[掲示板に戻る] [最下部へ移動]

1. 妹の入院中に義弟と淫靡なことを  投稿者:としえ 投稿日:2017/06/05(Mon) 10:58 No.30839

28歳、2年前に結婚し、半年前に離婚して実家に変えて来てました。
昨年結婚をした妹が交通事故に遭い、入院したので、両親に頼まれて病院に行き、着替えや病院食だけでないおかずを届けなくてはてはならなくなり、妹の住んでるマンションは2LDKなのでそこでな泊まりして病院に通い、1週間ほど過ぎ、夕食後後片付け済ませ義弟が入浴をした後私も入浴をし、浸りで冷たいビールを飲みながらテレビを見ていると義弟の携帯に電話がかかり義弟は隣の部屋に行き、何か話し合っていました。
テレビのチャンネルを変えようとリモコンを探すと2台あるので1台のリモコンを取ろうとするとビデオが映り、欧州物のアダルトが映し出され、白い肌の女性が男性に責めらているのが移り、私はつい固唾を飲んでみていると義弟が戻ってきたので私は決まりが悪いので「リモコンを間違えたら映っちゃて、どうしたら、切り替えられるの」と言うと義手は「別に切り替えなくとも、姉さんと一緒に見ようよ」と言うわ仕方なく見ていると激しく絡み合ってるので私は体が火照り、下腹のあの部分がジンジンして濡れていました。
画面が変わり白人女性と黒人のが写され黒人の大きくて長いのを白人の女性が口にほほばっているのを見ていて私はついため息をつくと義弟が「姉さんはしばらくご無沙汰で何ともないですか」と聞くので「なんともないことはないけど、こうゆうの見せられると変な気持になるわ」と答えると義弟は「僕もここんとこご無沙汰で、姉さんとこうして二人でいるともやもやしてるんだ」と言うので「遼子と間違がって襲わないでね」と言うと「姉さんは、色気があって魅力的だからなー、バストと言い、ウエストのくびれと言い、男心を痺れさすんじゃない、僕など姉さんに痺れっぱなしで股間が疼いて困ってるんだ」と言いチラリと彼の股間を見ると勃起をしてるが判り、おつゆが溢れ、我慢できず「透かしだけ癒してあげてもいいけど」誘うと義弟が傍き寄って来て「お願いします」といい、パジャマのパンツを下げて勃起したのを見せつけるので私は軽く握って扱いてやりながら「結構立派ね、遼子は幸せね、こうゆうので愛されて」と言い、義弟は私を抱き寄せられ胸を揉まれ、うなじに舌を這わされ、狂いそうになってると、義弟に陰部を触られ、愛撫され「こんなにおつゆが溢れて、脱いだら」と言われ濡れてる下着を脱いでしまいました。
義弟の指でクリや中を愛撫され私は堪らず義弟のペニスを口含むと義弟は体を入れ替えて陰部を舌でしながら指で中をこねられ果ててしまい。義弟に正常位で挿入責められ両足を持ちがられ、抱えられた足の指をしゃぶられ私は腰を捩り官能に痺れ、今度は、腰を抱えられ、膝に乗せて陰部を突きだすようにされ舌から突き上げられながらクリを指先で弄られ気が遠くなそうになり果ててしまうとそにゅうされたまま私の背中に張り付いて後ろから浅く突かれては深く突かれ胸を揉まれたりクリを弄られ死ぬ思いでいるとからどぉ起して私に被さって、腰を使いながら「姉さん、気分はどう」と囁き「もっと続けられたい」と囁くので「もう、駄目死にそう」と言うと激しく突かれ私が果てるにと一緒に彼も果てました。
体洗い、ベットで彼に執拗に責められ逝きつづけていました。


2  近親相姦に一言 - 2017/06/05(Mon) 15:20 No.30841
    。。。

おなまえ
コメント  
パスワード (英数字で8文字以内)