    初めて見た射精と精子… 困惑の中で千円を渡されて
    「黙っていろよ」と口止めされました
    家庭の事情で お小遣いなんて貰えても数百円を
    たまに貰える程だった私には大金に思えました
    夏休み中 そんな事を数回繰り返していた私は
    触られる事にも慣れ 夜 忍込んでくる男の手にも
    身体を自由にさせていました
    触るだけで それ以外は無かった事に私も
    何となく受け入れていました…
    運動会の次の日でした 学校が休みで 一人家で
    居ると仕事のはずの男が帰ってきて
    「かおり お小遣い欲しいか?」
    お小遣い… 男の相手をすることだと覚えた私は
    「要らない…」と言っても私の前に置いて
    半ば無理矢理にさせる男に従うしかありませんでした
    そうしないと脅しにも似た言葉と力を私に見せます
    その日は少し違って「まぁいい 要らないのか?」
    そう言ってテレビの前に座り「かおり ココに来い」
    男の横に座らせられた私に「一緒に見よう」
    ビデオを再生さます…
    すぐに 如何わしい映像だとわかるビデオに私は
    離れようとすると「何処に行く ここに居ろ」
    「やだ…」私の腕を強く引き「あ!座れよ」
    怖い表情と言葉に従い座ると 男は私の背後に
    座ると後ろから私の肩と腰に手を回し
    太腿に足を乗せ動きを 塞ぐように身体を密着させて
    身体を触り撫で回されながら
    卑猥なビデオは私の前で映し出されます…
    興奮するって言うよりも衝撃的な映像です
    口で愛して合う行為… 出し入れされる映像…
    全てが動きリアルな映像に目を背けてしまうほどです
    私が俯くと「ちゃんと見ているんだ」と
    顎を上げて目を開いている事を確認しては
    また 指が身体を撫で回していました
    耳に残る 女性のアノ声は母と被ってくると
    次第に私の身体も顔も熱くなり 息も…
    いつしか私の手には 男のを握らされ手のひらも
    熱くなって汗ばんでいました
    そしてビデオの場面が… 縛られた女性の身体
    繰り返される知らない行為…
    ビデオが終わった時には私は 意識が薄れて
    ボーっとしていました ただ まるでお風呂上がり
    のような汗ばんで熱を帯びているのは私にもわかります
    「ほら かおり見てごらん」濡れた男の指先を
    見せられます 私のです
    「こんなに… 興奮した? お前もこの歳で こんなに
    なるなんて ビデオみたくするか?」
    セックスをする 経験することを考えた事も無い私は
    首を横に振って強張るだけです
    「まぁいい とりあえず 」と言って私の顔に
    固くなった物を近づけてきます
    お母さんのを見て そして今ビデオで見て
    その意味は 私にも判り 後に下がる私を押さえ付けて
    髪を掴まれると 「口を開けよ!」
    押し込まれました


11  気になる人 - 2017/10/16(Mon) 19:02 No.32510
    小学生でこういう経験、・・・辛かったですよね。
    レイプに近い形で教え込まれる性の世界。
    よく耐えられましたね。・・・嫌な中にも妖しい快感を覚えこませられる・・自分男なので女性の感覚よくわかりませんが・・。

    続き・・どうなるのか?・・お待ちしてますよ。


12  かおり - 2017/10/17(Tue) 14:43 No.32520
    なんとも言えない匂いと 口の中で感じる感触は
    嫌なだけでした
    そして苦しいぐらいに塞がれた口 私の歯が当たった
    ようで男は 「もっと口を開けろ もっとだ」
    色々と言って 「舌を出して舐めろ」色々と指示され
    私は 言われるままに… 最後は私の手で
    いつものように 動かす手 そして「口を開けてろ」
    唇の周りにも 口の中にも男の精子が出されました
    生温く 初めての匂いと味に 口の中で留めていると
    私の唇を 摘み「飲み込むんだ 」と言って私を
    睨む男の目に私は精液を飲み込みました
    再び 私は少し柔らかくなったモノを舐めさせられた
    後 解放され 服を直していると
    男にキスをされました 初めてのキスでした
    時間を気にして足早に家を出て行く男の姿が見えなくなると
    私は 苦味と不味さの残る口を すぐ飲み物で
    誤魔化します
    ひとりなった私は ファーストキスと排泄器官でも
    あるモノを口にした事と 精子を飲み込んだ事に
    気持ちを悩ませていました
    時が過ぎて気持ちも落ち着いて我に返った私は
    男が残して片付けてないビデオに目が止まると
    片付けようと思った私は 再び再生してしまいました
    時間の経つのを忘れるほど 私は見入っていると
    女性の縛られた場面で…
    はっきり言って 私は一番 興味を惹かれて何度も
    見ていました
    衝撃と興奮の中で 身体の変化にも気付いて
    私は自分で触って 男に指摘された濡れる自分を
    確信してしまいます
    その日からは 私も身体と心に変化が訪れました
    お風呂の中で 触っては快感に浸り
    男に言われるままに手で 男に… そして
    フェラも教わるままに… 身体や性器を触られる
    のも日常になっていきます
    その影で 私も母や男の目を盗んではビデオを見て
    特に縛られている場面は 必ず見ていました

