[掲示板に戻る]
過去ログ[24]


過去ログ:
ワード検索: 条件: 表示:

[28431] 成城に住む義母調教 投稿者:じん 投稿日:2016/09/19(Mon) 23:26
私は、54歳、義母は78歳。妻は、一年前に他界。義父も二年前に長く患っていたパーキンソン病で亡くなりました。義父の介護を理由に成城近くの杉並区のマンションを購入し、移り住んだのが、五年前。
他に高齢な姉妹しか身寄りのない義母は、生まれながらのお嬢様育ちで会社経営者だった義父が残した財産の管理もできず、何かと義理の息子であった私を頼ります。天涯孤独となった私は、会社経営も落ち着き、キャンプやMTBと孤独を楽しんでいました。しかし、義母の時間を無視した電話が続き、少々、頭に来ていた矢先、おもいもかけない事件がおこりました。義母を成城の邸宅に尋ねると、精神系の薬を大量に摂取して、おまけに酒を飲んで攻撃的になった義母がいました。意味不明な理由を並べて私を罵る義母に、私は、冷たく言い放ちました。「もう、かみさんも死んで義母さんとは、関係ないんですよ。もう、一切の関係を終わりにします、」その台詞を聞いた瞬間
義母の態度は、一転、「義母さんを、捨てないで、財産も何も全てあげますから」「財産なんて要りません」と私。告白しますが、私は、激しいSです。私の脚に縋りつき泣き崩れる義母を見て、ペニスは、ドクドクと波打っていました。義母は、かなりの美人です。スレンダーな割りに胸も大きい。私は、義母を足蹴にして
「捨てられたくないなら、今日から俺の性奴隷になるしかないですね」と言い放ちました。一瞬の沈黙の後、義母は、「なんでもします、捨てないでください」と自ら、私のペニスを取り出し、フェラチオし始めました。「誰が、舐めていいと言った」
調教の開始です。全裸にした義母に、用意させ、剃毛することで服従を誓わせます。剃毛の間に、気づいたことですが、義母は、Mの資質があったらしく、老女とは、思えない量の愛液を垂れ流し始めました。準備ができた後、簡単には、ペニスを与えず、新聞紙結束用の細いビニール紐で全身を縛ってやりました。細いビニール紐が、容赦なく、義母のワギナに食い込みます。作業中、義母は、尿意を訴えますが、無視して作業を進めます、、縛り終えた股間のビニール紐を引っ張りながらワギナを刺激していると義母は、大量の尿と愛液を放出しました。同時に激しい痙攣とともに逝きました。
絶対服従を誓わせながら、風呂場にあったリンスをアナルに塗り込み
拡張もそこそこにペニスで貫きました。怒張したペニスは、裂けたアナルを血だらけにしながら何度も義母を貫きました。泣き叫ぶ義母にペニスを口で綺麗にさせた後、ワギナに大量の精液を放出してやりました。その後、一晩中、耳元で他に頼る人間は居ないこと、奴隷として行きる以外ないことを洗脳するように囁きながら犯し続けました。

[Res: 28431] 投稿者:gokun 投稿日:2016/09/21(Wed) 11:34
義母さんの様子が可愛いな〜と思いながら、傷つけないで可愛がって欲しい・・・。
次作もお待ちしています。

[27650] 親孝行 投稿者: 投稿日:2016/06/16(Thu) 09:08
俺は中学生の頃から不良仲間と遊び、登校拒否、喧嘩にあけくれ、母には苦労ばかりかけてきた。それだけに25歳になった時、母の日に親孝行をしようと、母が一度は行ってみたいとな願っていた姫路城にと誘った。俺も姫路城の広さに驚いた。最初は元気であった母も歩き疲れたのか、少し歩いては休憩ばかりになった。予約してあった神戸の夜景を一望できる素敵なホテルへ着いたのは夕方だった。そんな快適な部屋でビールを飲んだ。少し酔った母に俺は抱きついた。抵抗していた母も観念して裸になった。想像していたよりも真っ白な肌に巨乳、それに反して陰毛は真っ黒で剛毛そのもの。密壺はハート形大きく捲り上がり、陰毛に覆われている。指先でお豆を撫ぜると「あ〜、いいよ〜、いいぃぃ〜〜っ」と声をもらし始めた。中指を白液が滲み出ているドス黒い密壺にゆっくり挿入入り口に潜らせると、「うううううぅぅっ」と、うめき声が漏れ、ブルブルと震え出し腰を揺り動かし、密壺は強い力で指を締めました。
俺は勃起してきたチンポを舐めて呉れと言わんばかりに体勢を替え、母の顔前に「うううう〜〜ん、物凄く大きいのね、お父ちゃんのより倍はありそうだよ」と大き口を開け、両手で陰茎を握り亀頭を舐めはじめた。硬直したチンポを奥深く咥え包み込んで吸われると、欲望が快感に睾丸がリズミカルに収縮を始めます。「上手いよ、その調子でいいよ、最高だよ〜〜」。母は大口を開け続けているので疲れたのか、「お願いだから、入れてよ」とせがむ、俺がどこに何を問い正すと、意地悪、「チンポをオマンコに入れてちょうだい」と、哀願された。
俺は母を仰向けに寝かせМ字に大きくお股を広げ、身体を割って入り密壺へ亀頭を宛がい一気にズブリと差し込んだ。「ううううううううううう〜〜〜〜〜」、「あ〜っ〜あ〜いいわ〜いいの〜」、声と同時に肉壁が収縮を繰り返し、俺も絶頂に。母の両手は俺の首を抱かえ込み、両足は俺の太股に巻き付け、俺の二浅一深のリズムに呼応して腰を動かすのです。母は眉間に皺をよせ身体を震わせて、俺の太股をおもいきり両足に力を入れた。「昇〜〜〜っ、いくっ、イクよ〜〜、一緒にイって〜〜、ね〜そのまま中に出しても良いのよ〜〜」、「ああああっ、千代子の中に出すよ〜〜、いいんだねぇぇ」もう限界で、猛スピードで腰を動かした。しばらく、そのまま母の身体の上に覆い被さっていた。その夜、母が驚くほどに貪り愛した。
母は昇は若いだけに凄いわね、それにして大きいわねと褒められ、握ったまま眠りについた。モーニングコールに目覚めると9時すぎ、慌ててレストランへ駆け込み、食事をした。

[Res: 27650] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/06/17(Fri) 07:12
お母さんは喜ばれたんですね。

[Res: 27650] 投稿者: 投稿日:2016/06/21(Tue) 14:51
母は、こんなに気持ちいの初めてよと言わせるほど、誠心誠意、母を喜ばせた。使い込んであるドス黒い母のオメコを舐めた時は、喘ぎ通しであった。俺も中一で女を知り、母よりも年上の兄貴分のお古である節子と同棲をしていた。二十歳になると自由時間が増え、若い女をアパトへ誘った。その彼女をピンサロ、キャバレー、トルコ嬢にしていた。兄貴に頼まれ、人手が足りないと露天商の手伝いをし、各地を転々としていた。

[Res: 27650] 投稿者: 投稿日:2016/06/23(Thu) 05:42
俺も親孝行しようかな。

[Res: 27650] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/07/06(Wed) 17:07
露天商のお手伝いをしながら、各地を転々とされたのですか。行く先々で色んな女を抱いたんでしょうね。

[Res: 27650] 投稿者: 投稿日:2016/09/19(Mon) 15:49
露天商の楽しみは酒と女だ。班毎に宿泊する旅館が決められている。深夜仕事から戻ると、皆で酒を飲み大部屋で雑魚寝だ。70代のオッサン、バーさんから10代の若者も居る。皆さん仲間意識があり、より好みしなければ女は自由に抱ける。若い子は班のリーダーが抱かない時だけ、お相手してもらった。70代のオバサン一人が終わると、次の男を求めその性欲は凄かった。

[27555] 俺の彼女は富佐子 投稿者:白洋 投稿日:2016/06/11(Sat) 16:20
射精した後、泣いている母を可哀想に思えました。気持いいのを忘れるような、そんな初体験でした。それから半年が経ち今では相思相愛の仲です。親父の目を盗んでのセックスに没頭しています、母とは休日は親父が家を出るのを待って、ベットで愛し合うことも度々です、先日は富佐子の希望もあり始めてラブホテルでセックスをしました、富佐子は始めての経験らしくく物珍しさと緊張感に震えていた気がします、その母が裸になると、現実を忘れて一人の女です。富佐子は親父と接するのは月に一度有るか無しだと思います。親父との性生活に不満抱いているのが好都合だ。間もなく50歳なる富佐子も化粧して身なりを整えれば女盛りの40代前半の女盛りの魅力を感じます。ホテルで富佐子は大きなよがり声を発し、2時間愛し合いました。これからも富佐子を愛し続けるつまりです。

[Res: 27555] 投稿者:正子 投稿日:2016/06/12(Sun) 12:23
お互いの年齢を教えて下さい。お母さんは間もなく50歳、白洋さんは何歳ですか。

[Res: 27555] 投稿者:白洋 投稿日:2016/06/13(Mon) 06:57
親父59歳、富佐子49歳、俺27歳。先日、母との買い物に行った時、駐車場で奥さんと買い物に来ていた高校時の同級生に逢った。その時に携帯電話の番号を教あった。その高田から、あの時の女は誰かとメールが入った。知り合いのオバサンだと返信すると、豊満熟女は俺の好みと、富佐子を紹介せよと電話をかけてきた。富佐子に話すと、何をバカなことをと一笑された。

[Res: 27555] 投稿者: スナックのママ 投稿日:2016/06/13(Mon) 10:54
白洋さん、困ったね。高田さんを含めて3Pすれば解決するよ。

[Res: 27555] 投稿者: 白洋 投稿日:2016/06/21(Tue) 15:18
昨夜、トイレから戻る時に出合った富佐子はセクシーワンピースだった。富佐子は一戦を交えた後で、はみだしているお乳に触れっると、お父ちゃんがと小声で発した。今朝、親父が家を出た後、富佐子に問うと二度交わったと応えた。富佐子のパンツの中へ手を差し入れると、潤っていた。富佐子に親父と「どっちがいい」と問うと、チンポを強く握り返した。

[Res: 27555] 投稿者:彦根の男 投稿日:2016/06/24(Fri) 06:25
白洋さんラブホもいいが、カーセックスはスリルがあっていいよ。先日も出会い系サイトで知り合った18歳の子とデートした。待ち合わせは駅前、黒の車のナンバーを教えた。時間を過ぎても車に来ないのでメールすると外車は怖いから嫌と返信してきた。説得して車に乗せると、広いくて凄いわと喜んでいるのに。高速道路をぶっ飛ばし、大阪まで彼女の好きなたこ焼きを食べに行った。明るいうちに家に帰ると言う彼女、知り合いの駐車場に車を止め、抵抗する彼女を抱いた。

[Res: 27555] 投稿者:白洋 投稿日:2016/06/26(Sun) 13:00
今日は富佐子と買い物に、夕方までには帰らなければとホテルへ直行した。俺の指示通りノーパンだったは助手席の富佐子ののスカトを捲り上げ、股間を擦っていた。ホテルへ着いた時にはオメコはジュクジュクに濡れていて、部屋に入るなり直ぐに挿入した。一度射精した後に富佐子にカーセックスを話すと、あんな狭いところでは嫌と拒否する。俺はすでに二度射精した、これから投稿した後ホテルを出る予定だ。そして嫌がっている富佐子を帰り道、河川敷に連れ込みカーセックスするつもりだ。

[Res: 27555] 投稿者: 投稿日:2016/06/30(Thu) 09:14
カーセックス、お母さんの反応はどうだったの?。

[Res: 27555] 投稿者:母親 投稿日:2016/06/30(Thu) 14:58
『母さん、いいの?いいんだね』私は無言でいましたが、息子はズボンを脱ぎだし、パンツも脱いでいました。よく見るとパンツにドロッとしたものが。息子はもう私のアソコを見ている時に、パンツの中で射精してしまったようでした。

[Res: 27555] 投稿者: 浪速のオッサン 投稿日:2016/07/03(Sun) 15:27
お母さんの裸を見て射精したのでしょう。その後の展開はいかがでしたかな。

[Res: 27555] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/07/04(Mon) 08:21
女はお化粧次第だよ。俺の彼女も48歳のオバンだが、お化粧するとヘルスでは30代後半で通している。

[Res: 27555] 投稿者:大学生 投稿日:2016/07/06(Wed) 12:13
48歳のオバンだが、お化粧するとヘルスでは30代後半で通用するのか不思議だよ。

[Res: 27555] 投稿者:母親 投稿日:2016/07/07(Thu) 06:31
息子は男、私は女です。凸凹を埋め合わせまして繋がりました。息子はどこで覚えていたのでしょうか、私を押し倒しパンツをはぎとり、勃起したチンボをいきなり挿入してきたのです。

[Res: 27555] 投稿者:脇田 投稿日:2016/09/19(Mon) 15:38
ご無沙汰していました。買い物帰りの夕暮れにカーセックスするつもりで河川敷へと堤道へハンドルを切ると富佐子はどうしたのと怪訝そうな顔。竹藪に横に車を止め、すぐにパンツを脱ぎ、富佐子のスカートを捲りあげパンツを下げ降ろした。助手席で大股開きした富佐子に覆い被さり、挿入した。一心不乱に下を向き腰を動かしていると、富佐子が誰か来たわよと小声で叫んだ。窓越しに二人の男が覗きこんで電話機で撮影しているのです。慌てて母の身体から離れるのと同時に、男が車のドアーを開けた。いい事してるな、写真撮ったよ、欲しければ3万円だよと脅された。下半身丸見えの富佐子は、これで勘弁してと財布から1万円を出すと、しゃないわ身体で払ってもらうからと富佐子に男は襲いかかった。ガムテープで手足を縛られた私は富佐子が二人の男に輪姦されるのを黙って見ているだけだった。恐かった30分間、車の助手席は精液で汚れ、富佐子のスカートも精液が付着して大変だった。



を帰り道、

[22326] 見た 投稿者:脇田 投稿日:2014/07/03(Thu) 14:57
ドアーを叩く音と男の声に目が覚めると、怖そうな男が「親父いるかと」母に問うていた。「親父の借金をどないするんや」と脅し、着ている浴衣を無理に脱がそうとしているところでした。「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」母はかなり抵抗していましたが、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。
いいオッパイや、と言いながら母を押さえ付け、一糸まとわぬ全裸姿にしてしまいました。私は思わず「お願いやめて下さい」と言い出そうとしましたが、驚きのあまり声を出せず、自分の口を塞いでしまいました。母の身体はふっくらと盛り上った乳房、くびれたウエスト、やや濃い目の陰毛に被われた性器をあらわにされて、必死に恥ずかしさに耐えている母の全裸姿を見つめていました。
男は全裸になると、股間の陰毛に被われたペニスは大きく勃起して、そそり立つペニスを母の手に握らせると、「いいか、これを入れるからな、すっかりご無沙汰だろう、可愛がってやるから」「だめ、やめて下さい、お願いですから」「あまり騒ぐと息子が起きて来るわ」。
男は「面白いやないか」、息子には覗き見しているかも…。「イヤ、だめです、息子には見られたくない、お願いですからやめて」必死に抵抗する母の両肩を押し付けると、顔を振って嫌がる母の唇にキスをして、口を塞いでしまいました。「ウグッ、ハアー、いやー、……ッ、ウーッ」それは長い時間のディープキスで唇を奪われ、さらに首筋等の性感体を嘗め回されると、最初は必死に嫌がっていた母でしたが、徐々に抵抗を諦めていくと、とうとう男の首に両腕を廻すと、しっかりと抱き付いていました。
「ダメッ、息子が寝ているから、イヤッ、お願いだからやめて」男は母の身体に覆い被さり抱きしめると、男女が性の快楽を求め合うセックスが始まりました。初めて見る生々しい光景に、私は興奮を押さえられず必死に息を殺して、セックスの一部始終を覗き見ることになりました。男は母の両足を持ち上げ大きく開かせると、勃起したペニスを愛液で濡れた母の膣口に当てがい、一気に「ヌルッ」とした感じで押し込むと、母の膣はペニスの根元までを飲み込んでしまいました。
「アーッ」母は喘ぎ声を上げ自らの身体を大きく反って、ペニスを膣の奥で受け入れようとしています。「どうかね、久し振りに生で入ったオチンチンの味は、忘れられないだろう」「アアーッ、イイッ気持ちいいわ、お願い中には絶対に出さないで」男は母の言葉をまったく無視するように、徐々に腰を大きく振ると、パンパンと音を発しながら、激しくペニスの出し入れしています。母はもう嫌がることなく、男の背中に両手を廻しては、しっかりとペニスを受け入れようと、自らも腰を捩って身体を密着させています。母の身体は言葉とは裏腹に正直に反応するものです。「アアーッ、イイッ、もっと奥まで突いて、気持ちいい」母は段々と感じているようで息遣いも荒くなり、喘ぎ声を上げながら絶頂を迎えようと、「もうだめ、逝く、逝くーッ、気が変になりそう」「そうか、俺も逝くぞ、中に一杯出すからな」「イヤーッ、だめだめ、中には出さないで」射精を迎えた男は、母の乳房を両手で鷲掴みにし、さらに母の身体を引き寄せて、ペニスを膣の奥深くに押し込んでいます。
間もなく男は射精を始めたのか腰が痙攣して、男は母の身体に覆い被さりしっかり抱き付くと、二人ともセックスの余韻を楽しむように動かなくなりました。しばらくして男は母の身体から静かに離れると、母は両足を大きく広げ、性器をあらわにしたまま陰毛の間からは、白いドロッとした精液が流れ出て、いく筋にもなって肛門を伝いシーツに落ちています。私は、今まさに目の前で行われたセックスを覗き見て、胸はドキドキと興奮してしまい、私のチンボもビンビンに勃起していました。

