[掲示板に戻る] [最下部へ移動]

1. 母の浮気  投稿者:信一 投稿日:2017/08/01(Tue) 05:19 No.31392

俺が小6の時母とsexをした。
当時母は30前半だったと思う。母は近所でも綺麗なお母さんで
通っていた。
話は飛ぶが父が他県に家を建てた。仕事の関係で先に一人で
住んでいた。俺が卒業したら新居に引っ越す予定でいた。
ある夜近所のおじさんとおばさんが飲みに来た。
大人の話がわからず一人で隣の部屋で寝ていた。目が覚めてしまい
おばさんが帰るとこだった。かなり酔っていたようだ。
おばさんが帰るとおじさんは卑猥な言葉を母に言っていた。
「ママ一人で寂しいだろ〜ママのマンコ舐めたいなぁ〜なあママ〜」
「おじさん酔ってるの〜もう帰ったら〜私も寝たいから〜」
「ママ一緒に寝よう〜ママのマンコ舐めさせて〜いいだろう〜」
「ちょっとおじさんやめて〜そんなとこ触らないで〜駄目いやぁ〜」
「ママ〜なあいいだろう〜ママ〜」
「アア〜駄目よ〜ああああ〜ちょっと待って…」
母は襖を開け俺が寝てるか確認した。俺はとっさに目をつぶった。
「おじさん一度だけよ〜秘密だからね〜」
部屋の明かりが常夜灯にしてチュウチュウ音がしている。
母がおじさんとキスをしている。母は父がいない寂しさとおじさんの
卑猥な言葉で興奮していたのだろう。
おじさんのジッパーの下げる音が聞こえる。
「ママ舐めてよ〜」ジュポジュポジュポ母はおじさんの汚れたチンコを舐めていた。
「おお〜ママ舐めるの上手いね〜俺もママのマンコ舐めたい〜」
「アアン〜ああああ〜オマンコ気持ちいい〜駄目駄目〜ああああ〜」
「ママのマンコ美味しいよ〜マン汁美味い〜」
「アアン〜おじさん入れて〜もう我慢出来ないの〜」
「ママ〜入れるよ〜おお〜ママのマンコ締まるなぁ〜」
俺とsexしても母のこんな厭らしい声を聞いたことがない。
「おじさん〜気持ちいいの〜アアン〜ああ〜〜逝く〜」
「ママ可愛いよ〜俺も逝きそうだ〜」
「おじさん〜もう駄目〜今日は危ないの〜お口に出して〜ああ〜〜」
「ママ〜逝くぞ〜ママ〜逝く〜出る〜」
ピチャピチャと母がおじさんの精子を口の中で受けている。
「ママ〜飲んでくれたの〜」
「うん飲んじゃった〜おじさんの精子美味しいわ〜」
俺は母とおじさんの厭らしい声を聞きながらパンツの中で射精して
しまった。
この後二回戦があったかはわからない。
俺は寝てしまったから。

朝起きるとおじさんはいなかった。
俺は母に抱きついた。「おじさんとエッチしちゃったね〜」
「信ちゃんごめんね。ママ我慢出来なかったの〜パパには秘密だからね〜」母は俺のチンコを舐めて射精した精子を飲み込んでいた。

おじさんとおばさんは毎週末のようにウチに飲みに来た。
ちなみにこの二人は夫婦ではなくあかの他人だ。
決まっておばさんが先に帰り「ママに変な事しちゃダメだからね〜」
と言って帰っていく。
おばさんが帰ると部屋の明かりが消え厭らしい声が聞こえてくる。

これは実話でたまに夢に出てくるんだ。トラウマだよ。

その母は今年80歳を迎える。


2  歩美 - 2017/08/03(Thu) 18:18 No.31411
    大好きなお母さんがよそのおじさんに寝取られてしまい、
    お母さんの喘ぎ声を聴かされてしまうなんて…
    でも今となっては思い出ですね。


3  気になる人 - 2017/08/04(Fri) 07:03 No.31412
    歩美さんのこときになるな〜。
    何かあるでしょう?・・・・告白してみましょう。ハイ

おなまえ
コメント  
パスワード (英数字で8文字以内)