    男は 私を弄ぶことは週に2〜3回ありましたけど
    セックスをする事だけは不思議にありませんでした
    それが私の警戒心を 緩めていたと思います
    触られて… そして舐めて… 最後は手や口の中で
    受け止めれば 優しいくされ たまにはお小遣いまで
    貰える事に慣れてしまっていました
    普通に考えても異常なでもある事なんですけど
    家庭の事情で 満足にお小遣いもなく
    恥ずかしいくて口に出来ない男との事
    お母さんへの背徳感…
    そして 私自身の性への関心で羞恥心もありました
    最後まで及ばない男の行為に安心する気持ちも
    私を錯覚させてしまい これぐらいなら大丈夫
    と思っていたのもありました
    5年生の春休みの頃には 男に触られて声が漏れる
    時もあり 普通に濡れるまでになって
    男の性器にも抵抗もなくなっていました
    何十回と見たビデオを私は 誰もいない事で
    見てみようと探していると ありませんでした
    いつも同じ場所にあるのに見つけられません
    諦めました 少し切ないわだかまりの中で
    私を変える出来事が訪れたのは
    4月になって すぐでした 「かおり 明日 6年生に
    なったお祝いをしてあげるよ」
    母と男が私に言ってきました
    「お母さんは 仕事だから 二人で行っておいで」
    ご飯を食べて 新しい服を買ってくれる約束をして
    くれた お母さん
    私は次の日 男と出掛けます
    二人なの… また後で 触るんだろうなぁ〜
    そんな思いで 用事を終えた私は 新しい服を手に
    喜んでいると「今から 行く何処は 誰にも言うなよ」
    来た事も無い私の中知らない場所
    何軒も立ち並ぶ建物 カタカナの看板の建物の
    ひとつに車を止めると 降ろされました
    ガレージの後ろの扉を開けて中に ラブホテルです
    ホテルの存在も知らない私は 連れられて部屋の中へ
    入ると異様な雰囲気に 察した私は足が止まりました
    ビデオでも見ていた部屋と同じ景色に
    一瞬で不安に駆られた私は 言葉を出す前に
    中に引かれて扉を閉められてしまいました
    「そこに 座って」普通に話す男 バックを置き
    私の服に手をかけて脱がし始めます
    軽い抵抗をしますが 嫌がると怒鳴なれ叱られると
    思い私の抵抗も薄れ すぐに下着までも脱がされて
    しまいました
    男も裸になると お風呂場に連れて行かれ洗われました
    私の身体を流しながら「胸も出できたな ブラジャーは
    まだしないのか?」「うん」まだAカップでも余る
    ぐらいの胸「身長は 伸びた?今何センチ」
    「141…」私の性器に指で触り流すと「ぅ…」
    敏感な部分に触れて声を出すと 私の顔を見つめて
    キスしてきました
    洗い終わり 部屋に裸のまで戻ると 私は服を手に
    すると「裸のままでいろ 服を着るな」
    裸で立ち尽くす私をベッドの上座らせた男は
    ホテルのテレビを操作しています
    「おまえ あのビデオ 何回見た?」「見てない…」
    「嘘を 付くな 知ってんだよ 毎回 SMの場面で
    終わってんだよ」私は見た後巻き戻す事を考えても
    いなくて そのまましまっていたのです


13  気になる人 - 2017/10/17(Tue) 20:43 No.32522
    やはりその世界でしたか。
    独特な空気雰囲気を感じました。
    どうか最後までお願いします。


