[掲示板に戻る] [最下部へ移動]

1. 遂に母と交わり  投稿者: 投稿日:2019/04/15(Mon) 11:49 No.31210

50代後半の母親と関係を持ちました、親父や姉達を欺いて一人の女として愛するようになってしまいました、何故なのか自問自答しても今の感情を抑える事が出来ません、
息子の腕に抱かれながら嗚咽する母親をかわいそうにも思え、愛しくも思いました、
それが始めて関係を持ったときのことでした、それから半年が経ち今では相思相愛の仲?家族の目を盗んでのセックスに没頭しています、
母と休みを合わせては昼日中からベットで求め合うことも度々です、先日は母親の希望もあり始めてラブホテルでセックスをしました、
母は始めての経験らはく物珍しさと緊張感に震えていた気がします、その母がいざセックスになると別人の様に豹変しました、現実を忘れて一人の女としてセックスを楽しんでいたのです、
母は詳しいことは言いませんが、親父との夫婦生活に不満と諦めが有ったようです、話の節々に女としての不満を抱いている様子でした、

確かにラブホテルへと言う母、その日母が着けていた下着は所謂「勝負下着」笑、還暦間じかの母ですが化粧して身なりを整えれば50前後に見えるのも女としての魅力を感じますから、黒ずくめの下着は決して高価な物ではないが女の色気を十分に感じさせるものでした、
誰にも気にせず、大きなよがり声を発する母親、シックスナインで互いの性器を貪りあい、正上位からバック突きと色んな体形をしました、
3時間余りを過ごした親子、仕上げは浴室でのセックスでした、「疲れてダメ」と言う母も浴槽の中でのセックスには興奮を示しました、
浴槽の淵に腰を下ろし両足を広げて黒ずんだビラビラを左右に広げて観察していると「イク、行きそう」と視感されることで興奮が高まったようでした、
それを無視してマンコを眺めつつ卑猥な言葉を母に投げ掛けました、ペニスを口一杯に頬張り喉仏を鳴らす母、最期は後ろから挿入しながらお尻の穴を指でモミモミするとアッと言う間に母は果てました、
その母との関係は濃厚で濃密なものになりました、家の中ではよそよそしくしながらも、家族の目が届かなければ、唇を重ね、時にはペニスを母の手に握らせたり、母のお尻にペニスを擦ったりしやりたい放題です、
同年代の彼女とのセックスよりも貼るかに満たされています、母が言いました「最近綺麗になった」とおやじに言われたとか、何も知らない親父は能天気なものです、
今度の週末は母親と二人だけでする番です、親父も二人の姉も外泊の予定です、通販で手に入れたバイブとローターで母を悶絶攻めにしようと今から計画を立てています、

おなまえ
コメント  
パスワード (英数字で8文字以内)