[掲示板に戻る] [最下部へ移動]

1. 第二の人生の喜び  投稿者:直子 投稿日:2018/08/19(Sun) 07:47 No.31890

息子との秘め事は主人亡き後から始まったのです。主人の一周忌法要の夜、息子にお母さん元気を出してよと旅行を誘われました。その時は、えー、えーっと生返事でした。その後、息子は旅館を予約したからと、温泉旅行でした。一ヶ月後、主人の遺影に手を合わせ、息子の車に乗せて貰いました。息子とは車中、生前の主人の思い出話をしていました。
家族風呂のある大きなお部屋に案内されました。息子はおトイレへ、仲井さんがお茶の準備をされながら若いご主人ですねと言われ恥ずかしかったです。仲井さんが部屋を出られた後に戻ってきた息子に夫婦として予約したのと尋ねました。息子は、今夜は新婚初夜だよと抱き寄せられ、キスされました。まさか息子が、私の再婚相手になるとはその時まで夢のまた夢でした。
主人との結婚式の前夜に母から、新婚旅行時は寝る時もお化粧を落とさずにそのままよ、孝雄さんと仲良くするんだよの言葉を思い出しました。張りのなくなった58歳の裸体を、33歳の独身息子に捧げました。
息子との秘め事は主人亡き後から始まったのです。主人の一周忌法要の夜、息子にお母さん元気を出してよと旅行を誘われました。その時は、えー、えーっと生返事でした。その後、息子は旅館を予約したからと、温泉旅行でした。一ヶ月後、主人の遺影に手を合わせ、息子の車に乗せて貰いました。息子とは車中、生前の主人の思い出話をしていました。
旅館に着くと、すぐに家族風呂のある大きなお部屋に案内されました。息子はおトイレへ、仲井さんがお茶の準備をされながら若いご主人ですねと言われ恥ずかしかったです。仲井さんが部屋を出られた後、戻ってきた息子に夫婦として予約したのと尋ねました。息子は、今夜は新婚初夜だよと抱き寄せられ、キスされました。まさか息子が、私の再婚相手になるとはその時まで夢のまた夢でした。
主人との結婚式の前夜に母から、新婚旅行時は寝る時もお化粧を落とさずにそのままよ、孝雄さんと仲良くするんだよと言われたのを思い出しました。張りのなくなった58歳の裸体を、33歳の独身息子に捧げました。息子は淡白な主人と異なって、愛撫もお上手なの、私は何度も逝きました。一人寝の時は主人を思い出すのに、その夜はすっかり忘れ、息子に抱かれていました。翌朝、部屋に来られた仲居さんにシーツを汚してすみませんと謝り、5,000円をテッシュに包んで渡しました。仲居さんは笑いながら「そんなこと気になさらないで」と手で拒否されました。それを見ていた息子は、仲居さんの着物の胸元へ押し込むのです。さすが仲居さんです、挿し入れた息子の手を押さえられ、私の乳は小さいでしょうと笑って言われ、受け取ってもらいました。


2  - 2018/08/21(Tue) 06:31 No.31900
    58歳の裸体を33歳の独身息子に捧げましたは、女が処女を捧げた時のような言葉に私のチンポが勃起しました。


3  - 2018/08/21(Tue) 19:55 No.31905
    仲居さんは知っていたか、面白い。


4  近親相姦に一言 - 2018/08/23(Thu) 21:44 No.31917
    シーツに潮噴きでもしたのかい。


5  主婦 - 2018/08/24(Fri) 07:08 No.31919
    有子さんは息子さんとの初体験で、受け入れた精液を零すの当たり前ですよ。おそらくご主人の精液でシーツを汚すことは無かったでしょうね。私も嫁入り時に持参しましたベッドまでがシミが残っているほど、何度も汚しました。主人の射精とテッシュをお股に挟むタイミングが上手くなり、今では汚すことは皆無です。

おなまえ
コメント  
パスワード (英数字で8文字以内)