[掲示板に戻る] [最下部へ移動]

1. 叔母とセックス  投稿者:利成 投稿日:2018/04/05(Thu) 15:54 No.31129

母の妹で41歳、子供は一人だけのバツイチ 叔母と関係を持ってから一念位になる、子供が学校へ行っている時間を利用で叔母の家でセックスをしている、僕は21歳で社会人ですが、詳しくは説明はできません。
 叔母が離婚で泣き傍にいて、叔母とキスになり押し倒していたのですが、叔母も抵抗はなく僕が脱がすまま裸になり座布団を数枚並べただけで、初めて叔母と結ばれてました。

 以来昼間の明るい時間帯に激しいセックスをしている、今日も午前中からでお昼も食べずにいてセックスに夢中になった。
『もっと舐めて吸って』
僕の顔を跨いでオマンコを僕の口に押し当てていた、ベロベロに舐めたり吸ったり、僕の口の周りはベトベトになりかなり吸い付いてから、69になり咥えてくれた気持ちよくて、叔母の口の中に出そうになった

座位で叔母が跨いで入れデイープキスも長く吸い合い、オッパイも吸い付き左右の乳首を強く吸った
いつもように後ろから、
『あーっ・・・いいーもっと・・・オマンコ・・・オマンコ
・・・いいー』
立って後ろからもして、床柱に両手をつき僕はお尻を支え突き上げ、声はいやらしい位に出すのもいつもこと

正常位にして更に激しく
「友美恵・・・気持ちいよ」
『私もよ・・・もっとして・・・あん・・・あっ・・・』
「友美恵・・友美恵・・・」
『あなた・・・もっと・・もっと・・あーオマンコ・・・
あなた・・・もっとトロケたいの』
「友美恵・・・いくよ・・・」
激しくピストンをして、叔母もノケゾルようになり子宮をめがけ精液を出すと、叔母が強く抱きつき抜かさず両脚も僕の腰に絡めオマンコが締まり、ペニスが締め付けられ一つに繋がりしばらく重なりデイープキスをして吸い合い、2回目に挑み激しさを増して叔母とハメまくっていた。
 時間を見ると午後2時を過ぎ、それから叔母の手料理で昼食を済ませてから、事務所に顔を出していた。

おなまえ
コメント  
パスワード (英数字で8文字以内)