14  かおり - 2017/10/18(Wed) 19:37 No.32532
    「正直に言えよ かおりは縛らるのとかに
    興味があるんたろ?何回も見てたんだろ」
    強く詰め寄り 身体を揺らされる私は ついに
    頷いて認めてしまいました
    縛られる事が 好きとかじゃなくて 知らない世界
    と興味的な好奇心で 惹かれたのは真実ではありました
    その当時の私には 言い返す言い訳なんてあるはずもなく
    「やっぱりな見てたんだな」そして黙っていた事に対して
    叱ると同時に 男は新しいDVDを出してホテルのテレビに
    映し出しました
    女性が 首輪を付け手足を開かれて固定されて
    バイブなどで責められて逝き果てたり 男性のモノを
    噎せながらも口にしています
    女性のアソコは開かれ中までも見え
    お尻までも弄られている映像を見せられました
    見ながら 男は私に色々と言っていましたが
    覚えているのは 「こんな風にして欲しい? セックス
    したいか?」
    ホテルの雰囲気と目の前で繰り広げられる
    目を逸らしたいほどの映像に 夢の中にでもいる
    私の脳裏には 全てが虚ろでしかありませんでした
    気付いた時には 私は触られるだけの
    今までとは違う男の行為に 身体を預けていました
    預けると言うよりも 糸の切れた操り人形でした
    身体に 男の重みを感じた直後に
    身体を貫く痛みは 生傷を擦られる様な…
    そんな痛みに我に返りました
    「痛い やだ 痛い」離れて欲しくて
    身体を押し返しますが 私の身体を抱えるように
    抱き締めて
    「我慢しろ 痛いのは今だけだ 動くと痛いだけだぞ」
    男も動かずにいてくれますが それも重苦しく
    思いました…
    何分…何十分もの間 重なり合っていた後に
    ゆっくりと男が動かします
    また走る痛みに「痛い… もうやめて」
    「まだ痛いのか?」そう言って 男は私のクリトリスを
    触り始めます
    「これなら 少しは気持ちいいだろ?」
    クリトリスを触られる事には 気持ち良さはありましたけど
    痛みには勝てませんでした 涙が出てきた私は
    「もう やだ… 痛いよ やめて」
    男は やっと私の中から離れてくれました
    ジンジンとする痛みと なんとなく挟まっている感じ
    そしてセックスを経験してしまった事への
    気持ちに気力も無く天井をボヤける目で見ていました
    作ったばかりの傷口を触れられた
    そんな痛みに 目を向けると男が私のアソコを
    拭いています
    積まれたティッシュの山の中に 鼻血を拭いたような
    少し赤くなったティッシュに初体験を経験した
    自分を改めて感じ取ると 少し切なくて…
    男も自分を拭き終えると
    私の手を取り握らせて いつものように…
    私は手を動かして 口に…
    血の味を感じました 男が射精するまで
    私は手を動かしました
    爪ほどの大きさの赤い染みが いくつか
    残るシーツに心が揺れたのは忘れません
    その後 私は家に帰ってトイレに
    オシッコすると染みる痛みに 下半身に
    目を向けて驚きました 下着に少し
    赤く付いた汚れに 私は その下着を丸め
    隠し後日 捨てました
    お母さんが帰宅すると 背徳感が一気に
    高まった私は ものすごい重圧を感じました


15  かおり - 2017/10/19(Thu) 18:18 No.32544
    男は 最後の一線を超えた事で 母の居ない時は
    私を必ず性の対象にされていました
    セックスも 男を数回 受け入れた頃には
    痛みもなくなっていました
    「かおり また新しいのが手に入ったぞ」
    新しいビデオを手に入れる度に 私に見せます
    全てが見える 裏ビデオでした
    一緒に見ては私の性器を触り
    「濡れてきたよ ここも固くなった」乳首を摘み
    身体の反応を楽しんでいるようでした
    ぎこちないセックスやフェラも徐々に慣れ
    少しずつですが変化していたのは身体だけでは
    ありません 男への気持ちも変わっていました
    好きとかの感情はありませんでしたが
    女性特有の快感を与えてくれる行為に期待を
    抱く時もありました
    男との関係はセックスをする事で ある程度は
    オープンになった事もあり
    ある夜の事でした もう寝ようとしていた私の前に
    現れて「もう少しの間 起きていろよ」
    そして「布団の中でいいからな」私には意味がわからなくて
    お母さんが居るのに?触りに来るの?
    そんな気持ちで男の言う通りに 布団の中で
    起きていると 襖の向こう側で
    「駄目 まだ かおりが起きているわ」
    「大丈夫だって さっき見た時に寝てた」
    そんな会話が聞こえてきました
    ふた部屋しかないアパートの隣の部屋とは
    襖だけで区切られているだけで声も聞こえます
    戯れ合う声と甘える声で母は 男とセックスを
    始めることに私は すぐに気付きます
    「ちょっと やめてよ なんでなの?」
    「いいだろ たまには」「もう…」
    そんな会話を私は 布団の中で… 嫌でも聞こえて
    きました
    ほぼ閉まっていた襖が ゆっくりと開く気配を感じました
    私の居る部屋に明かりが入ってきたのです
    お母さんの目は 布で覆われて目隠しをされ
    手は前で縛られています
    明かりの付いた部屋で全裸の二人の姿が…
    男が私の方を見ているのに気付き目が合って
    手招きをします
    首を振り拒むと 睨み威嚇しては男の口が
    「近くに来い」と唇だけが動きました
    私との距離は 3メートルほどです 近寄らなくても
    十分な距離でした
    男の性器を自分から口にしたり 男の動きに声を
    漏らしている お母さんは まるでビデオの中の女性と
    同じでした…
    母の中に入っているソレも わざと私に見せつける
    男は私を笑みを浮かべていました
    母を抱く男は「かおりに こんなのを見られたら
    恥ずかしいな お母さんは変態って言われるな」
    「やめて… そんな事言うの」喘ぐ声を混じらせて
    母は恥ずかしそうに言ってます
    「かおりを起こしてみる?もしかしたら起きてる
    かもな お前の声に気付いて」感じている声を漏らし
    ながら首を振り 男の首を抱えて引き寄せて
    「ア ァァ〜 もっと アァ いい〜」と母の脚が男を
    寄せていました