[Res: 22326] 投稿者:風店 投稿日:2014/07/03(Thu) 15:26
借金を身体で、よく聞く話だわ。

[Res: 22326] 投稿者:似た経験 投稿日:2014/07/03(Thu) 16:14
俺が中1の時、似たような経験あります。
具合が悪くて一時間で早退して家に帰ると、当時39才の母が居間で男と話をしていた。俺が帰ってきたことには気がつかないみたいで覗き見をするように話を聞いていると金の話らしかった。
親父は単身赴任中で、男は母に「可愛い顔してるじゃねーか、しばらくしてねーんだろ?やらせろよ。」と言って、母の肩に手を回して胸を揉み始めた。
「ちょっと…やめてください。」と母は逃げようとしていたけど、小柄な母と筋肉ムキムキの男では無駄な抵抗だった。
みるみるうちに、母はシャツを脱がされブラを取られて「いやっ!やめて!」と泣きそうな声で必死に逃げようとしていたけど、スカートもパンツも脱がされて男が母に覆い被さっていた。
男は母にキスをしたり、胸やアソコを触り放題舐め放題って感じ。
男が裸になると驚くほど大きなチンポで、やがて最後まで逃げようとする母に無理やりぶち込んだ。
母は「んぁっ!」と言葉にならない声をあげ、おもいっきり仰け反っていた。
激しい男の腰の動きに母の足がブラブラ揺れてた。
母は最後まで横を向いてすすり泣いていた。
男の動きが止まり、しばらくして母から離れると、母のアソコから精子が尻の方に流れていた。
今でも思い出すと興奮します。

[Res: 22326] 投稿者:見ていた 投稿日:2014/07/07(Mon) 10:28
母は「イイ一ッ、もうだめー、逝きそう、逝く、逝くー」男も「俺も逝くぞー、中に一杯出すぞー」男はさらに奥深く押し込むとようにして痙攣しています。二人とも折り重なって抱き合ったまま、しばらく荒い息を吐きながら性器は繋がったまま、動かなくなっていました。男は母の顔を見ながら「明美、いいオメコだよ」と笑顔で発すと、母は「いやーん、ばか」と恥ずかしそうに応じていた。

[Res: 22326] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2015/04/20(Mon) 17:41
以前に見たビデオに「実録・借金の返済は身体で払います」がありました。ヤクザのお兄さん二人に、中年オバサンが犯されていた。

[Res: 22326] 投稿者: 投稿日:2015/04/21(Tue) 11:05
借金の返済は身体で、同じような話しを聞いた事がある。

[Res: 22326] 投稿者:美代 投稿日:2015/04/23(Thu) 05:51
こんな52歳のお婆ちゃんを、ヤクザのお兄さんが強要するなんて思っていませんでした。いつも行くパチンコ店で常連客でありますお兄さんにコーヒ、お食事をご一緒に行ったりと親しくしていました。今月の初め、そのお兄さんに今日は儲かったから花見に行こうと誘われ、外車に乗せて貰いました。その帰り道、ラブホテルへハンドルを切られたのです。嫌ーよ、ダメ主人がいるからと車から降りるのを拒否しましたが、半ば犯されました。お断りしても脅され一度が二度になり、お兄さんの仲間にもお相手させられたのです。本当にヤクザは怖いです。

[Res: 22326] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2015/04/24(Fri) 10:10
それが最近しのぎがなく女が抱けないヤクザの常套手段だよ。美代さん、「男好きする」いい身体なんでしょうね。

[Res: 22326] 投稿者:金融マン 投稿日:2015/04/25(Sat) 12:23
女の借金の返済は、その身体で当たり前だよ。親父の尻拭いに人妻を頂く事もある。兄貴の指示で65歳の婆さんを、事務所で輪姦した事もある。

[Res: 22326] 投稿者:ホステス 投稿日:2015/04/25(Sat) 14:39
身体目当てに金を貸し付ける金融マンさんは、女の敵よ。私の友もホスト遊びで借金が返却出来ず、ソープランドへ転職したわ。

[Res: 22326] 投稿者:ホステス 投稿日:2015/05/05(Tue) 13:43
金融マンさんは怖いです。常連のお客さんでお店では胸に万札を挿しこまれる程優しい方で「困ったら無利子でいつでも」と言われ、気軽にお金を借りました。しばらくすると「今夜はいいね」と店外デートを誘われましたが、お断りしました。するとマンションへ来られ「直ぐに返せ」と凄まれ、ホテルへ同行しました。二人の男に輪姦されたのです、

[Res: 22326] 投稿者:金融マン 投稿日:2015/06/04(Thu) 09:30
ホステスは俺たち金融マンには、上得意さんだよ。支払いが滞れば身体を頂けるし、主婦よりいい。

[Res: 22326] 投稿者: 投稿日:2015/12/18(Fri) 08:29
女は身体で借金を、それは若い時だけよ。40才になると、もうダメ賞味期限だよ。

[Res: 22326] 投稿者:未亡人 投稿日:2015/12/24(Thu) 06:49
女に賞味期限はありません。

[Res: 22326] 投稿者: 私の@近親相姦 投稿日:2016/06/13(Mon) 07:53
脇田さん、お母さんと交わりは無いの、有るんだったら書きましょう。

[Res: 22326] 投稿者: 脇田 投稿日:2016/06/21(Tue) 15:34
母の身体は言葉とは裏腹に、「アアーッ、イイッ、気持ちいい」喘ぎ声を上げながら絶頂を迎える喜びの声が残っていた。母は恥ずかしいところを見られてごめんと謝った母、でも母の大きなお乳がゆさゆさと揺れるたびに、中学生の僕も触りたいが募ってきた。夏休み、友達からエロ本を見せてもらった。それを見ながら母が部屋に入ってくるのも気づかずにチンポを擦っていた。母は近寄って来て、利ちゃん勉強しなければと優しくチンポに触れた。母はこの間見たわね、大人になると、これを入れたくなるのよと母はスカートを捲り上げて指をさした。お母ちゃんでいいのと問う母に抱きついた、始めてのキスは汗の匂いがした。始めて挿入して嬉しかった。親父が家に帰ってこなかっ半年ほどは天国だった。

[Res: 22326] 投稿者:思い出 投稿日:2016/06/22(Wed) 06:40
中学生で女を知り、それもお母さんとオメコしていたんだね、凄い。私は21歳の時に、トルコ風呂だった。

[Res: 22326] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/06/22(Wed) 07:23
はい
終わり

[Res: 22326] 投稿者:君子65歳 投稿日:2016/06/24(Fri) 06:09
今の子は初体験が早いと、週刊誌に書いてありました。皆さんの初体験興味あります、是非、教えて下さい。私は22歳の時、結婚した夜でした。

[Res: 22326] 投稿者:道子 投稿日:2016/06/26(Sun) 13:05
今年の9月に古希となる私は、君子さんと同じで20歳の時に見合い結婚をし、新婚旅行先で主人と初めてでした。母から孝司さんのされるがままに身を任せなさいと教えられていましたが痛かったです。

[Res: 22326] 投稿者:私も 投稿日:2016/07/06(Wed) 12:16
20の道子さんと同じで私も初夜は新婚旅行のホテルでした。

[Res: 22326] 投稿者:由紀江 投稿日:2016/07/07(Thu) 06:39
脇田さんの天国は親父さんが家に帰って来る半年ほどだったのね。一度味わったお母さんの身体、その後の事を投稿してよ。

[Res: 22326] 投稿者:脇田 投稿日:2016/09/19(Mon) 15:11
豊満熟女の母、何度してもすぐにしたくなる。親父も留守中にお母さんの事、頼むよと電話してきた。まさかセックスまでしていたとは親父も気づかなかったようだ。交わる度に母とは親しくなった。母もお父さんよりお上手よと褒められ、夜ごと夫婦同然の性生活をしていた。親父から、お前も淋しかっただろうと慰められた時、母は「ハイ」と返答していたそうです。母も親父が居ない時、部屋に入って来てくれた。

[28289] 義娘って… 投稿者:懐中電灯 投稿日:2016/09/04(Sun) 18:07
嫁の連れ子の美優(仮名12才)は初対面の時から何かと私を困らせるイタズラをする子でした。
私と母親が付き合って何回目のデートでエッチしたのか?や、私の股間で母は満足しているのか?など少々答え難い事を初対面のディナーで聞いて来るような子です。
警戒していたのですが、入籍前から同居し始めた初日にも入浴後全裸でリビングに現れ、母親に下着が無いと騒ぎ立て、私の座るソファー回りをウロウロ…
父親になるとはいえ義理の他人に膨らみ始めた乳房と少し太い陰毛が目立ちだした股間を私の目の前で見せつけました。
私の反応が可笑しかったのか以降毎日全裸でリビングに来て私の前をウロウロ…
美優の母親とはパートナーとして好きになり籍をいれたので体の関係は数回しか有りませんし、彼女も性の不一致で離婚した経験と、自身があまり性行為が好きでは無いのもあり彼女の全裸を見て欲情する事は無かったです。
美優は私を性的興奮状態にさせたいのか事ある毎に密着し、下着が見えたり乳房が見える様な格好で過ごしています。
私は義理とは言え娘です。絶対に間違えが有ってはならない!と誓い、美優にははしたない格好は止めなさい。とチョクチョク言って聴かせていたのですが…

[Res: 28289] 投稿者:懐中電灯 投稿日:2016/09/04(Sun) 21:20
美優のイタズラは段々エスカレートしてゆき、不覚にも私は美優に性的興奮してしまいました。
それは妻が1週間の出張に出た初日でした。
いつもの様に全裸で家中闊歩する美優を注意すると、拗ねた様に部屋へ戻ったので私は夕飯の片付けを終らせ洗濯と入浴のため洗面所で全裸になり、美優の服を洗濯機に入れた時いつも下着が1番下に有るはずが見当たらず、再び美優の服を洗濯機から取り出すと、洗濯機の底に小さな紐状で薄水色の物を取り出すと…ほぼ紐の下着でした。辛うじて前に薄水色と白のボーダー柄の小さな布部が有るだけで、大切な部分は紐だけで下手をすればお尻の穴まで見えてしまう様な下着を小学生の子が…というよりいつ何処で入手したのだろうか?と考えながらその下着を洗濯機に入れようとした時でした。たぶん美優の大切な部分に当たる所に触れたのでしょう。
ヌルッとした感触を指先が感じ取りました。
美優はその日朝からこの紐状の下着を大切な部分に食い込ませていたのだろうか?と考え、いつも見ている美優の裸体にこの下着が食い込むさまを想像していると、私の股間がムクムクっと反応してしまいました。
私は焦りながら美優の衣服の洗濯にかかりすぐ入浴して股間を落ち着かせようと湯槽に浸かって深呼吸をし、落ち着いてきたので髪を洗うために上がり濯いでいる時、不意に気配を感じて顔を上げると、美優が浴室に入って来るなり私の背中かに抱き着いてきました。
美優の乳房の感触を背中に感じ落ち着かせたはずの股間が再びムクムクと…
焦った私は美優に止めるように注意しましたが美優は止めるどころか私の背中に乳房を押付け、あろう事か私の股間に手を伸ばして来たので、流石に手を掴み股間は死守しましたが美優は浴室から出る気が無いと言ってきかず、私は必死に股間を隠しとりあえずその日は凌ぎました。
翌日は帰宅時から美優の挑発は始まっていました。
前日とは違う紐状下着1枚で玄関に出迎えに来て、わざと下着を引っ張り大切な部分に食い込ませて紐を前後させました。
私は止めるように注意し、平静を装い夕飯の支度にかかった時、美優はリビングでDVDのスイッチを入れ再生した映像を見て私は唖然となりました。
美優が自室でアップテンポな曲に合わせて衣服を脱ぎ捨て全裸になると、乳房を揉みながら自分の股間に指先を這わせて身悶えしながら私に語り掛ける映像と同時に美優はその場でも大切な部分を紐状下着で食い込ませて擦り、うわ言の様にパパ…パパ…と言っていました。
私はテレビを消し、美優の前に座り何故こんなはしたなくいやらしい事をするのか問い質しました。
美優は躊躇もせすパパが好きだからと言って自分の股間をまさぐり私に見る様にいうのです。
私は父親だからそれは無理だと諭し目を逸らしました。
美優は構わず指先を動かし続けてパパ見て…パパ…と言って私の気を引こうと指先を強く動かしたのかヌチャヌチャとした音が聞こえ美優の吐息が私にかかるので私は大切な娘がそのようなはしたない子に育って欲しくないから止めなさい!と少し強く言いました。
美優は手を止めて私にこう言いました。
パパならどんなにエッチな事されても良いし、お母さんに知られても構わないし妊娠しても良い!
そう言ってDVDを私に渡し夕飯は要らないと自室に隠ってしまいました。
夕飯が出来たと言ってもお風呂に入りなさいと呼んでも美優は出て来ません。
夕飯を片付け洗濯とお風呂を済ませ再び美優に呼びかけたのですが反応が有りません。
美優の部屋の横が私達の寝室なので私は諦め寝室に入り美優から渡されたDVDを見てみました。
美優は全裸で私に呼びかけながらはしたない行為を続けて、ついにはカメラに向かい大切な部分を開いてテカテカに光り指先からネットリ糸を引く愛液を見せつけ、上気して声が上擦りながら私に語り掛けていました。
最後に美優は激しく大切な部分を擦って呼吸を荒くしてパパ!パパ!イクイクイク!!…と言って絶頂し、カメラの前から崩れ落ちました。
少しして美優が体を起こしてカメラに私への想いを息を切らせながら言って映像は終りました。
見終わった時は深夜だったのですが美優の部屋をノックしDVDを見たと言い寝室に戻りました。

[Res: 28289] 投稿者:懐中電灯 投稿日:2016/09/05(Mon) 00:06
私は美優の映像を見た余韻で興奮状態で娘のあられもなくはしたない姿に私の股間は充血し硬化してしまっておりました。
そんな時美優が全裸で寝室に入って来て私の隣に寄り添って美優は私の股間に触れて一瞬手を退きました。
驚きの表情で再び美優は私の股間に触れてきました。
美優にいつこんなはしたない事を覚えたのか尋ねると、母親が離婚してからパソコンで色んな動画や映像を見て覚えて股間を擦ると気持ちよくなり愛液が溢れ、遂には絶頂する事も覚えたと明かしました。
最初こそパソコンに写し出された映像で自慰をしていたが、母親が私の事を美優に話て直ぐコッソリ私が働いている所を見て私を性的対象として見る様になったと語りながら私の股間を握ってみたり撫で回したりしていました。
他に好きな男性などは居ないのかと尋ねたが美優は私を見つめながらパジャマ越しに私の股間を触り続けていました。
やはりこれ以上の一線は越えてはいけない!と私は美優に諭しました。
美優は一緒に寝るくらいはいけないのか?と食い下がらず、私は妻の居ない時なら一緒に寝てもかまわないが、一線は越えないと美優に言って聞かせて暫く美優が諦めるのを待ち就寝しました。
昨夜の件でタガの外れた美優はもう自分の想いのまま行動するようになってしまいました。
美優はリビングに妻も持っていない様な過激な下着を並べ私が選ぶまで全裸でウロウロ…
私の大切な美優のはしたない姿を他人に曝したくないから普通の下着を着けてほしいとお願いすると美優は過激な下着を片付け自室で着替え、普通の小学生の格好で朝食を済ませ登校して行きました。
私が帰宅すると美優は全裸で私を出迎えました。
夕飯も片付けの手伝いも美優は全裸。
先に入浴するように言ったのですが私と一緒に入浴すると言ってききませんでした。
洗濯機に美優の衣服を投入しているとやはりショーツの大切な部分が愛液が染みてしっとりしていました。美優は私が自分のショーツの染みを確認したのを見て気分が一気に上がった様子で私のズボンと下着を下ろし少し興奮気味の股間を露にさせると迷うことなく手で握ってから頬擦りし、舌先でコウガンから先端に向かいチョロチョロと舐めて来たので少し強く叱りました。
美優は私を睨み、そのまま私の股間を口にくわえてしまいました。
久々の心地よさに一瞬ですがクラクラしましたが、これ以上は絶対にいけない!と言って美優を引き離しました。
私の大切な美優がこのように淫らな事を私にしてはいけない!と強く言いました。
しかし美優から、知らない男性達にいやらしい事をされて喜ぶ姿をインターネット上で拡散されても良いの?と言われた時、正直戸惑いました。
美優は私の傍から離れたくないと言って浴室で私に抱き着きながら私の股間を握って硬さを維持させていました。
美優が私以外の男性に裸体を曝して…
と想像してしまい私は美優の小柄な体を抱きしめていました。

[Res: 28289] 投稿者:懐中電灯 投稿日:2016/09/05(Mon) 05:27
私は何を思ったのか美優と口づけを何度もしました。
美優も私の唇を素直に受け入れ、私が舌先で美優の唇に触れると美優も舌を伸ばして私の舌先と絡めてきました。
私は美優になんていやらしい子なんだろう…と呟くと、美優はパパにだけだよ。と言ってしゃがみこむと私の股間を口に入れ出し入れを始めました。
しかし実際男性自身を舐めた経験の無く映像のみの知識なため少々物足りない技術な美優に私が舌の使い方と唾液で確り潤滑させ吸圧をかけたり私の弱い露になっている先端部分の舐め方を指導していました。
美優は私の指導するとおりにしてくれて私は本当に久し振りの射精感覚が込み上げてきましたが我慢しました。
少しすると美優もコツを掴みリズムよく私の股間を喜ばせてくれるようになったので美優に射精したいから何処に出されたいのかを聞くと美優は飲み干すと言って上手に舌や吸圧などを使い私自身から出る精液を初めてなのに搾取してくれて飲み干しました。

