[掲示板に戻る] [最下部へ移動]

1. 大好きなお兄ちゃんと  投稿者:悦子18歳 投稿日:2017/10/02(Mon) 16:23 No.32345

お兄ちゃんが彼女を連れて帰って来て自分の部屋でいちゃついていて何か急に胸が締め付けられ嫉っと心だと気づいた。
小さい頃か大好きでした。あの頃は処女はお兄ちゃんにとまで思っていました。その思いを叶えようと決心して彼女が帰った後お兄ちゃんの部屋に行き告白しました、
「小さい頃からお兄ちゃんが好き、いや大好きでしただから処女を奪って欲しいの」
「お前・・・嬉しいけど処女は好きになった人に捧げればいい」
「お兄ちゃん以外に好きな人は出来っこ無い」
「だからと言ってお兄ちゃんが悦子を抱ける訳が無いやろ」
「でも〜」もう実力行使しかなく急いで裸になりお兄ちゃんに抱きつき唇を合わせました。そして自慢の乳房にお兄ちゃんの手を持ってきて触らせました。
そしてお兄ちゃんの服を脱がせペニスを掴み口に含もうとしたら彼女の匂いらしい臭いがしてもう消すしかないと思い咥えました。口の中で硬く大きくなり喉の奥まで咥え込みました。
初めてのフェラで上手では無かったと思いましたが一生懸命舐めました。そのせいか
「わかったよべットに行こう」
べットに寝るとお兄ちゃんが逆さまに寝て私のアソコを舐めてくれました。もう嬉しくて、嬉しくて涙が零れました。
そしていよいよお兄ちゃんが入ってきました、ゆっくりと奥深く入れられて痛さより嬉しさで感激でした。
数分後お兄ちゃんが
「逝きそうだよ」
返事に困っていると私から離れて
「外に出すね」ってお腹の上でペニスを擦っていました。
あんな大きいのが入っていたんだと思うと怖くなりましたが
「お兄ちゃん、お口の中に出して欲しいの」
するとお兄ちゃんは口元で擦り出し
「逝くぞ〜」って口の中に出してくれました。
生臭くて暖かい精液がお口一杯になりこぼれそうだったのでゴクンと飲み込みました。
「初めてだよ飲み込んでくれたのは」
「彼女は飲み込んでくれ無いの」
「ああ吐き出すよ」
「愛してたら飲み込めると思うんだけど」
「かもな、悦子お前の愛を受け入れるよ」
「うわ〜嬉しい」と抱きつくとキスしてくれて再び愛の行為が始まりました。嬉しい


2  近親相姦に一言 - 2017/10/03(Tue) 06:55 No.32347
    どこかで読んだな。

おなまえ
コメント  
パスワード (英数字で8文字以内)