    その後 興奮に寝付けない私に 母が寝息を立てた頃
    男が布団の中に入ってきました
    「どうだった お母さん? かおりの お母さんは
    セックスが好きなんだよ 」
    私の下着の中に手を入れて「こんなになって
    かおりも お母さんと一緒だなぁ また明日
    抱いてやるからな」と言って戻りました
    私が 6年生の冬休みの少し前まで 週に
    2回ぐらいは男に抱かれていましたので
    50回以上はセックスをしたと思います
    フェラにも抵抗もなくなっていました
    冬休みの頃には 理由は知りませんが 男が
    来なくてなり 部屋からは荷物もなくなっていました
    聞いたところ お母さんは別れたと言って
    私もそれ以上は 聞く事もなく…
    最初こそは 安心していましたが 中学生になる頃に
    私は 一度 覚えたセックスに虚しくも性欲を
    覚える時が…
    その反動は 私が中学生になると さらに強くなって
    男を求め始めました

    この後は親近相姦とは違った私のセックスの
    話しになりますが?
    新しくスレを変えた方がいいの?
    もし 良かったら私の投稿を読んでくださった方々の
    意見を教えてください かおり


16  気になる人 - 2017/10/19(Thu) 19:47 No.32546
    ありがとうございました。
    思った通り?・・・でもダイレクトのSМでなかったから逆によかったですね。
    お母さんに流れているセックスに対する貪欲な欲求が、・・かおりさんにも流れているんでしょうね?
    是非よみたいですから、お願いします。
    別な世界になるのかな?って・・・期待です。


17  かおり - 2017/10/19(Thu) 20:17 No.32548
    気になる人さん
    毎回の お返事をありがとうございます
    このままでもいいのですか?
    親近相姦ではないですけど…


18  気になる人 - 2017/10/19(Thu) 20:22 No.32549
    気になるようでしたら、投パラって色んな掲示板あるので、そちらにされてもいいと思いますよ。
    移るんだったら教えて下さい。
    どんなセックス世界ひろがるのか?・・読みたいですよ。


19  かおり - 2017/10/20(Fri) 12:46 No.32553
    セックスを知っていた私でしたが まだ中学生に
    なって間もない私は 友達なんかとは
    そんな会話をするどころか逆に 秘密にしていました
    あの子が好き そんなレベルの周りにはキスを
    経験していただけでも特別な存在に見られていたのです
    周りには キスを経験していた同級生は ひとりもいません
    そんな環境が 私が異性に対する想いや意識を
    強くしていました

    裕福な家庭ではなかった私は 友達みたくオシャレを
    することも出来ずに地味な感じでもありました
    セックスは経験していても 身体は幼くて身長も低く
    胸も やっとブラを付けるぐらいの胸でした
    そんな私は 部活の先輩に惹かれていました
    どちらかと言えば大人しくて友達の輪の中でも
    片隅にいるだけの私は 部活の帰りに皆んなでワイワイと
    帰るだけの そんな中で先輩を見ているだけでした…
    そんな帰り道 皆んなと別れ
    ひとりで歩いていた時に 後数分で家に着く辺りで ガラの悪そうな車と2人組の人に
    「彼女 可愛いね」すれ違い際に言われます
    目を合わせないように通り過ぎます
    数日後に またいました 同じ様に からかわれます
    一度 帰宅した私は 買い物に行くのに
    その道を通ると 「どこに行くの」そんな事を
    キッカケに 会う度に軽い会話をするまでに
    なります
    6コ上の 19歳の人達でした その中の一人に
    私は 遊びに誘われてドライブに行く事に


20  気になる人 - 2017/10/20(Fri) 21:19 No.32556
    刺激求めて?・・。
    小学生の時の経験が下地になってんだ〜。
    このころもうセックスで逝くこと知っていたんですか?

    血が騒ぎ始めた?んでしょうか?
    それでなくとも難しい年ごろ、初恋とセックス。
    凄い時期でしたね。
    続けて下さい。

おなまえ
コメント  
パスワード (英数字で8文字以内)