[Res: 28289] 投稿者:出羽 投稿日:2016/09/05(Mon) 06:10
続きをお願いします。ok

[Res: 28289] 投稿者:懐中電灯 投稿日:2016/09/05(Mon) 22:33
美優に精液を飲み干されて私は少し冷静になりました。
後悔が先に出てしまい美優に謝りました。
美優はとても嬉しいと言って射精直後にも関わらずまだまだ興奮状態の股間を優しく握って舌先で先端部分を舐めまわしてくれました。
美優にこれ以上してしまっては父親と娘として戻れなくなるから止めよう!と優しく諭しましたが、美優はパパはいつまでも美優のパパだし美優はいつまでもパパの娘だから変わらない。この想いも変わらない。と言って私の股間を口にほお張り、覚えたての技術の全てを私にぶつけてくれました。
あまりの心地よさに美優を止めるどころか美優に私が心地よいポイントを示唆しており、美優も懸命に応えてくれました。
再び股間に大きな波が押し寄せ始めたので美優を離し少し休憩させるように湯槽に美優と向かい合わせで浸かり、私は美優のお尻を持上げて美優の大切な部分に口づけをしました。
美優は驚いた様子でしたが、直ぐに心地よさから吐息をもらしていました。
美優の大切な部分はとても綺麗で、自慰を行っているとは思えない程ピッタリ閉じており、指で開くと薄い桃色の女性の部分が露になり、愛液がジワジワ滲み出て来ます。
美優の大切な部分にはまだ太く濃い陰毛は数本目立つ程度の美しいものでした。
美優は初めて他人に大切な部分を触れられた上に舌で舐めあげられた驚きと、すでに覚えている心地よさが私により与えられて、モジモジ悶えながらパパすごく気持ちいい!と何度も吐息と共にもらしました。
私も美優の溢れだす愛液を舌ですくい取りすすったりしました。
その延長線上には美優の恥ずかしそうにヒクヒク動くお尻の穴に私は口づけをすると美優は一気に登り詰めてしまい悲鳴にも似た声を上げて体中の力が抜けたようにグッタリしてしまいました。
私は力の抜けた美優を抱き抱えて可愛らしい乳房を優しく触れ、私の股間を美優の大切な部分に挟むようにしました。
美優はうっとりした様な表情をしながらも何度も吐息をもらしてパパ…パパ…とうわ言のように呼ぶのでお尻の穴そんなに気持ちよかったのかい?と美優の耳元で囁くと美優は恥ずかしい!と言って強く私に抱き着きます。
湯槽の中で私の股間が当たっている美優の大切な部分からはお湯の中でもわかる程愛液が出ており私の股間との密着部分の滑りをよくしていました。
自然と美優は腰を動かして私の股間で心地よさを求め始めていました。

[Res: 28289] 投稿者:懐中電灯 投稿日:2016/09/12(Mon) 05:44
美優はパパのが当たって気持ちいいの。と言って湯槽で密着して吐息を漏らします。
私も先端部分が美優の愛液と大切な部分に擦れあう感覚に心地よさを感じて美優のいやらしい汁がお湯の中でも分かるよ。というと美優はさらに腰を擦りつけてお湯がチャプチャプ音をたて始めた時、少し私の先端部分が美優の入り口に入りかかったみたいで先端部分が軟らかくヌルッと包むような感覚を感じました。
美優は息を擦りつけるリズムに合わせてハアハアと早くしてパパ…パパ…パパのオチンチン…と言ってますます腰を早く動かすのでバシャバシャとお湯が音をたて始め、ついにはニュルっと私の股間に温かく包み込む感覚が襲い、美優も腰の動きを止めてうっ!と小さくうめきました。
美優少し入ったけど大丈夫かい?と聞くと大丈夫。ちょっとパパのがおっきくて…と言って少し抜いた後美優は私の股間を自分の大切な部分に指で確認するように当ててゆっくり腰を下ろしました。
私はヌルヌルで先端から全体を包み込む感覚にしびれました。
美優も大きく呼吸をしてパパ…入っちゃった!おっきくて太くて温かい。少しうわずって痛みをこらえるような美優に大丈夫かい?痛いだろ?抜こうか?と心配すると美優は少し痛いけど大丈夫だよ。やっとパパのが入ったんだもん!抜いちゃいや!このまま一生抜かないで。と言って私にしがみつきさらに奥まで入ったので美優もううっ…とまた苦しいうなりをもらしました。

[Res: 28289] 投稿者:懐中電灯 投稿日:2016/09/19(Mon) 11:06
妻の目が有りなかなか続きが書けませんでした。 湯槽内でついに美優とつながってしまい、私は何て事をしてしまったんだ!と後悔しつつも痛みと喜びの声をあげている美優を見て複雑な心境でした。
美優は、これで毎日パパに愛してもらえるよね?毎日美優とエッチしてくれるよね?と私を見つめて何度もキスをしてきました。
私も美優が可愛くて仕方がなかったのですが、あくまでも娘としてでした。
今この状況で普通の父と娘の関係では無くなってしまっています。
情けない事に私は美優の中の心地よさを更に求めようと美優の奥まで確り挿し込み、手で触ってごらん。全部入ったよ。
理性ではいけない!と思っているのに本能で快楽を求めてしまう自分の弱さをつくづく感じました。
美優は自分の大切な所に私の股間が根元まで入っているのを指先で確認して、パパありがと。美優はパパのモノだから好きにしていいよ。美優の言葉に触発されて私はゆっくり美優の中に出し入れしました。
まだ美優には痛くてキツいと思いつつも自分がもっと心地よくなりたい方が先に立ってしまっていました。
次第に腰の振り幅が大きくなり湯槽の湯がチャプチャプ波立つ音と美優の大きな呼吸が響き渡り続けました。
美優の中からは私のを包み込むようにヌルヌルの液が溢れだし滑りが増して早く出し入れ出来るようになってきたので美優と繋がったまま湯槽の縁に座らせて少し早く美優に出し入れしました。
美優は呼吸から徐々に声が出るようになってきたので、まだ痛いかい?と聞いてみると、大丈夫だよ。パパは気持ちいい? 美優の中はものすごく気持ちいいよ。
美優は嬉しそうに目を細めて私のが奥に入るのに合わせて小さく可愛い声を出していました。
さすがにまだ小学生だとはいえ美優の中に射精するのは絶対にダメだ!と心に決めて私は絶頂に向けて美優に早く強く出し入れしました。
美優も深めに入れて呻く事もなくなり段々声が大きくなってきて、パパ…パパ…ダメイク…パパ!!
私より先に美優が初めて男性自身を入れて絶頂してしまいました。
少しぐったりする美優を繋がったまま洗い場に寝かせて、美優お父さんもイクからね?と言って正常位で強く早く出し入れしました。
美優はずっと、パパ!パパ!と大きな声を出し私が絶頂にになりそうで、美優お父さん出るよ!と言うと、パパ!出して!美優の中に出して!と言うのです。
私はそれだけはならない!と美優から抜いて美優のお腹に出そうと手でしごいていると、いや!外に出さないで!美優の中に出して!パパのが欲しいの!お願いパパ!
私は戸惑い手を止めると、パパ早く!美優の中で出して!
私の意思は脆くも崩れ去り私は美優の中にまた股間を根元まで埋めてゆっくり出し入れを再開してしまい、パパ!もっと美優を感じて!パパをもっと感じたいの!
娘にこのような行為をしている事自体堕ちた父親なのに娘の中に…と分かっているのに、美優!美優!イクよ?と言って数年来忘れていた女性の体内で射精を娘で行ってしまいました。
美優の中で脈打つようにドクンドクンと私の精液が注ぎ込まれた美樹は、パパのが美優に入ってるよ。温かい…
私は何故か美優に、ごめんな美優。こんなのお父さん失格だ…と言って美優から股間を抜いてうなだれました。
美優は私に抱きついて、美優はパパが大好きなの。だからスゴく嬉しいし幸せだよ?もうパパから離れないからね?パパは美優が嫌い?美優は真っ直ぐな目で私を見つめて言うので、美優はお父さんの大切な娘だよ。だけど…大切な娘と…しかも中に…ものすごく後悔している私に美優は優しくキスをして、大丈夫だよ。美優はパパの事愛してるからエッチしたの。好きな人とエッチするのは普通でしょ?そう言って美優は私の股間を握って優しく擦り始めました。 美優!これ以上はダメだ!と突き放しました。
美優は拗ねたように、パパお母さん居ない時エッチなDVD見て1人エッチしてるでしょ?そんな事もうしなくていいよ?いつでも美優が気持ちよくしてあげれるようになったんだもん!
まさか自慰を美優に見られていたとは思ってもおらず私は言葉が出ずにいると美優がまた私に密着して私の股間を自分の体に擦り付けながら私を見上げてきました。
そして、パパと美優がエッチするのってきんしんそーかんっていうんでしょ?でもソレってほんとの親子でエッチするからいけないんでしょ?美優とパパはほんとの親子じゃないし…
例え血が繋がらなくても父娘ですからダメなものはダメなのですが、よく調べたね。でもお父さんと美優は…言いかけた時、ほんとの親子じゃないからいいじゃん!お母さんの居ない時だけパパの彼女じゃダメ?美優じゃエッチしたくないの?
妻同様美優も押しが強い子で1度言ったら聞かない性格です。それに私自身美優の若い体に刺激されて股間が起ったままでした。
私と美優はもう1度浴室で繋がった後私のベットで日付が変わるまで娘の体に溺れてしまいました。
それ以降妻の居ない時は美優に色々大人の卑猥な事を教えていますが、妻の前では以前同様美優はちょっとはしたない子を演じ続けています。

[17643] 近親相姦談話 投稿者:津本 投稿日:2013/02/19(Tue) 12:24
俺は16歳で母は38歳。その母の中へ先週の土曜日に挿入した。友達と遊んでいた俺を母に迎えに来させ、計画通り部屋に入ってきた母を兄貴分の幸喜と仲間の勇次の三人で押さえ込み犯した。母は必死に抵抗したが俺たちの力に負け、裸にされると覚悟したのかなすがままになった。最初に兄貴の幸喜が挿入し、俺たちは暴れる母の手足を押さえていた。兄貴が射精終わると次に勇二が母に覆い被さり、俺は最後でした。母は無表情であったが俺が挿入する瞬間、目を見開き颯太ダメと発した。母は帰るまで無言であったが、玄関に入るなり、あんな不良仲間と言い放ち俺に怒ってきた。母は俺が5歳の時に離婚し、今はヘルスで働いている。

[Res: 17643] 投稿者:三咲 投稿日:2013/02/24(Sun) 15:42
お母さんを犯すんなんて、津本さんのおバカさん。

[Res: 17643] 投稿者: 通り人 投稿日:2013/02/25(Mon) 14:47
そうだ、その通りだ。

[Res: 17643] 投稿者: まゆ 投稿日:2013/02/27(Wed) 10:13
それは津本さんだけの問題ではないような気がします。兄貴分の幸喜さんに唆されたからでしょう。

[Res: 17643] 投稿者:歩行者 投稿日:2013/02/28(Thu) 14:34
兄貴分とは、どんな方ですか?。

[Res: 17643] 投稿者: 投稿日:2013/02/28(Thu) 17:31
兄貴分との表現は、一般には使いません。

[Res: 17643] 投稿者:元ソープ嬢 投稿日:2013/03/04(Mon) 11:22
兄貴分とは、ヤクザの世界です。私の元彼は兄貴に苛められ、金を毟りとられていた。

[Res: 17643] 投稿者:短大生 投稿日:2013/03/05(Tue) 09:56
ホテルで初めて入れ墨を見た時、セックスしていても怖くて彼に黙って抱きついているだけでした。

[Res: 17643] 投稿者:デリバリーヘルス嬢 投稿日:2013/03/05(Tue) 12:33
入れ墨は嫌ね、私も嫌いよ。エッ、この人、断ると怖い、言われるまま生で挿入させました。一時間で二度も射精され、三万円でした。

[Res: 17643] 投稿者: 投稿日:2013/03/07(Thu) 11:03
竿師と言われた彼、60歳の今では竿は曲がったまま…。

[Res: 17643] 投稿者: 投稿日:2013/03/13(Wed) 11:31
竿師とて年齢には勝てず、ご苦労さんでした。

[Res: 17643] 投稿者:爺さん 投稿日:2013/03/15(Fri) 10:04
津本さん、その後は如何かな?。

[Res: 17643] 投稿者:津本 投稿日:2013/03/22(Fri) 08:33
母とは、今でも続いています。

[Res: 17643] 投稿者:岡田充夫 投稿日:2013/03/22(Fri) 12:46
体調が悪く会社を早退して家に帰ると家の前に外車が停まっていました。玄関を開けると応接間から喘ぎ声が聞こえてくるのです。その声は確かに聞いたことのある喘ぎ声でした。えっ、まさか!と思いつつ応接間を覗くと、なんと妻が男性の上に跨り、腰を振っているではありませんか。私は夢かと思い驚きました。いつから妻が・・・と考えながら、覗いていると「ああっ、いいっ、あなた〜、いいわっ、すごいわっ」、「奥さん、気持ちいいよ、すごくいいよっ、大好きだよっ」、あー、なんて事でしょうか、それが現実でした。起ちあがる男の背には背中には刺青があり、私は怖くてそーっと外へ出ました。

[Res: 17643] 投稿者:隣人 投稿日:2013/03/24(Sun) 16:31
岡田さん、奥さんは男を家に引っ張り込んでいるんですね。それも刺青男を、困りましたね。

[Res: 17643] 投稿者:歌麿 投稿日:2013/04/01(Mon) 08:06
岡田さんのその後は如何かな♪。

[Res: 17643] 投稿者:岡田充夫 投稿日:2013/04/01(Mon) 15:12
ご投稿、有難うございます。妻を問いつめると結婚前につき合っていた元彼でした。コンビニで15年ぶりに偶然に出合ったのです。一週間後、食事を誘われ、そのままラブホテルへ。その時に写真を撮られ、深いお付き合いになったのです。

[Res: 17643] 投稿者:津本 投稿日:2013/07/16(Tue) 12:58
その後も兄貴に言われ、嫌がる母を親父が出勤した後に兄貴の住んでいるアパートへ連れて行く。夕方、母を迎へに行くと未だ兄貴と交わっている最中であった。明美は親父、兄貴、俺と三人に嵌められている。

[Res: 17643] 投稿者:佐藤 投稿日:2013/07/19(Fri) 06:54
明美が可哀相だ。

[Res: 17643] 投稿者:津本 投稿日:2013/07/21(Sun) 06:32
22歳の兄貴には同棲している19歳の短大生の彼女がいるが、大きなお乳の38歳の明美の身体にぞっこんだ。俺は兄貴から貰う金の10万円は明美に渡している。それを知っている明美は兄貴に呼ばれ抱かれるのを拒否できない。明美はホスト経験のある兄貴のセックス上手を褒めている。何も知らない親父は、明美の派手な服装にも奇麗だよと喜んでいる。

[Res: 17643] 投稿者: 投稿日:2013/07/21(Sun) 15:41
母は俺の友人の昭男に抱かれてから、下着が派手になった。俺が昭男の家へ遊びに行っているうちに昭男の妹と付き合うようになった。昭男は佐緒里とオマンコしただろうと怒り、
俺にお前の母を抱かせろうと脅してきた。お正月の10時過ぎ、彼女の家に結婚の申し込みを兼ね挨拶に行こうと母を同行させた。車中、何度も尋ねる母に昭男の妹と話すと、昭雄の素行をよく知っている母は昭男の妹はダメの強い拒絶反応。結婚に同意してくれない母はしぶしぶ昭男宅に到着。昭男は、応接間に上がるなり、お酒で新年の祝杯を上げると、俺と佐緒里はお宮参りにと出掛けた。その直後、母は昭男に予定通り犯されました。夕方、佐緒里と戻ると、母は素っ裸で昭男と応接間でお酒を飲んでいた。昭男がいい俺の方を向いていいオメコだったよ俺に告げると佐緒里はお兄ちゃんのバカと怒りだした。

[Res: 17643] 投稿者:渡部 投稿日:2013/07/21(Sun) 17:00
京さん、お母さんを犠牲にしてまで佐緒里さんと結婚されるんですか。

[Res: 17643] 投稿者: 投稿日:2013/07/22(Mon) 05:58
俺は17歳の佐緒里が好きだ。

[Res: 17643] 投稿者: 投稿日:2013/07/23(Tue) 06:16
若いのは肌に弾力性があり、抱き心地がいい。俺の彼女は男を知らなかった娘で18歳、新鮮でいいね。俺が抱いてやると、気持ちいいわの連発、俺も彼女の中で一番に若い愛が好きだ。愛が短大を卒業する来年は48歳の閉経した婆さんと離婚して、31歳年下の愛と結婚するつもりだ。それまで愛に男を寄せ付けない。

[Res: 17643] 投稿者:五十路 投稿日:2013/07/24(Wed) 06:01
31歳年上の林さんを愛される<愛>さんは、林さんの何処がいいのかしら、私も若い男と一度でいいからエッチがしたいわよ。

[Res: 17643] 投稿者:由理 投稿日:2013/07/24(Wed) 11:37
アソコよ、チンボに決まっているわよ。大きなチンボで掻きまわされると、も逝っちゃうわ。私もオジサンの大きなチンボが大好きなの。五十路さん、未だしたいの、そんな年してきもいわよ。

[Res: 17643] 投稿者:五十路 投稿日:2013/07/26(Fri) 06:57
由理さん有難う。亡き主人とのセックスを思い出す度にオメコが疼くのよ。

[Res: 17643] 投稿者:津本 投稿日:2013/09/07(Sat) 16:12
兄貴は俺の母にぞっこんだ。母はヤクザは嫌と言い、俺は狭間で困っている。俺は兄貴の事は逆らう事が出来ず、昨日の夕方、嫌がる母を騙して兄貴の住んでいるマンションに送っていった。お昼過ぎに電話があり、迎えに行くと、母は眠そうな顔をして裸の兄貴と出てきた。兄貴は俺の顔を見ると、「颯太、明美はいいオマンコしているな」と言いスカートを捲りあげた。母は下着は穿いておらず、陰毛も無かった。母は兄貴から逃げるように俺の横へ来た。車に乗った母は、家に着くまで無言であった。家に入ると、颯太、あの人怖いから嫌よと泣きだした。俺は母を抱き応接間へ、母はワンピースだけでブラもパンツも兄貴に取り上げられていた。母は昨夜、二度射精された後、陰毛を剃られていたのです。俺は眠がる母を抱いて寝たが、母の寝顔が可愛く、俺は欲情し挿入した。

[Res: 17643] 投稿者:フリター 投稿日:2013/09/08(Sun) 06:23
俺は彼女がヤラレたが、自分の手下の母親を抱くなんて、よほどの事だ。

[Res: 17643] 投稿者:マスター 投稿日:2014/02/06(Thu) 16:11
兄貴分が手下のお母さんを抱くなんて、俺には考えられない。女に飢えているのか?。

[Res: 17643] 投稿者:フリーター 投稿日:2014/02/07(Fri) 07:27
お母さんは子の為、犠牲になっているんだぞ、しっかりせい津本君。

[Res: 17643] 投稿者:津本 投稿日:2014/02/11(Tue) 10:03
母から、幸喜兄貴がヘルスも辞めて俺の女になれと強要されていると告げられた。俺は、幸喜兄貴のマンションで同棲している19歳の短大生の彼女に、こっそりと告げた。幸喜兄貴は彼女の言いなりで、俺の母、{明美}は難を逃れた。母は、幸喜兄貴が求めなくなった半年後、交わっている最中に{幸喜さんの竿は立派だったわ}、と懐かしんでいた。

[Res: 17643] 投稿者:ヤクザは怖い 投稿日:2014/02/11(Tue) 11:46
ヤクザは怖いです。20年頃ほど前の高校生の時、テレクラのテッシュを貰い、両親が留守の日、面白半分でお電話しました。
問われるまま16歳の高校生とお答えすると、僕は大学生で名古屋に来たばかりだよと言われ、名古屋の街を教えてほしいと言われました。今度の日曜日に逢おうと言われ、初めて男の人とのデートでした。
昼の食事をご馳走になった後、僕の住んでいる所へと案内されました。お部屋で出されたお菓子を食べていると、怖い顔をした男の人が入って来られたのです。私は怖くて部屋を出ようとしますと、男に引き戻され奥の部屋へ、恐怖に慄いている私に二人して襲いかかりました。
二人の入れ墨男に犯されました。初めてで痛がる私に、「お前、処女だったのか」と男達は、私の口にチンポを無理やり突っ込み、舐めろーと言い、固くなっると秘境に挿し込む事、二時間ほど交互に連続でした。
大人の交わりを初めて知りました。あの時の恐怖、忘れる事が出来ません。私の過去を知らない夫は、私の蜜壷を丹念に舐めて戴けるのです。

[Res: 17643] 投稿者:通りすがり 投稿日:2014/02/11(Tue) 15:02
ヤクザは怖いさんそれは災難でしたね
私は、高校時代から20代前半までよく組事務所に出入りしてましたが結構楽しい思いをさせて貰いました。
トルコによく連れて行って貰ったり、芸能人を抱かせて貰いました。
また、銀座の高級クラブでも豪遊に付き合いました。
太陽に吠えろや特捜最前線などの刑事ドラマを見てると犯人役に感情移入するかと思えば刑事役に感情移入してそこだやれ捕まえろと喚いてました。

[Res: 17643] 投稿者:若い頃 投稿日:2014/02/12(Wed) 10:32
俺も昔、現役の頃にはキャバレーに呼んだ未だ売れてない歌手や、流しの女を頂いた。女もそれが当たり前と思ってか、殆ど抵抗もなかった。でも、生出しは拒否され、サックのお世話になった。俺は20代の若い風俗嬢女より、経験豊富な30代、40代の人妻が好みだった。70歳なった今では、同じ年齢の家に居る婆さんを抱くより、ソープランドの10代の女を抱いている。

[Res: 17643] 投稿者: 投稿日:2014/02/13(Thu) 07:58
風俗店には、色んな方がお勤めなのよ。私は海外旅行のお金を稼ぐために半年間だけヘルスで働きました。その後、店長にソープランドを勧められたの。

[Res: 17643] 投稿者:繁子 投稿日:2014/02/17(Mon) 11:12
ヤクザは怖いさん、私もテレクラ遊びを思い出しました。お昼間に欲求不満を充たしていた頃が懐かしいです。若い大学生から50代の男性まで、逢うとホテルでした。

[Res: 17643] 投稿者:教恵 投稿日:2014/02/19(Wed) 11:14
私も短大生の20年ほど前、こっそりテレクラ遊びをしていました。20歳と言われお逢いしますと、中年オッサンでした。

[Res: 17643] 投稿者:亜希子 投稿日:2014/02/24(Mon) 14:31
テレクラ遊び、20年ほど前の事ですね。私も主人以外の男性と交わったのよ、懐かしく思い出し思います。

[Res: 17643] 投稿者: お婆ちゃん 投稿日:2014/02/26(Wed) 07:43
テレクラ遊び、今はないんでしょうか。

[Res: 17643] 投稿者:近親相姦に一言 投稿日:2014/02/27(Thu) 06:55
テレクラ遊び、俺も遊んだよ、暇と欲求不満の主婦が多かった。俺も大学生で、ホテル代も女が出してくれ、性欲処理ができた。

[Res: 17643] 投稿者:享子 投稿日:2014/02/27(Thu) 13:39
いつの間にかテレクラ遊びに、懐かしいわ。

[Res: 17643] 投稿者:近親相姦に一言 投稿日:2014/02/27(Thu) 14:09
母とて女です。二ヶ月前、抵抗していた母も挿入すると同時に喘ぎ声に変わりました。精液を拭いていると再び、妊娠したらどうするのと母は怒り出した。再度、挿入すると忘れたかのように俺の腰運動に応じ、「いくー」と発し逝ってしまった。明美も一人の女だ。

[Res: 17643] 投稿者:たつや 投稿日:2014/02/28(Fri) 06:47
昼間大喧嘩した由実も、夜ベッドで抱いてやると喘ぎ悶えてくる。先日も借金を返済しない、56歳の婆さんを利子代と称して事務所へ……。嫌がる婆さんを二人で交互に抱いたが、直ぐに大声で喘ぎ出した。

[Res: 17643] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2014/03/02(Sun) 15:40
婆さんを苛めるなよ。

[Res: 17643] 投稿者:石田和男 投稿日:2014/10/03(Fri) 11:01
喘ぐのは女の性、婆さんも女だぜ、気持ちいいんでしょう。

[Res: 17643] 投稿者:ごんた 投稿日:2014/10/03(Fri) 22:09
まじな話、俺の友人の事だけれど女もいろいろいるんだなと、思ったよ。男が女の上にまたがって、セックスをしている時に、会社の出来事のぐちを、話したり隣近所のぐちをこぼしたりする女がいるんだって。やめろとゆうと。。。?ひまだから。そんな女と結婚したら地獄だね、いやけがさして他の女と浮気して、お金をみついでいるんだって、あわれだね。奥さんは、旦那が浮気をしている事が、わかっているみたい。

[Res: 17643] 投稿者:雅史 投稿日:2014/10/04(Sat) 09:31
俺の親父は知らない。今朝も親父がパチンコに出掛けた後、母の千代子を部屋に呼び遊んだ。千代子のお乳は大きくて揉みがいがある。

[Res: 17643] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2014/10/16(Thu) 14:28
巨乳、いいね、俺も好みだ。

[Res: 17643] 投稿者:京二 投稿日:2015/06/04(Thu) 17:41
45歳の婿養子の親父はお婆ちゃんが亡くなると、6歳年上の母を「おばー」と呼び、女遊びをはじめた。母はお爺ちゃんが居る時は一緒に水道工事に行き仕事熱心で真面目だったのにと嘆いている。ある日、母を誘って居酒屋で飲みました。酔うほどに父の悪口を、初めて聞く母の醜態でした。おデブの母をタクシーに乗せるのが大変でしたが降ろす時も嫌がる運転手さんにチップを出し玄関までお願いした。上がり段に腰を下した母を後ろから両乳を持ち上げるようにして抱き上げた。やっとベッドまで辿りつきました。捲れ上がったワンピースから太股が、その奥のパンツが、悪戯心でパンツを脱がせました。剛毛に覆われたオメコのお口を拡げ挿入しました。京、気持ちいいわ、もっと激しくと請求する母でした。その日から、母との交際が始まった。

[Res: 17643] 投稿者:ヘルス嬢 投稿日:2015/06/05(Fri) 12:51
婿養子の旦那から京二さんに、51歳のお母さんも男が欲しい時よね、お母さんを優しく抱いてあげてね。

[Res: 17643] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2015/06/30(Tue) 17:35
俺も婿養子だ。同居している義父母の元気な時は婿養子は辛かった。私が定年退職をした昨春には一人残っていた義母も亡くなった。今は子供達も家を出て妻と二人だけの生活、義父母に遠慮して来ただけに風俗遊びをして自由を発散している。

[Res: 17643] 投稿者:私も婿養子 投稿日:2015/07/01(Wed) 15:07
婿養子、お互い自由をエンジョイしましょう。痩せている妻の咲枝より豊満熟女の文子の方が抱き心地がいい。義父亡き後、いつまでも嘆き悲しんでいる文子を妻から温泉旅行に連れて行ってほしいと頼まれて行った。妻もまさかと思っているが、その夜、繋がった。それが始まりで、二人の秘密が始まった。

[Res: 17643] 投稿者:婿養子 投稿日:2015/09/18(Fri) 18:48
セックスも義父母に遠慮して、婿養子は辛いよ。

[Res: 17643] 投稿者:神戸 投稿日:2015/09/19(Sat) 06:49
俺も婿養子だよ。俺は三咲の母である洋子を犯し、俺好みの女にした。

[Res: 17643] 投稿者:繁子 投稿日:2015/09/24(Thu) 14:01
ヘルス嬢のお母さんなら、お上手で津本さんは嬉しいでしょう。

[Res: 17643] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2015/09/25(Fri) 06:36
婿養子さんも色々あるんですね。

[Res: 17643] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/06/09(Thu) 06:34
親父がいつ帰って来るか解らない。京子のスカートを捲りあげパンツを脱がせて後ろから挿入した京子の大きなお尻に腰を打ち続けた。その時、玄関を開ける音がして、俺は二階へに駆け上がった。京子はノーパンでスカートを履き親父を迎え入れた。危機一髪、母の京子はうろたえていた。

[Res: 17643] 投稿者:寛司 投稿日:2016/06/09(Thu) 13:39
私の@近親相姦さん、危なかった。俺も母を抱いている時、隣りの方が旅行の土産を持ってきた。二度三度とベル音に、玄関を開けた。早く帰ればいいのに旅行話しが長い中年女にうんざりした。

[Res: 17643] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/06/09(Thu) 19:41
秘密事は何ればれるよ。

[Res: 17643] 投稿者:加藤 投稿日:2016/07/07(Thu) 14:34
最近、会社の仕事が忙しく、早く帰れない。敬子は実の母で46歳、親父の帰りをドキドキしながら、敬子と交わるのだ、スリル満点だ。

[Res: 17643] 投稿者:津本 投稿日:2016/07/10(Sun) 06:46
22歳の兄貴は短大生の彼女がいるのに、16歳も年上の明美とセックスしたがる。ホステスをしている母は少し太っていて兄貴は抱き心地がいいとお気に入りだ。明美は、昨夜も兄貴とお泊まりだ。

[Res: 17643] 投稿者:祐二 投稿日:2016/09/19(Mon) 10:38
明美は、昨夜も兄貴分の幸喜と一緒だった。帰りを今や遅しと待っていると、先ほど疲れたわと言い帰ってきた。昨夜は12時過ぎまでスナックで飲んでいて、そのままホテルで遊んでいたのだ。

[27504] 母との交わりについて 投稿者:祐二 投稿日:2016/06/09(Thu) 19:40
母と親しくなったのは中学生の時で30年程前の事です。農協の北陸温泉一泊二日のバス旅行に両親が行く予定だった。しかし、母は勤めだしたばかりのスーパーの売出日となり、代わりに行くことになった。始めて大人の人とのバス旅行でした。旅館の浴衣での宴会はお酒、ビールを飲むほどに皆さんエッチになられるのです。その時に酔った人から、お前の親父には彼女がいるぞと教えられた。
両親は米作り、その間に畑でイチゴを栽培している農家でした。バブル景気新しい住宅が田畑を埋めて次々に立ちはじめました。親父は土地を売った金で家を建て替え、高級車を買い昼間はゴルフに、夜は友人と名古屋、岐阜と毎日のように出掛けていました。
旅行から帰った翌日、学校から帰ると母に旅行は楽しかったの尋ねられた。面白かったよ、大人の世界があるんだねと応じると、母は笑って見たのねと意味深の言葉でした。夕食時、今日もお父さんは帰りが遅いのよと二人だけの食事でした。テレビを見ていると母は、お父さんは人が変わったわねと、愚痴をこぼしはじめた。私がお父さんには彼女がいるらしいよと話すと、母は知っているわよホステスでしょう怒った顔で応えた。どうせ私がお婆さんだから嫌なんでしょうと、親父より8歳年上なのを責めていた。
母が可哀想になり、咄嗟に僕がお母さんを守るからと発した。母は祐二と言って私に抱きついてきた。私もお母さんの腰に両手を廻し抱きしめた。お母さんの優しさ、そして男の歓びの初夜でした。それを機に母との交わりが始まった。母は親父が浮気するようになってから、汚らわしいとセックスを拒否している事も色々話してくれるようになり、親父の留守が好都合になった。

[Res: 27504] 投稿者:元ホステス 投稿日:2016/06/09(Thu) 20:54
祐二さんのお父さんはバブルの恩恵で成り金なのね。三十五年ほど前、岐阜の柳ケ瀬のキャバレーで五年ほどホステスしていたわ、お逢いしたことあるかもね。当時はブラ、パンテイの中へお札を差し込まれたわ。店が終わった後、お客さんとはお付き合いしたわよ。お店には大勢のホステスが居たわよ、岐阜が懐かしいわ。

[Res: 27504] 投稿者:能登の人 投稿日:2016/06/10(Fri) 05:35
祐二さんは中学の時にお母さんとセックスしたのか、俺は18歳の時にトルコ風呂で母ほどの年齢の人がお相手だった。今でも覚えているよ、気持良かった、最高だった。祐二さん、その先が知りたい。

[Res: 27504] 投稿者:祐二 投稿日:2016/06/10(Fri) 09:17
私が高校生の時、不動産屋がアパート建設の話しに村へ来ていました。田を売ったお金でアパートを建てるのです。私の家も、二階建ての8所帯が住めるアパートを建てました。母も間もなくパート勤めを辞め家に居ました。学校から帰ると、二階の私の部屋で母と交わりました。母は安全日以外は、中出しを許してくれました。母は親父とは、もうないと断言していました。この身体は祐二だけよと、私の女でした。そんな母とは身体繋がりもあって、友も羨むほど仲良しでした。

[Res: 27504] 投稿者:老人 投稿日:2016/06/10(Fri) 11:30
バブルの時代、懐かしい。

[Res: 27504] 投稿者:純子 投稿日:2016/06/11(Sat) 12:38
その当時のお母さんの体形を教えてよ。

[Res: 27504] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/06/11(Sat) 12:48
祐二さんバブルの時代は(元芸人)ギャラが最低げいまんで多い時はちぇいじゅうで南保でも女を抱けました。

[Res: 27504] 投稿者:高校生 投稿日:2016/06/11(Sat) 16:55
生まれるのが遅かった。

[Res: 27504] 投稿者: 祐二 投稿日:2016/06/12(Sun) 11:05
25歳の時です。母からお父さんと離婚するからと相談された。親父の相変わらずの女遊びが止まず、ヤクザの女に手を出し脅されていると告げた。私も組の事務所へ連れ込まれ親父が居る前で、若い衆に犯されたのよと泣いて告白した。お金で事は済みましたが、もう親父の顔を見たくないと離婚した。離婚時の慰謝料で、母の妹が住んでいる奈良県で家を買い移住しました。表札には私と母の名前を書き、夫婦でした。親父の影もなくなり、母との楽しい性生活が始まった。私も土木作業員として働き、母はパート勤めをするようになった。

[Res: 27504] 投稿者: 私の@近親相姦 投稿日:2016/06/13(Mon) 07:47
奈良県で夫婦か、それからどうした。

[Res: 27504] 投稿者:祐二 投稿日:2016/06/15(Wed) 06:23
楽しい新婚生活も長く続かなかった。一年が過ぎた頃、母が親父と再会していたのを知ったのです。母を問いつめると、親父は私達の住んでいるところを探し当て、母にやり直そうと謝ったのです。母は親父と私の間に、如何したらいいのと泣いて告白した。そんな母に一度、家に戻り親父との生活をと諭した。母からは、祐二どうしているの元気と、時々ですが、電話があった。

[Res: 27504] 投稿者:美佐江 投稿日:2016/06/17(Fri) 07:28
お母さんはご主人の情にほだされ、一方で祐二さんの肉体が忘れられないのよ。私にも同じような経験があるわ、一度の遊び心が男の虜になってしまった。何もかも忘れさす性のテクニックに溺れ、身体とお金を捧げた揚句に捨てられました。もう一度やり直そうよの優しい夫に感謝しています。

[Res: 27504] 投稿者:紀代 投稿日:2016/06/18(Sat) 07:00
美佐江さんも、私もそうよ。浮気が主人に知れ、出て行けと怒られました。半年後、どうしているんだと尋ねて来た主人に抱きつき謝りました。

[Res: 27504] 投稿者:美代 投稿日:2016/06/19(Sun) 06:25
祐二さん、お母さんとは今はどうしているの。

[Res: 27504] 投稿者:祐二 投稿日:2016/06/21(Tue) 14:33
その後、俺も結婚し一男一女に恵まれた。妻のお産時は母の美保が家に泊ってくれ性処理をしてくれた。妻に隠れて母の美保と繋がっていた。四年前、母の還暦祝いにと亡き親父と新婚旅行した九州へ旅行をした。美保から、初夜は新婚旅行のホテルだったわ、恥ずかしかったわとお惚気を聞いた。また、母は女遊びをしている親父への当てつけで、テレクラ遊びをしていた事を告白した。でも祐二との相性がピッタリよと、三泊四日の旅行中はセックス三昧であった。

[Res: 27504] 投稿者:美代 投稿日:2016/06/22(Wed) 08:14
祐二さん有難う、お母さんをその後も愛されていたのね。三泊四日のセックス三昧、凄いわね。

[Res: 27504] 投稿者:祐二 投稿日:2016/06/24(Fri) 06:04
妻には遠慮があるが、母の美保には何でもお願いできる。

[Res: 27504] 投稿者:園未 投稿日:2016/06/26(Sun) 13:08
祐二さんはなぜ奥さんに遠慮されているの不思議ね。私の主人は生理の時も求めてくるのよ、男は我慢できないんでしょう。

[Res: 27504] 投稿者:会社員 投稿日:2016/06/30(Thu) 09:12
結婚しても母離れできない。母とのセックスの相性はいいよ。

[Res: 27504] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/07/05(Tue) 07:14
看護師の嫁が夜勤の時、母とセックスしている。嫁の夜勤明けと俺の休みが重なる日は朝から嫁が求めてくることがある。さっきまで母のマンコに入っていたチンポで嫁のマンコを突く。

[Res: 27504] 投稿者:鈴木 投稿日:2016/07/10(Sun) 14:01
行為中の母との会話
「今日は中には出さないで」
「なんで」
「お父さんが求めてくるかもしれないから」
「‥‥‥」
「中に残っていると臭うらしいの」
「何が」
「あんたの精子よ」

[Res: 27504] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/07/14(Thu) 06:51
祐二さん、お母さんの美保さんには何でもお願いできるとは、それは何かを教えて下さい。

[Res: 27504] 投稿者:善雄 投稿日:2016/07/17(Sun) 00:53
妻にはとても話せないが、母にはお願いできること。
それは3Pセックスです。母と二人でホテルに入り、3P可のデリ嬢を呼びます。

[Res: 27504] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/07/20(Wed) 11:09
デリ嬢とは、教えて下さい。

[Res: 27504] 投稿者:善雄 投稿日:2016/07/21(Thu) 23:53
熟女デリヘルで男1女2での3P可能な女性を呼びます。今までに30代の女性が来たことは無く、ほとんどが50代と思われる嬢が来ます。熟女D嬢との行為を母はそばで見ていますが途中から母も遠慮がちに加わります。最後はゴムをはずして母に中出しします。射精するときにわざと「母さん中にだすよ」と言って、D嬢の驚く様子を見るのが楽しみです。

[Res: 27504] 投稿者:祐二 投稿日:2016/08/13(Sat) 16:42
母の美保とは性器を舐め合った、バイブ挿入したりと美保が悦ぶことをします。

[Res: 27504] 投稿者:祐二 投稿日:2016/09/19(Mon) 10:31
母の美保を老人会へ送っていき、終わるのをマンガ喫茶で待っている。美保には帰りにラブホへ行く事を告げてある。エロビデオを見て欲情を高めている。

[28402] 義母と夫婦性生活 投稿者:たかお 投稿日:2016/09/18(Sun) 16:51
私は結婚した当時37歳、妻23歳で3年後に亡くなり急だった、
義母の落ち込みが激しく、声もかけられずにいた、義母45歳
葬儀からどれ位経過していたただろうか、まだ納骨前だった

 お風呂に入っていた時で、義母が後から入ってきた、驚き
でしたが、私の前にいた義母の体はまだ線の崩れもなく、
張りのあるオッパイに腰はくびれ、毛は薄く品よく生えて
いたように思えた。

 私の体を洗い、義母の体も洗い終わると、二人で入るには
できたが、お湯が溢れていた、そして義母の寝室に入ってい
た。
《私を抱いて、あの子と思っていいのよ》
後はもう夢中で、キスをして、オッパイも吸わせた、そして
両脚を開いてくれた、綺麗なオマンコで夢中になり吸い付き
舐めたり吸ったりして夢中で、もう我慢できず
「お母さん、入れていいですか?」
《ええきて、お母さんでなく佳子って名前で呼んで》
「佳子・・入れるよ」
《あーっ・・すごいわー・・硬い・・・あなた・・・・》
「佳子・・・」
《あなた愛しているわー・・・・もっと・・・》
「佳子・・・いいよ・・・気持ちいいよ」
《あなたー私もよ・・あー》
「佳子・・・どこがいい・・・・」
《あなた・・・あーっもっと・・・あなたー》
「佳子言ってごらん」
《あなたー・・・あーっオマンコ・・・オマンコがいいのー
あなた・・もっと・・オマンコが欲しいの・・》
後はもう夢中になた、もちろん中出しで挑み、体位も正常位
から騎乗位、座位でオッパイを吸い、後ろからと、その夜は
ほとんど一晩中激しく、外が薄明るくなってました。

 寝室はダブルベッドですが、休日などは昼間からもあり
居間、DKとそのテーブルでも、浴室、離れるのがトイレ位
で、2階のバルコニーの外でもあり、大きな声を出さなけれ
ば、気づかれず回りからは見えない、昼日中にバルコニー
で正常位でやったりもする、
《セックスが好きよ、一日中でもいいのよ》
妊娠はしない、出産時に避妊処置をしてあるそうだ、中出し
で精液は胎内吸収をする、いい女の艶肌をしている。
フローリングの床にセックス様のローベッドもある。連休中
はもちろんオマンコのハメまくりをするつもりでいる。

[Res: 28402] 投稿者:襟裳岬 投稿日:2016/09/19(Mon) 05:32
義父はいたのですか?

[28409] 近親相姦談話 投稿者:65才の男 投稿日:2016/09/18(Sun) 21:24
63才の男さん、月に2〜3回なら上等だよ。俺なんか月に1回だ。せいぜい2回かな。
でも同年配の友人は奥さんとは月2で、その他にセフレと月2〜3回だって。うらやましい。

[27644] ヤクザに弄ばれた母 投稿者:辰夫 投稿日:2016/06/15(Wed) 17:24
サラ金の借金取りが自宅に押しかけ返済を迫られていました。「今日は一つ提案があるんだよ」と、「一晩だけ俺の妻になってもらいたいんだ、まあ早い話が奥さの貸出しだよ」、「そっそれは・・・・」、「まあ一晩考えてくれ、また明日来るからそれまでになー」と言って帰っていった。母は「あなた、一晩だけあの男の言いなりなると許してくれるの」、「あなたが、許してくれるなら私が一晩我慢すれば」、親父は「それは無理だよ」と押し問答していた。
親父が返答をしたのか、その翌日の夕方迎えの車が来ました。
私の母が親父の為にと、外車に乗り込んで行ったのです。私は朝食を食べられず、母を待っているとお昼過ぎ疲れ果てた母が外車の助手席に乗って帰ってきた。親父が玄関で出迎え、奥の部屋へと入っていった。心配で隣りの部屋で両親が小声でぼそぼそと話を聞いていると、「怖かったわ、深夜まで」と、泣きながら親父に訴えていたのです。
翌日、親父が夕方出掛けた後にお母さん大丈夫だったと問いかけると、母は一週間だけ我慢すればと気丈にも答えた。一週間で母は解放され、一家に平和がおとずれた。しかし母は私が家に居ると、部屋に入って来て怯えたような日々が続きました。母にはじめて「刺青が怖かったわ」、「若い衆のお相手もしたのよ」と泪目で告白した。母が可哀想になり抱きしめ唇を求めると、汚れた身体なのダメと拒否するのです。お母さん好きだよと、再び抱きしめると母は唇を私の顔の前に突き出した。
母は「辰夫、お母さんを許して」と、私に男に抱かれた不貞を謝るのでした。お母さんいいよ、それよりお母さんがと二人は抱き合って泣いた。母と愛し合った時に、母の陰毛は剃られていて、男にひどい目に逢った様子がありありでした。

[Res: 27644] 投稿者:由美子 投稿日:2016/06/16(Thu) 09:11
辰夫さんはお母さんに同情して、それが始まりだったのね。その後を投稿してよ。

[Res: 27644] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/06/17(Fri) 07:11
一晩だけが、一週間に長すぎるよ。

[Res: 27644] 投稿者:ゆかり(仮名) 投稿日:2016/06/19(Sun) 06:38
借金の返済に、身体を一週間弄ばれたのね。いいよいつ返済してもと優しく言われ、でもサラ金の男って恐いオッサンでした。同じアルバイトの知美が気軽に借金して、私までも呼び出されたのです。ヤクザの男三人の相手をさせられたのよ。

[Res: 27644] 投稿者:辰夫 投稿日:2016/06/20(Mon) 15:07
母を借金の為にと、差し出した情けない親父が仕事に出かけた後、に母を部屋に呼びました。母は洗濯物を干してからにしてねと言う母を部屋に引っ張り込んだ。男にお弄ばれたお母さんの身体、辰夫ちゃんいいのねと裸になりました。母はヤクザに仕込まれたのか舐めるのが上手く、お口の中に射精しました。二度目は母の身体の奥深く射精しました。母はお口でチンポを掃除し終わると洗濯物を干しにと、ノーブラ、ノーパンのままナイトガウンを羽織って部屋を出ました。後を追って行って母が洗濯物を干している後ろからお乳を揉んだり、お股に顔を突っ込んで悪戯しました。

[Res: 27644] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/06/22(Wed) 08:16
借金の返済に、女は身体を捧げた。よく聞く話しの現実を知った。

[Res: 27644] 投稿者:直子 投稿日:2016/06/23(Thu) 05:38
洗濯物を干しているお母さんが待てずに悪戯した辰夫さん、お母さんが好きなんですね。

[Res: 27644] 投稿者:辰夫 投稿日:2016/06/24(Fri) 06:00
最初はヤクザに犯された母が可愛そうに同情している間に仲良くなった。夜寝る時一人になるのを恐がる母、一緒に寝ている母を抱き寄せ、愛しあうようになった。母から喜びを受け続けている間に愛情が芽生えた。今では夫婦同然でベッドでは全裸。

[Res: 27644] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/07/06(Wed) 17:02
借金の返済にお母さんが犠牲に、可哀想にね。お父さんはどうされているのかな?。

[Res: 27644] 投稿者:           オメ子 投稿日:2016/07/22(Fri) 16:43
辰ちゃん。お母さんとしてるの?恋人はいないの?893はもう何も言ってこないのでしょうか。心配だわ。
今では夫婦同然でベッドでは全裸。
別にいいのですが、全裸脱がせる愉しみが無くなるし、脱がせてもらう期待感も無くなるのじゃないの。

[Res: 27644] 投稿者:かい 投稿日:2016/07/22(Fri) 22:34
今時のやくざはそういうことしないけどね

[Res: 27644] 投稿者:辰夫 投稿日:2016/07/23(Sat) 08:01
ヤクザは怖い。親父の借金を母が身体で、その為か親父は母の言いなりになった。でも母との関係は親父には秘密で、親父が居る時には母とは親子です。母が買い物に行った後、家に置き忘れてあった携帯電話が鳴った。二度も長く鳴るので帰ってきた母に告げた。母はキッチンで、明日の9時ですねと小声で話すのを聞いていた。どうもヤクザと合っている様子だ。

[Res: 27644] 投稿者:静岡の人 投稿日:2016/08/13(Sat) 16:38
俺も母と一年経つが、親父には未だ気づかれていないない。

[Res: 27644] 投稿者:金融マン 投稿日:2016/09/18(Sun) 18:15
ヤクザに遊ばれた女は通常のセックスでは満足できなくなる。お母さんをヤクザが求めるのか、お母さんがヤクザを求めるのか知らないが、しばらく続くだろう。俺もサラ金を返済しない45歳のおデブの人妻を利子代にと抱いた。俺の激しいセックスに、こんなの初めてなのと悦ぶので俺も興奮して90分間、弄んでやった。電話すると、お父ちゃんには言わないでと応じる美優。

[27489] 不思議な母 投稿者:高木 駿 投稿日:2016/06/09(Thu) 06:21
ダメよ、ねーこれで終わりにしましょうよ。母のいつもの口癖です。交わると大声で喘ぎ、悦んでいるのに不思議な63歳の加代子です。

[Res: 27489] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/06/09(Thu) 13:41
女は受け身だ、心と体は別物だ。

[Res: 27489] 投稿者:高木 駿 投稿日:2016/06/09(Thu) 21:34
俺にとって、母は女として上玉だ。三年前の初体験から、俺好みの女に変身させた。俺とセックスする時はお風呂に入って綺麗な身体になっている→お化粧は少し厚化粧で香水はシャネル→下着は陰毛が透きとおって見える薄いパンツだけでノーブラで待っている。車に乗せホテルへ→ホテルに着いたら全裸になりビールを注ぐ。俺が身につけている衣服を全て脱がせる→俺のチンボを綺麗にお掃除して勃起させる→オメコして下さいと手を付いて言わせる→69で舐め合う→正常位で一発目を発射→チンボを綺麗にお掃除しする→母が騎乗位で二発目の発射→四つん這いにして三発目の発射して小休止。お風呂で俺の身体を綺麗に洗う→チンボはお口で舐めて洗う→勃起するまで舐めさせる。ホテルを出る時には手を付いてオメコをしていただいて有難うございましたと礼を言わせる。嫌がるが母の陰毛は剃ってある。

[Res: 27489] 投稿者: 遊び人 投稿日:2016/06/10(Fri) 06:26
実母を調教するなんて凄いな、俺には出来ない。短大生の彼女を
調教するのに食事に誘ってから、かれこれ一年を要した。今では、命令すれば俺の言いなりだ。美優は俺が働いているスナックのオーナーのお気に入りで、時々貸し出している。小遣いが貰えるからと美優は喜んでいる。俺は美優を貸し出した日は美優の友達とエッチをする。俺は母と一度はセックスしたいとは思っているが未だ実現してない。

[Res: 27489] 投稿者: 博子 投稿日:2016/06/12(Sun) 12:35
女は男次第よ、母から言われ農家に嫁いで35年。今ではお婆ちゃんです。真面目な主人、息子に襲われた旅館で女の悦びを知りました。本当に女は男次第です。

[Res: 27489] 投稿者:聖子 投稿日:2016/06/13(Mon) 06:41
16歳の時に親しくなった男がヤクザだった。両親には猛反対されましたが、健太は許してくれず、無理矢理に籍を入れられたのです。妻なら旦那の為にと、キャバレーで働きました。その後トルコ風呂(今のソープランド)、ピンクサロン、温泉芸者として転々としていました。

[Res: 27489] 投稿者:高木 駿 投稿日:2016/06/15(Wed) 06:27
皆さんの投稿を受け、俺も加代子を幸せにしなければと思ったよ。

[Res: 27489] 投稿者:恭子 投稿日:2016/06/17(Fri) 07:20
63歳の加代子さんを一人占めなの、お父さんは居られないんですか。綺麗なお母さんなんでしょうね。

[Res: 27489] 投稿者: 高木 駿 投稿日:2016/06/19(Sun) 06:28
加代子は学生時代はバレボールの選手で背は181cmと高く88kgのおデブさんだよ。

[Res: 27489] 投稿者:gokun 投稿日:2016/06/19(Sun) 06:37
背の高いお母様ですね〜。
ポチャなところは魅力だから問題ないし、もう少し行為の様子が書いてあると嬉しいです。

[Res: 27489] 投稿者:高木 駿 投稿日:2016/06/21(Tue) 14:20
加代子は、自分から、太股をMの字に大きく開き、俺の舌が潤みの中に、浸ると、間もなく、俺の舌の動きに、涼子の腰が、くねった。加代子の口から、感極ったのか、卑猥な、歓びの声が、放たれた。「駿の、大きくて立派な硬いチンポを加代子のオメコに、入れて欲しいわ」。アァ、お願いッ、はやくー」。「アァッ、ンッ、アァァ、イイッ、そこ、、イイィ〜」、加代子は、羞恥の声を上げながらも、感じ入って、、腰を波打たせている。、俺も、挿入を、こらえるのも限界に達した

[Res: 27489] 投稿者:よしと 投稿日:2016/06/22(Wed) 02:11
女がこれだけ背が高いとバックでのセックスがやりにくい。

[Res: 27489] 投稿者: 高木 駿 投稿日:2016/06/22(Wed) 06:34
加代子にベッドで膝をつかせ、後ろからお乳を両手で揉みながらのピストン運動、グッドだよ。

[Res: 27489] 投稿者:今日も雨 投稿日:2016/06/23(Thu) 05:40
女の ダメよは良いよの意味だよ。遠慮せずに抱きなさい。

[Res: 27489] 投稿者:高木 駿 投稿日:2016/06/30(Thu) 09:17
今朝も喘ぎ続ける加代子を抱いていた。

[Res: 27489] 投稿者:gokun 投稿日:2016/07/02(Sat) 04:32
もう少し状況を書いてくれるといいですね。

[Res: 27489] 投稿者:高木 駿 投稿日:2016/07/03(Sun) 15:25
69から始まり、正常位、後背位(バック)、そして最後は加代子は大きなお乳を揺らしての騎乗位です。

[Res: 27489] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/07/04(Mon) 08:17
凄いね、俺もこれから愛する恵を後背位で犯したい。

[Res: 27489] 投稿者:恭子 投稿日:2016/07/07(Thu) 06:45
高木駿さんへ、「今朝も喘ぎ続ける加代子を抱いていた」と投稿されていますが、お父さんは居られないのでしょうか。

[Res: 27489] 投稿者: 高木 駿 投稿日:2016/07/08(Fri) 06:59
親父は、ベトナムへの技術指導で長期出張中です。三年ほどの予定が延長となり、今年で四年経ちます。加代子は親父が留守なので、俺で欲求不満を解消しているのだ。

[Res: 27489] 投稿者:gokun 投稿日:2016/07/08(Fri) 08:38
1行で済ませず・・・・5,6行くらい書いて欲しいです。
お母さんの様子を、反応を知りたいですね。

[Res: 27489] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/08/15(Mon) 12:39
毎回ラブホを出るときに言う「おとうさんに悪いから、これで最後よ」は「おとうさんに見つからないように、またやりましょう」と理解している。

[Res: 27489] 投稿者:高木 駿 投稿日:2016/09/18(Sun) 18:02
そうですか、「これが最後よ」は「またやりましょう」の意味ですか。遠慮せずに母を求めていいんですね。何も知らない親父は明日は祭日出勤です。母が狂ったように、もうダメと発するまで責め続けたい。先ほど、母の手を握り小声で「あ・し・た」と約束した。加代子を大股開きにしてオナニーをさせたり、アナルにも挑戦したい。

[27636] 間もなく一年です 投稿者:透水 投稿日:2016/06/15(Wed) 10:06
私は42歳、妻を一年前に胃がんで亡くしさびしくなりました。私は、まだ性欲もありこの昨年のお盆休みに田舎へ帰省した時、64歳での母に求めたのです。父は八年前に60歳の定年を前に亡くなり、母は田舎で一人暮らしです。夕食前に母とキッチンでビールを飲みました。アルコールに弱い母の顔は直ぐに紅潮し、暑いはねと言い残し、隣りの応接間で「休んでいるは」と入って行きました。その後、応接間のソファーで横たわっている母に欲情しました。お母さん大丈夫と身体に触れると、母は察したのでしょうニッコりと微笑みました。その笑顔が素敵で抱きつきました。
「孝、淋しいの」と問う母の唇を奪いました。母にここではダメと促され寝室へ、その夜、一生忘れられない母とのセックスでした。何よりも母から「もうないと思っていたわ」と、喜んでくれたのが私は嬉しかった。

[Res: 27636] 投稿者:欲求不満の中年女 投稿日:2016/06/17(Fri) 07:16
透水さん、そして‥‥。それを投稿してよ

[Res: 27636] 投稿者:透水 投稿日:2016/07/07(Thu) 09:43
服を脱ぐと水色の薄いランジェリーに陰毛が透けて見え、肩ひもを下ろしてポロッと垂れ落ちこぼれる巨乳。キスをするときの母のエッチな笑顔。反りたったペニスをジュルっと舐めしゃぶり、いやらしい舌使いでチロチロと舐めまわす様子は卑猥すぎて母の舌を目で追ってしまいます。柔らか胸でチンポを包み込むパイズリも、お互い心地よいといいながら濃厚なひとときを楽しみます。巨乳にチンポを挟みつけ、はみ出している亀頭をお口で舐める母、その瞬間は至高のひと時です。そしてまず騎乗位での大きなお尻、大きくプリっと突き出したお尻はガッチリとしていて重量感を感じ、そして垂れた白い巨乳。プルプルと微振動する巨乳は思わず目で追ってしまい、両手で下からたっぷり揉んでいる。最後は正常位でも三段腹で脂肪が流れないハリのあるおっぱいにたっぷりとザーメンを発射した。

[Res: 27636] 投稿者:原田 投稿日:2016/07/08(Fri) 02:49
私の母はセックス以外のことはすべてOKですが、最後挿入となると拒みます。膣もしっかりと濡れていますし、男性器がほしくないんでしょうか。最後はは母の手か口の中への射精で終わります。

[Res: 27636] 投稿者:蒲郡 投稿日:2016/07/08(Fri) 05:43
男は、最後はオメコに挿入したいですね。

[Res: 27636] 投稿者:幹雄 投稿日:2016/07/08(Fri) 07:19
うちの母は57歳ですが濡れが少なくて困っています。
親父が他界して11年経ちますが、その間一度もSEXが無く濡れなくなったそうなんです。
生理も5年前にあがったそうです。

[Res: 27636] 投稿者:鈴木 投稿日:2016/07/10(Sun) 13:15
うちの母親はフェラもしてくれるしゴム着用での挿入もOKです。しかし、キスがNGです。キスしようとすると顔をそむけられてしまいます。恥ずかしいそうです。

[Res: 27636] 投稿者:江口 投稿日:2016/07/11(Mon) 21:35
うちの母は還暦ですがまだまだ濡れます。父が亡くなって五年。3回忌の夜から関係しています。
3回忌法要が終わって夜、お客がみんな帰って母と二人になったとき喪服姿の母に女を感じて襲いかかったのです。
母は必死に拒絶しましたが理性の吹き飛んだ僕は母の喪服をはぎ取って全裸にして犯してしまったのです。
結局翌晩から母と同じ布団に寝るようになり、母は感じるようになり、僕を抱きしめて逝くようになりました。
乳首も硬く膨らむようになり、あそこはびしょびしょに濡れるようになりました。
父とはこんなにいい気持ちになったことは無いわと言って喜んでいます。クリニングスは父からは一回もして貰ったことが無いといってがくがくと痙攣して逝きます。
シックスナインも初めてだそうでのたうちまわって喜びます。真面目一筋だった父は母を喜ばすこと抱き無かったようです。
僕は親孝行が出来ると喜んでいます。

[Res: 27636] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/07/11(Mon) 22:13
いつも母とは部屋を暗くしてセックスします。薄暗くお互いの表情がはっきりと見えないので大胆になれます。

[Res: 27636] 投稿者:原田 投稿日:2016/07/12(Tue) 01:14
母は妊娠する年令でもないですがセックスはNGです。ただ、胸や性器への愛撫は丁寧にします。それだけで満足しているのでしょうか。皆さんが羨ましくなりました。だから私はまだ童貞です。

[Res: 27636] 投稿者:私の@母子相姦 投稿日:2016/07/13(Wed) 22:41
実の母親を抱くわけですから、やはりある程度の覚悟は必要だと思います。

[Res: 27636] 投稿者:原田 投稿日:2016/07/13(Wed) 23:26
私は母には結婚は考えられないと言ってますし、母を愛しています。母も私の気持ちは理解してくれていますがセックスまでには至りません。お互い体の隅々まで愛撫しあいますが、最後は母のテクニックに負けてしまいます。

[Res: 27636] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/07/14(Thu) 05:48
父&娘とか母&息子のセックスって本物の愛かも

[Res: 27636] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/07/14(Thu) 06:48
愛とは、究極は交わりなのでしょう。

[Res: 27636] 投稿者:叔母と夫婦 投稿日:2016/09/09(Fri) 12:49
女は死ぬまでよと言います

いっぱいいっぱい 愛を確かめましょう

続きを

[Res: 27636] 投稿者:さとる 投稿日:2016/09/17(Sat) 20:12
70才の母はまだ濡れます。中出しもOKです。
総入れ歯を外してフェラチオもしてくれます。
口の中に出したときは全部飲んでくれます。
シックスナインもします。
クリトリスを吸うと痙攣して逝ってしまいます。
騎乗位もワンワンスタイルもします。
ただキスだけは絶対許してくれません。

[Res: 27636] 投稿者:ぺけ 投稿日:2016/09/18(Sun) 10:16
貴方の年齢では、母親が若すぎます。

[Res: 27636] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/09/18(Sun) 12:18
原田さんへ、私もレイプは嫌いですが此処まで来ているのですからワインで酔わせて母子の縁を切ると迫りましょう
同居しているのなら何日か家出してからでは。

幹雄さんへ、潤滑ローションをお母さんの心が貴男に向けば其の内また濡れてきます。

鈴木さんへ、挿入しているとき両手で顔抑えて全て貴男のものにしましょう、恥ずかしいなんて全てを許しているとは思われない。
入れ歯だったら御免なさい。

江口さんへ、いくら真面目でも妻は子供を産ませる道具ではないので侘しく悲しいです
母が息子との性愛で初めての性の幸せを感じる事があるのも現実だから貴男はいろんなテクニックで母を天国に導いて上げてください

さとるさんへ、入れ歯の人はキスだけは嫌がりますよ、キスしているとき外れるずれるを考え嫌がるみたいですね。

早水さんへ、最後になって御免なさい
”母から「もうないと思っていたわ」と、喜んでくれた”。。。
忘れていた女の大切なところに愛を注いでくれてありがとうなんて
母とセックスして最高に幸せな言葉ですね。
   
      

[Res: 27636] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/09/18(Sun) 12:27
原田さんへ、私もレイプは嫌いですが此処まで来ているのですからワインで酔わせて母子の縁を切ると迫りましょう
同居しているのなら何日か家出してからでは。

幹雄さんへ、潤滑ローションをお母さんの心が貴男に向けば其の内また濡れてきます。

鈴木さんへ、挿入しているとき両手で顔抑えて全て貴男のものにしましょう、恥ずかしいなんて全てを許しているとは思われない。
入れ歯だったら御免なさい。

江口さんへ、いくら真面目でも妻は子供を産ませる道具ではないので侘しく悲しいです
母が息子との性愛で初めての性の幸せを感じる事があるのも現実だから貴男はいろんなテクニックで母を天国に導いて上げてください

さとるさんへ、入れ歯の人はキスだけは嫌がりますよ、キスしているとき外れるずれるを考え嫌がるみたいですね。

早水さんへ、最後になって御免なさい
”母から「もうないと思っていたわ」と、喜んでくれた”。。。
忘れていた女の大切なところに愛を注いでくれてありがとうなんて
母とセックスして最高に幸せな言葉ですね。
   
      

[Res: 27636] 投稿者:ぺけ 投稿日:2016/09/18(Sun) 16:38
筆者の年齢からして、母上が若すぎます。ウソがバレバレで、
 シラケます。

[Res: 27636] 投稿者:36歳の息子 投稿日:2016/09/18(Sun) 17:26
筆者とは誰の事ですか?。原田さん、オメコの中へ挿入したいんでしょう。私の母は還暦を過ぎた64歳ですが、二年前に親父が亡くなった後に特別な関係になりました。可愛い声で喘ぐ紀代子、嫁よりのセックスの相性がいい。

[28379] 集中豪雨の夜 投稿者:河川 投稿日:2016/09/14(Wed) 13:22
去年、僕の家の周辺地区で集中豪雨災害がありました。
あれから4ヶ月たっても、近所の人や、友達は雨が降るたびに、その時のことを思い出して怖くなるそうです。
僕の家も1階全部が冠水しました。
その日から2ヶ月近く2階で暮らしたぐらい被害を受けました。
確かに近所の人がいうように怖かったですが、ただ僕個人にとっては、その日に初めて別のすごいことを体験したので、違う思いを抱いています。集中豪雨のおかげっていうか・・・。
あの日、我家の床上に水が来始めたのが12時過ぎでした。
1階で寝ていた母さんが、慌てて僕の部屋に飛び込んできて、二人で1階の荷物を必死で運び上げました。
あんなになるとは思ってなかったのですが、2時くらいには2階の床くらいまで水が来て、もう何処にも行けなくなってしまいました。
僕のベッドの上で母さんと二人座り込んでいました。
父さんは、高松支店に単身赴任して、去年から居ませんでした。
水音が、まるで川の中に居るように聞こえつづけて、時々何かが家の外壁にぶつかっては、家が揺れました。
一段と大きい音がして、家が揺れた時、母さんが声を上げて、僕にしがみ付いて来ました。
連続して何かがぶつかる音がして、周りが静かになるまでそれから1,2時間、二人で抱き合っていました。
母さんは怖い怖いと言っていましたが、僕は違うことを考えていました。
僕にしがみつく母さんの身体は温かくて、柔らかくて、良い匂いがしました。
僕は母さんの身体をぎゅっと抱きしめていました。
ペニスが固くなってきました。
「死んだら、僕、童貞のままだ・・」
震えていた母さんが暗闇の中で、小さく笑いました。
「何言ってるの・・・こんな時に」
「お母さん、触ってくれない?」
「えっ・・・」
僕は母さんの片手をペニスの方に引き寄せました。
かちんかちんになった僕のペニスに母さんの手が触れて、びくっと震えました。
「何するの・・・」
身体を固くした母さんが逃げようとしたのを、ぎゅっと抱きしめたまま、僕はキスしようとしました。
どんって音がして家が揺れて、母さんが慌ててしがみ付いて来ました。
僕は母さんの寝巻きの裾から片手を差し入れて、ショーツ越しにあそこに触りました。
びくっと母さんが身体を固くしましたが、家の揺れに気を取られていたのか、僕の指がショーツの脇から直接あそこを触っても、何も言いませんでした。
僕は夢中で指を動かして、終いにはショーツをほとんど脱がせてしまいました。
母さんが僕の肩に頭を寄せたまま、喘ぎ声を上げ始めました。
指を入れて、あそこを嬲りました。
濡れてきました。
僕は片手で自分のパジャマの下を脱ぎました。
母さんの身体を膝の上に抱え上げようとしました。
「・・だめよ・・・」
僕に身を任せたまま、うわ言のように呟く母さんの身体を両手で抱えて、僕は自分の膝の上に下ろしました。
ヌルッとペニスが熱い母さんの中に包まれて行きました。
母さんが僕の頭を抱きしめ、何かを叫びました。
僕は、母さんを下から突き上げるように腰を動かして、射精してしまいました。
瞬間、母さんがうめいて、僕の肩に爪を立てました。
そのまま、しばらく抱き合っていました。
母さんとキスしました。
母さんが身動きすると、僕のペニスは締め付けられて、また大きくなってきました。
繋がったままの姿勢で、ベッドの上に倒れこんで、2回目のセックスをしました。
途中で、母さんも僕も裸になって、射精する頃には、夢中になって、豪雨の音も忘れていました。
朝になって明るくなるまでに、もう1回セックスしました。
もう母さんも夢中になってくれて、声を上げて応えてくれました。
水がひくまでに、もう1回セックスしました。
外に出られるようになって被害を眼にしたときも、二人ともぼんやり立ってるだけでした。
それから、家の修理が終わるまでの間、母さんと僕は毎晩のように僕の部屋で、セックスしました。
強い雨が降るたびに、僕はあの晩を思い出します。

[Res: 28379] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/09/18(Sun) 14:53
大雨水害、台風、地震、津波、など災害を経験すると恐怖心から親子兄妹姉弟の絆を確認しようと強めようと近親相姦になってしまう人は多々いて大多数が継続します、

災害での経験者皆さん、レスよりも板を立てて投稿してください、体験談をお待ちしております。
      

[28393] 母という一人の女性 投稿者:佳之 投稿日:2016/09/17(Sat) 16:42
もう時効かな、と勝手に判断した俺は、昨年の春に鬼籍の人となった母・理恵(享年50歳)には許可をもらう術もなく、ここに書き込んでいる。
お互いに男女として認め合い、親子の関係を超えた恋愛を育て、男女の関係を深めて肌を重ねていたのは、母が48歳までの3年くらいだった。その後に発見された致命的な症状で母は体調を崩し、それ以降はずっと病院のベッドの上の人だった。
母は俺を彼として認め、俺もまた母を彼女として扱っていたから、以下は母のことを理恵と書かせてもらう。
お手の手元のスマホには、母との関係の証拠の画像が残されている。お互いに果てたベッドの上で、乱れた長い栗色の髪をそのままに、綺麗に横座りしている理恵の背後から密着して俺が理恵を抱き締め、理恵の肩に顔を置き、俺の右手は理恵の右の胸の膨らみを捕らえて覆っている。左の胸は露わになって、俺がその胸に残した熱いキスマークが赤く鮮明に映えている。もう5年以上も前の二人のベッドの時間がその画像で固定されたままになっている。
理恵は肌の白い女性だった。透き通るように白く、見た目では体の弱そうなすぐに風邪でも引きそうな、免疫の乏しい女性に見えるけれど、実はそんなことはなかった。幼い頃から陽に焼けても赤くなるだけですぐに戻ってしまう、と理恵はいつだったか話してくれた。
子供が出来にくい体質なのは分かっていて、兄弟を作ってあげられなくてごめんね、と理恵は俺の腕枕の中で済まなそうに言ってくれたことがあった。
その理恵を、女として感じさせてあげる為に、若かった俺は俺なりに努力を重ねていた。父との体の関係は久しくなく、こんなものかな、と女として諦めていた時期もあったようだ。
理恵の体内に潜在しているはずの女の悦びを目覚めさせ、本当の意味で理恵を女に戻してあげたいと願っていた。
俺の気持ちを受け入れてくれて、抱かれることを承諾してくれた理恵は、それでも最初の頃は体を固くして緊張していた。俺が理恵の両足を開いて顔を進めようとすると、いつも拒んでしまっていた。それでも受け入れてくれた時、俺は自分の愛情を込めて、自分が産まれて来た場所を愛した。
理恵は、ふとした瞬間から乱れ始めた。何かが膨張して破裂した時のように、次の瞬間からは変わった。息子という彼氏を前にして、女を前面に、全面に露わにして、乱れた。
理恵の秘唇は綺麗だった。真っ白な肌に体毛は乏しく、ヘアもお飾り程度で隠すだけの機能は果たしていなかった。外側からじっくりと焦らしながら、舌先を這わせ、閉じ合わされた秘唇を縦に割っていくと、理恵は顎を上げ、枕の上で半開きの唇から女の濡れた声を漏らしていた。
隠れていた敏感な蕾を舌先で舐め上げ転がして、それを吸い上げると、理恵はもう女を全開にして、理恵の腰に当てた俺の手を掴んで助けて欲しそうな、逃げ出したくなりそうな表情で指を絡めて来た。その時の理恵の指の力強さは、今でもはっきりと俺の両手が覚えている。
「そ、そこ・・ああっ・・いやっ・・おかしくなりそう・・佳之・・もう・・もう・・私・・」
自分が産まれて来た空洞に、俺の舌は硬く進んで侵入した。
高まっていく理恵はさらにその指に力を込め、俺を唯一の支えにして、俺から与えられた女の快感の頂点まで、急激に昇り詰めていった。
完全に脱力した理恵を、俺は腕枕の中でじっと抱き締めた。彼氏とは言え、息子から女の頂点まで導かれてしまった自分が恥ずかしかったのだろう。理恵はずっと俺の胸に顔を伏せて、俺の目を見ようとはしなかった。ばれるのが怖かったのか、そんな理恵がとても可愛く感じてしまっていた。
理恵を後ろから攻めて突く時、俺はいつも理恵の括れた腰からふくよかな尻を見ていた。途中で、俺を受け止めるあまりの深さに、耐え切れなくなった理恵は膝を崩し、前のめりになった。それでも突き続ける俺に、枕に乗せた横顔を赤く火照らせて、俺の名前を理恵は呼び続けた。
理恵との一度だけの約束で、俺はコンドーム無しで理恵の体内に入り、自分のエネルギーを最大限まで理恵の体内深くに盛大に放った。その時の放たれたものを体内で受け止めた理恵の顔は、俺の記憶の中では一番美しかった瞬間のものだった。
「万が一、出来たら・・・」一度だけ、二人で語り合った。結果的には出来ず、理恵が生理を迎えてくれたが、その時の理恵を思う愛しさは、言葉では表せないでする。

[Res: 28393] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2016/09/18(Sun) 14:10
佳之さん、拝読しましたが何も言葉がでません、
体験者はわかる... 体験者はわかる... レスを投稿しないが、
体験者は....... 私も母と... いま母は天に!.....

[28385] 母と二人きりの夜 投稿者:初体験 投稿日:2016/09/15(Thu) 15:39
初体験、母とでした。ってゆうか、母にしてもらいました。去年の春休み、まだ高1のときです。
 父は単身赴任で、たまにしか帰ってこないし、家には母と二人。
 隣が母の実家で、じいちゃんばあちゃんがいたけど、夜になれば家に来ることなんかないし。
 母は毎日、お役所に勤めにいって、夕方6時ころには家に帰ってきて晩御飯の支度とか、風呂を沸かしたりしてくれていた。
 その日も、いつもと同じようにお風呂に入った後、晩御飯を食べ、テレビを見て俺は部屋に戻った。
 母は、一人で風呂に入っている。
 母は50歳を過ぎているけど、背が高く友達の母親より若くてきれいなほうだと思う。
 中一のころからオナニーしてるけど、最初のころは雑誌とかを見てやってたけど、父が単身赴任でたまにしか帰ってこなくなって、俺と母と二人で過ごすことが多くなってから、部屋に戻ってからは母の裸を頭の中に思ってオナニーをしてた。
 その日は、そんな母の裸をこの目で見てみたくてたまらなくなり、風呂の前まで行った。
 中でザーザーとお湯をかける音がしていた。
 裸の母がドアの向こうにいると思うと、胸がドキドキしてどうしようもなかった。
 ジャージの中は膨らんでたけど、脚は少し震えていた様に思う。
 黙ってドアを開けようかとも思ったけど、叱られそうな気もするし、でも見たくてたまらないし。
 そう思っているうちに、母がドアを開けて脱衣所に出てきてしまった。もちろん、裸のままだった。
 俺は母のヘアーとかを見たかったんだけど、視線を下げることが出来ずに、母の目をじっと見てしまった。
 出てきたときの母は、ちょっとビックリしたようだったけどタオルを手に持ったまま、どこも隠さずに、
「どうしたの、何かあったかい?」
 と声をかけながら髪をタオルで拭き始めた。
 胸のドキドキがだんだん早くなってきていた。
「母さん・・・・」しか言えなかった。
「どうしたの、ん?」とタオルで体を拭きながら顔を覗き込んできた。
「母さん、俺、・・・・・」 やっぱりそのあとは言えなかった。
 母は、俺の気持ちがわかったのか、タオルで体を拭くのをやめ、
「何、母さんの裸、見たかったのかい?」ってニヤニヤしながら言ってきた。
 俺はドキドキして返事出来なかったけど、下を向いてうなずくのが精一杯だった。
 母親の裸を覗こうとするなんてとんでもない、と叱られると思っていたけど、母は「顔、上げてごらん」と、思ったよりもやさしい口調で話しかけてきた。
 母の目を見ると、ニコニコしながら俺を見ていた。
「もう一回、お風呂に入るかい?」って言ってきた。
 思いもしなかった母の言葉に俺は、大きな音で「ゴクッ」とのどが鳴ってしまった。
「おいで、一緒にお風呂に入ろう?」「ジャージ脱いでおいで」
 って、母は風呂に入っていった。
 ドキドキがとまらないまま、でも、ジャージ、パンツは突っ張ったままだった。
 ちょっともじもじしていたら、「早く入っておいで、恥ずかしいのかい?」とドアを開けてニコニコしながら俺の手をつかんだ。
「ちょっと待って、まだ、服、脱いでないから」と手を離した。
 少し震えてたけど、思い切ってシャツを脱ぎ、ジャージとパンツは一緒に脱いだ。
 ドアをゆっくり開けて中に入ると、湯気で少しモヤッとしてたけど、母はどこも隠さず、こっちを向いていた。
 そのとき、目の前で母のおっぱいを久々に見た。
 おっぱいの少し下のほうには少しポッコリめの腹とへそ、その下には初めて見る母のヘアーが黒くて、股の上、Y部分にフワフワッぽく見えた。
「背中流してあげるから、座んなさい」と丸イスを押してくれた。
 俺の股には突っ張ったものがあることは気づいていたと思う。
 母は俺の背中にお湯をかけてくれて、石鹸を体に塗ってくれた。
「おっきくなったよね、体」「母さんと入るの久しぶりだね」って手でスポンジに泡立てて、その泡を背中とか首につけてなでてくれた。すごく気持ちよかった。
 腕とか、胸とかも同じようにしてくれた。
「お腹も洗うから、立ちな」と腕を持ち上げられた。
「うん」と言って立ち上がろうとしたら、足が滑って、しりもちをついて、手を伸ばしたところが母のおっぱいだった。
 嬉しかったけど、「ごめん」と母に言うと、「久々にさわったね」と笑いながら俺の腕をとった。
 立ち上がるとき、チンチンは突っ張ったままだったから、母に背中を向けて立った。
「お腹洗うんだから、こっち向きなよ」と母はしゃがみながら俺の腰に手をかけた。
「いや、恥ずかしいんだ」と言うと「母さんに何も恥ずかしいことないんだよ」「どれ、おチンチンが大きくなったのかい?」と俺の腰を自分の前に向けた。
「大きくなってるね、元気な証拠だよ」とスポンジに泡立てて、俺の腹に塗りながら、母は、目の前で俺のチンチンを見ていた。
「おチンチンも洗っていいかい?」って俺の顔を覗き込んできた。
 恥ずかしさでいっぱいだったけど、思い切って、「うん、洗って」と言うと、母はニコニコしながら、スポンジで泡立てたフワフワの泡を手に取り、下っ腹に塗り広げ、ヘアーにも塗ってきた。
 タマ袋にも塗って、チンチンの根元にも塗ってきた。
 そっと柔らかく泡のついた手でチンチンを撫でられ、いきそうだった。
「お前のおチンチン、大きいね、元気いっぱいだよ」
 とアワアワの手で皮をむき出したところで気持ちよさが頂点になって「あーっ」と声を出して射精してしまった。
 勢いよく射精したので、母の首とおっぱい、ほっぺたにもべっとりかかってしまった。
「母さんごめん」というと
「いいんだよ、お前のだから汚くなんかないんだよ。そんなに気持ちよかったのかい?」 と聞いてきた。
「うん、すごく気持ちよかったんだ」
「自分でもしてるんだけど、ぜんぜん違った、母さんに洗ってもらったほうがすごく気持ちいい」
 って言ってしまった。
 射精した後だったけど、チンチンは小さくならないまま、突っ張っていた。
「いつもは出来ないよ」
 とほっぺたについた俺の精液をぬぐいながら、母はまたスポンジの泡を俺に塗ってきた。
「もう、大人だよね」
 って言いながらフワフワの泡を俺のチンチンにつけて、そっとしごき始めた。
 気持ちよかったけど、どうしても母の体を目に焼き付けたくて、思い切って母に言った。
「母さん、俺、母さんの見たい」
 母はそっとしごきながら「見たい?母さんの?」「何を見たいの」。
 俺は恥ずかしかったけど、もうここまでしてもらったんだから、思い切って母に言った。
「おっぱいとか、女の人の・・・・、母さんの大事なとこ・・・見たいんだ」
 母はしごいていた手をとめて、
「そうかい、じゃ、もうこれはいいかい」
 とチンチンの泡をぬぐいだした。
 気持ちよくて、もっと続けてほしい気持ちもあったけど、今、母に見せてもらえなかったらチャンスはないと思い、「うん、ありがとう」と言った。
「じゃ、流すよ」と泡を流して、自分も体にお湯をかけて、俺の精液を流していた。
「じゃ、上がろう」と母は俺の先に風呂を出た。
 タオルで自分の体を拭きながら、「きれいに拭いておいでよ」と言って母はタオルを巻いたまま茶の間に戻っていった。
 パンツとか脱いだものは脱衣かごの中に置いたままだった。
 俺も体を拭いて、ドキドキしながらパンツをはいて脱衣所を出た。
 茶の間に戻ったけど、母はいなかった。寝室のドアが開いたまま、中から母の声が聞こえた。
「こっちにおいで」
 ホントにいいのかちょっと戸惑ったけど、ここまできたら母に甘えてしまおうと思いパンツ一枚で母の寝室へ入っていった。
 母はタオルを巻いていたけど、俺が立ち止まると「近くにおいで」と俺を手招きした。
「うん」と言って母の前に近づくと、母はゆっくりタオルをとってベッドに置いた。
 半分くらいの灯りに照らされて、母の肌は少しピンクがかったような感じに見えた。
「女の裸、初めて見るのかい?」「もっと近くにおいで」と母は俺の頭を抱きかかえた。久々に、ていうか、母のおっぱいの間に顔がうずまった。
 手をどうしていいか、下げたままで頭を抱えられていた。
 中腰で頭を抱えられていて、不自然な体勢でいたのでよろけて母のほうに倒れ掛かり、母は俺を抱えたままベッドにお尻をついた。
 俺は、とっさに母の体を抱きかかえていた。でも勢いあまって、そのまま二人ともベッドに横になってしまった。
 目の前にきれいな肌、母の久しぶりのおっぱい。
「母さん、吸ってもいい?」
 俺は久々に母の乳首に吸い付いていた。
 母は、俺の頭を抱きかかえながら俺の背中を撫でていた。
「母さん、俺、母さんとしてみたいよ」「エッチしてみたい」
 そのときは、夢中でそんなことを言っていた。母は、
「本当は、絶対ダメなことなんだけど・・・・、どうしてもしてみたいかい? 二人だけの・・・絶対に秘密に出来るかい?」
 母の声も、少し震えていたように思えた。
「うん、秘密に出来るよ、秘密を守れるよ」
 と、もう無我夢中だった。
 母は、ベッドで俺に足を向けるように横になった。
 ゆっくり両脚の膝を立てて、少しずつ脚を開いていった。俺は、つばを飲む音が「ゴクッ」としていた。
 母は、両手を太ももの内側に添えて、さらに脚を開いていった。
「ここ、見るの初めてだね?」
 と股の内側の付け根を両手の人差人差し指と中指で広げた。初めて見る女性の大事なところ、それも毎日思い浮かべながらオナニーしていた母の大事なところ。それを目の前で、母が俺に見せてくれた。
「おいで、いいよ、もっと顔を近づけていいよ」と母は俺に脚を開いてくれた。
 俺は、ハイハイするように母の脚の間に滑り込んでいった。
 もう、声を出す余裕はなかった。
 チンチンを母の割れ目にあてようと腰を前に出すけど、うまくいかない。
 気持ちはあせるけど、きっと腰が引けていたんだと思う。
 母はそんな俺を見て、「あんたが横になりなさい」と体を起こした。俺は言われるままに仰向けになった。
 母は、ベッドの上で俺の腰をまたいで、脚を開いていた。
 母のヘアーと、開きかけている割れ目が俺のチンチンのすぐ上にある。ちょっと触られただけでも射精してしまいそうだった。
 そんな敏感になっているチンチンに、母は割れ目を両手の指で開きながら腰をさらに下げながらソッとくっつけてきた。母の割れ目は、ヌルヌルに光っていた。
 チンチンの先が、母の大事な股の穴に入り込もうとしていた。
 少し先が入りかけたら離し、また少し腰を下げてチンチンに割れ目をくっつけ、3〜4回くらいそうやった後、母は俺のチンチンに自分の股の穴「おまんちょ」を押し付けた。
 ヌルッとした感じの後、俺のチンチンは母のおまんちょに半分以上飲み込まれていた。
 なんともいえない柔らかな、温かいものが俺のチンチンを包み込んでいた。
 母は、無言のままおまんちょに俺のチンチンを根元まで入れた。
 もう、気持ちよくて我慢できなくなり、「母さん、出るよ」と母の腰に手を回した。
 間もなく、俺のチンチンは母のおまんちょの中に射精した。
 俺は、母の腰だけでなく、母そのものを俺の上に抱きかかえていた。チンチンはまだ脈を打っているみたいだった。
 少しの間、二人とも無言のまま、俺が下で母は上になったまま抱きしめあった。
 母は俺のほっぺたにキスして「気持ち良かったかい?」「もういいのかい?」と聞いてきた。
 俺は、「このまま、もっと、まだしたい」と母のくびれたウエストを抱きしめた。
 俺は自分の腰、チンチンを母のおまんちょに押し付け、緩めを繰り返し、気持ちよさを感じていた。
 母は、俺の頭の後ろに手を回して俺を抱きかかえてきた。
 俺は夢中になって母のおまんちょにチンチンを出し入れし始めた。すぐに2回目を母の中に射精した。
 オナニーのときは1回出すと、続けて出来ない状態になったけど、母とのこの時はすぐにまた母のおまんちょに強く押し当てたり引いたりをしたくなった。
 母のおまんちょからチンチンを離したくなかった。
 3回目を母の中に出したところで母は、「今度は母さんが下になってあげるよ」と俺を挟んだまま二人でベッドで転がって俺が上になった。
 母のおまんちょも俺のチンチンの周りもベチョベチョだった。
 母は俺の腰を両脚で挟んで、俺の腰の後ろで足を組んだ。
 俺はもう、ただ母のおまんちょに射精することで頭がいっぱいで、チンチンが小さくならなかった。
 その晩は、そのあとも何回も続けて母のおまんちょの中に射精し続けた。
 母も俺も、夜中、何時に眠ったのかわからなかった。
 次の日、朝、8時過ぎまで母のベッドで二人で眠っていた。
 朝、ベッドで目を覚まして、母に「母さん、昨日はありがとう」って言うと、母はニコニコしながら俺の頭を抱きこんで髪の毛にキスしてた。

[28384] 義母 投稿者:正志 投稿日:2016/09/15(Thu) 13:41
僕はトラック運転手です 義母が田舎から出て来ました、
妻は小さい子供を育てて 夜なかなか寝れない 毎日です、
僕は 真夜中から仕事に行ってました、 義母が運転中眠いだろう と
助手席に乗って 着いて来る様になり 得意先に着くと 荷下しを手伝ってくれました、 婆ちゃんは田舎の人で 力もあり 格好も構わず良く働き それを見て居た 僕は婆ちゃんの胸の谷間をチラチラ見てる内に 愚息が 痛い程勃つて来て我慢するのに困った。
その日は 得意先の都合で 荷下しが夕方になった、 帰りの道で睡魔
を覚え 道の広い所で車を止めて 少し寝た 婆ちゃんは 後ろのベットで寝ていた、目が覚めて 婆ちゃんを見ると 胸元から乳が見えて居る
僕は興奮して 狭いベットに入って婆ちゃんに添い寝した、
婆ちゃんは奥に詰めてくれた 胸に手を入れて乳を揉んで舐めた、
婆ちゃんは何も言わない、 ビンビンになったチンポを握らせたら扱き始めた、 僕は下を脱いで 婆ちゃんを全て脱がして 愛撫し合った
我慢出来なくなり 割れ目に チンポを突っ込んで 激しく腰を振って中に出した。
その日から 家に居る時も 妻の目を盗んでは 婆ちゃんとした、
家に居ても 仕事に行っても 婆ちゃんと何時も一緒で、
妻も薄々気づいて居る様だった。
婆ちゃんが亡くなる 迄 続いた、 暫くは 妻もよそよそしかったが、
最近は優しくなった、 子供も大きくなって 中学生の女の子と小六の長男が居る、 僕は寂しくトラックに乗って居る。

[28335] 家に帰ったら母が 投稿者:ヒカキンキン 投稿日:2016/09/08(Thu) 12:47
ある日俺は友達と遊ぶ約束をしていた
友達の家に遊びに行ったんだけど、友達に急用が出来たので遊べなくなった
仕方なく家に帰ったら2階で母親が裸でオナニーしていた
衝撃をうけてパニックになった俺は、母親に襲いかかった
これが母親との最初のSEXです
俺の母親は39歳 2年前、俺と関係を持った時は37歳だった
俺は現在19歳
2年前、母親を初めて抱いた時は17歳だった
俺は元々、母親が好きだったと思う
注学の頃、母親が脱いだパンツを洗濯機から取り出して
部屋に持ち帰って匂いをかいだり、かぶったりしながらオナニーした事が何度もある
俺は子供の頃、母親が父親のオチンチンを舐めていた場面に出くわした事がある
5歳くらいの頃だよ
父親が裸で仁王立ちしていて、
母親が裸で正座しながら、父親のオチンチンを舐めていた
お母さんってお父さんのオチンチンを食べるんだよって
幼稚園の先生に言って注意された記憶がある
その頃は子供が出来る仕組みとか、セックスとか知らなかったし
フェラチオとか、そんな行為がある事自体、知らなかった
だけど、注学くらいになったら知識がついて色々わかるじゃん
あー、子供の頃に見たアレは、フェラチオだったんだなって思ったんだよ
俺の母親も、そういう事するんだなって
そう考えると妙に興奮してきたんだよね
俺の母親も女なんだなって
母親の胸とか尻に興奮するようになったんよ
そういう下地があったから、たぶん
ああいう行動に走ったんだと思う
母親とやった後、俺はこれが最初で最後だと考えていたんだけど
いろいろ妄想していく内に、もっと母親を支配したいと思うようになった
母親の処女を奪った男は誰なんだ?とか
子供の頃に見たフェラチオの記憶などがよみがえってきて
なぜか知らないけど
俺以外の男に抱かれたお前は、犯されても仕方のない生き物
って憎しみと同時に
母親と仲良く過ごしてきた思い出
まあ愛情っていえばいいのか
愛情と憎しみの感情が爆発した感じか、よくわからないけど
妙に興奮して、母親を支配したいと思うようになった
初めて関係を持った日から2日くらいたって
俺と母親はリビングでテレビ見てたんだけど、俺は機会を伺っていた
その日は、母親にフェラチオをさせる!って強い決意を持っていた
テレビがコマーシャルかなんかに入った瞬間
俺はジャージパンツを下ろして、母親の顔にチンチンを押しつけた
母親は抵抗したよ
俺は
しろよ!口でしろ!
あのこと、親父に言うぞ!
ってハッタリで母親を脅して、無理やりフェラさせた
母親は泣いてたな
あの後、俺はすぐ部屋に戻って寝たと思う
とんでもないことしたかな?と思いつつも
女を支配したって満足感も感じていた
その後、数回、母親を×××した
台所で押し倒したり、シャワー中に浴室に侵入したりした
母親が××君がしたいなら、させてあげるから無理やり押し倒したりしないで
って言って
それからは和姦になった
今も関係は続いてるんだけど、セックスする時は
母親の腕を無言で軽く引き寄せる感じの合図をする
母親の腕を軽く引き寄せる合図で、母親は察してシャワーを浴びてくる
それがセックスの合図

[Res: 28335] 投稿者:ぺけ 投稿日:2016/09/14(Wed) 14:48
母親が若すぎる 貴方と年齢が近すぎる。ウソがばれる。

[28377] 姉を、真剣に、思ってた 投稿者: 投稿日:2016/09/13(Tue) 15:13
近親相姦もはしかのような感じで、免疫できたら自然消滅するのではと思っていた。
それは姉も私も同じような考えだった。
姉以外の女性とはセックスできない体になっているのではと思っていた時期もあった。
  
真剣に姉と生涯を共に生きていこうと悩んだ時期もあって、近親相姦の世界の扉を開けては、色んな小説や掲示板など読みながら、同じ仲間が大勢いることで安心するときもあった。
そんな時、姉が入院することになって、母から姉との関係について随分話を聞かされた。
姉は私を傷つけたくない弟想いで、これまで体を任せてきたことも言われた。
私が衝撃受けたのは一度妊娠して堕胎していたことだった。
母も今回の姉の入院で、これまでの関係を清算してほしいようなことを言われ、別れることを考えてほしいと涙流して言われた。
  
母の涙流すのを初めて見て姉との関係に幕を閉じることにした。
しかし、毎晩姉のことを思っては我慢できずに抜いていた。
そんな私の様子を心配していた母が、母の従姉の子供のことを話すようになった。
私もその女性には以前から好意を持っていたこともあって、母はそのことを知っていたようだ。
話はとんとん拍子で進み数年前結婚してしまった。
結婚するとき姉と二人で色んなこと話しあった。
あれほど姉を愛し、姉と生涯を共に生きていたいと思っていた自分の思いが結婚する女性にダブってしまったのではと思った。
姉もそのことを心配されていて、私の結婚後に結婚することになっていた。
  
結婚後の生活は順調に船出し、すぐに子供も生まれ現在2人の子供を育てている。
姉も結婚して思うように子供に恵まれなかったのに、旦那が事故に巻き込まれて障害を持ってしまった。
そのことが原因で子供もいないことだから別れた方がいいと相手の家族から、相談され姉はそれをきっぱり断ったのですが、両親は相手の家族から何度も相談されたこともあって、別れることになってしまった。
姉は実家には帰らず隣町に部屋を借りてこれまで勤めていた病院で働くことになった。
その姉から大事な相談があるから会いたいと携帯にメールがあった。
ちょうど夏休みで女房が子供たちを連れて実家に帰っていたこともあって、姉の部屋でゆっくりしていこうと思っていた。
  
相談は離婚してから分かったことなので何とも言えないのだが、サラ金の請求が姉の保証で借りられていた。
そのことは姉も承諾していたので、相手の方に伝えることもできずに私に金の相談をしてきた。
そのことは二人で力合わせて返済することになって、姉の部屋で夕食を食べながらビールを二人で飲み始めた。
  
久しぶりに二人っきりになって見詰め合えば空白期間は一気に解消して仕舞って抱き合ってしまった。
姉との抱擁は二人をもとの近親相姦の世界に戻してしまった。

[Res: 28377] 投稿者:襟裳岬 投稿日:2016/09/14(Wed) 13:48
姉弟相姦になった経緯をお願いします。

[27770] 義理姉91才に 投稿者:かず 投稿日:2016/06/23(Thu) 14:46
私は60代です。10代の頃より義理姉に、憧れを持っていました。兄の家に泊りに行き、義理姉が入った後の風呂に入り、そこに脱いである、ブルーのナイロンのパンティーを手に取り、オマンコの汚れでシミの出来たところを見、匂いを嗅ぎ・ナメ、そのままパンティーを穿き、湯船に入りました。気持ち良くて・気持ち良くて、義理姉のオマンコの愛液が、すべて私の中へ入ってくるような気がし、パンティーの中でキンタマも立ちっぱなしでした。義理姉とセックスをしている気分で、パンティーに射精をしました。兄の知るところとなり、その遊びも何度かで終わりました。高校生の頃の思い出です。憧れ・思いは膨らむこそすれ、しぼむことはありません。兄夫婦は未だ元気ですが、私から見れば未だに綺麗で魅力的な義理姉と、なんとか機会を見つけ、連れ出し、海に山に二人でドライブに行き、91才の義理姉の手をつなぎ歩き、オシッコがしたくなれば、個室に二人で入り、濡れたオマンコを拭いてあげたい。そして50年前に義理姉のパンティーにした思いを、90を過ぎた、完璧な?お婆さん・老女のオマンコを、心行くまでナメ、子供を産んでいない、老婆京子のオマンコに義理弟のキンタマをハメたい・ハメてあげたい。憧れつずけた50年の思いを込め、義理姉の子宮に射精をしたいのです。

[Res: 27770] 投稿者:gokun 投稿日:2016/06/25(Sat) 05:31
義理姉さんはどう思っているのでしょうか?
足腰がしっかりしているご婦人の様ですが・・・
女性も恒例になっても年齢を感じさせない魅力を持っている人もいますよ。
経過をお聞きしたいですね。

[Res: 27770] 投稿者:ケン 投稿日:2016/06/25(Sat) 06:42
ペニスでなく金玉が立ったり
金玉をオマンコに入れる技って凄いですね。

[Res: 27770] 投稿者:かず 投稿日:2016/06/25(Sat) 13:45
ケンーどの 揚げ足をとるな 性格が見えますヨ。

[Res: 27770] 投稿者:ケン 投稿日:2016/06/25(Sat) 23:06
善処いたします。

[Res: 27770] 投稿者:ジン 投稿日:2016/07/16(Sat) 14:59
ケンさんもかずさんも 大人のコメントが
楽しいです。

[Res: 27770] 投稿者:ジン 投稿日:2016/07/16(Sat) 15:13
かずさん91の義理姉に好きだと云えば
喜んでくれると思うのだが。

[Res: 27770] 投稿者:カン 投稿日:2016/07/22(Fri) 21:50
個人差はありますが91才といえば普通はオマンコが小さくなっていてなかなかペニスが入らないですが・・・
僕は88才の義母としようとしましたが、オマンコが窮屈でとうとう出来ませんでした。
結局入れ歯を外してもらって義母の口に中に出しました。

[Res: 27770] 投稿者:gokun 投稿日:2016/07/24(Sun) 08:50
カンさん、
指の出し入れ等で、徐々に広がるのでは?
時間と日をかけて慣れさせれば・・・・と、想像です。
進展があれば教えてくださいな。

[Res: 27770] 投稿者:カン 投稿日:2016/08/01(Mon) 21:21
gokunさん、ご指導ありがとうございました。
指の出し入れで徐々に広がるのではとのこと、早速昨夜試してみました。
その前にしなびた乳房を揉み、口に含んで吸い、乳首を舌で愛撫してパンツの上からあそこをなでさすりました。
それから義母のパンツを脱がせてあそこに指を入れました。
唾をつけて1本の指をそっと入れて静かに出し入れして動かしました。
しばらくすると窮屈だった指がスムースに動くようにりました。クリトリスを触ったり口をつけて吸ったりしました。
義母が感じてきたようで息づかいを荒くして苦悶の表情をしました。
指を2本入れてみました。最初は窮屈で中々入らなかったんですがそろそろと動かして出し入れするうちにだんだん奥まで入って行くようになり、数分後にはとうとう奥までスムースに動くようになりました。
僕の勃起したものを義母の手に握らせました。
義母はそれをしごきました。
「お義母さん、これをお義母さんの中に入れるよ」
「入れて頂戴」
義母のオマンコの中にいよいよ入れることにしました。
そっと押し当てて押し込みました。
だいぶ窮屈でしたがなんとかとうとう入りました。
「お義母さん、入ったよ」
「ああ、嬉しいわ」
静かに腰を動かしました。
「どう、お義母さん、気持ちいいかい」
「うん、気持ちいいわ」
だんだん高まって来ました。
「お義母さん、出そうだよ。お義母さんの中に出すよ」
「はい、出して頂戴」
僕は88才の義母の中に出しました。

[Res: 27770] 投稿者:gokun 投稿日:2016/08/02(Tue) 16:51
画ないのが残念ですね〜きつかった分義母さんも御子息殿を目いっぱい咥え込んだ感じかな〜。
今からですね〜楽しめるのは・・・報告をお待ちしています。

[Res: 27770] 投稿者:春子 投稿日:2016/08/08(Mon) 20:18
皆さんの投稿をみてうらやましく思います。
私はまだ還暦を過ぎたばかりです。夫を亡くして3年、35歳の息子と二人暮らしです。
実は昨年夫の3回忌法要を営んだ夜、息子と二人で飲んでいていきなり息子に襲われたのです。
抵抗むなしく息子に犯されたんですが、息子は翌日家を出てゆきました。いま悔やんでいます。

[Res: 27770] 投稿者:かず 投稿日:2016/08/09(Tue) 16:59
春子さん 何を悔やんでいるのですか。息子さんは貴女のような完熟した女性が、欲しいのです。ましてなんのトラブルにもなりえない、実母は最高の相手なのです。 さあ直ぐに息子さんを呼び寄せなさい。心いくまで実母の肉体を味あわせ、子宮に射精をさせなさい。貴女も若い逞しい肉体を、マラを心行くまで楽しみなさい。70になっても80才になっても、息子さんの女でいなさい。それには健康に留意して。 息子さんを離してはいけませんヨ。

[Res: 27770] 投稿者:秋子 投稿日:2016/08/09(Tue) 21:21
春子さん、かずさんのおっしゃる通りですよ。
息子さんはまじめな方で、母親を犯した罪悪感で出て行かれたものと思われます。でもかずさんの言われるようにあなたの体が本当に欲しかったのでしょう。
呼び寄せて心ゆくまで愛し合ってください。
実は私も夫を亡くした後、息子に無理やりレイプ同然にさせられて、一時は自殺しようかと思ったんですが・・・・
息子と話し合った末、結局男女の関係になったんです。
今、私はもう後期高齢者になりましたがまだ1〜2か月に1回くらいの割合で息子とのセックスを楽しんでいます。

[Res: 27770] 投稿者:かず 投稿日:2016/08/10(Wed) 07:03
秋子さんへ ご同意ありがとう。後期高齢者とはお幾つなのですか。貴女の心の葛藤をぜひお聞かせ下さい。息子さんとのオマンコは最高でしょ。 とうに亡くなった明治生まれの母は、いつもノーパンで赤い腰巻をしていました。60代の今の私は、遠い地に居る、90才を一つ二つ過ぎた妻の母・義母チエとの爛れた肉欲の関係を、思い描き・当時を思い出しながら、85才の時に撮った写真を観ながらオナニーにふけったり、近くに居る同じく90を過ぎた義理姉京子{兄がまだ達者}とのオマンコのチャンスを目論んでいます。秋子さんお話下さい。 春子さんご返事お待ちします。

[Res: 27770] 投稿者:gokun 投稿日:2016/08/14(Sun) 09:06
カンさん、その後の様子を書いてくださいな。
朝、昼、晩とどの様に過ごしているのか・・・。

[Res: 27770] 投稿者:カン 投稿日:2016/08/16(Tue) 21:41
13日、お盆のお墓詣りに義母を連れてゆきました。
帰って夜、布団に入って義母の身体をまさぐりました。
初めて義母の膣に挿入してから2週間、今夜2回目のセックスです。
「お義母さん、今日お墓参りをして僕は義父さんに謝っててきたよ。あなたの娘さんと結婚してるのに、お義母さんとおまんこしてしまってごめんなさいと」
「あら、そう」
「お義父さん、許してくれるかねえ」
「許してくれるわよ」
「そう、じゃあ、今夜もしようかね」
「いいわ」
指に唾をつけてあそこに入れてそろそろと動かしました。
「どう、気持ちいいい?」
「いいわ」
「僕も気持ちよくなってもうこんなになったよ」
勃起したチンポを義母の手に握らせました。
「あら、大きいわねえ」
「お義父さんのとどっちが大きい?」
「あんたの方が大きいわよ」
「これをお義母さんのおまんこの中に入れたいんだけど」
「いれて、早く入れてよ」
「入れるよ」
義母のおまんこにそろそろと押し入れました。先日、入れたので今日は奥まで窮屈ながら入りました。
「お義母さん、入ったよ」
「ああ、嬉しいわ」
そろそろと動きました。義母はうっとりと目を閉じています。
「どう、お義母さん、気持ちいいかい」
「ああ、とても気持いいわ」
「お義父さんのときとどっちが気持ちいい?」
「今の方が気持ちいいわ」
「ほんと?」
「気持ちいいわ」
「僕も気持ちいいよ。もう出すよ」
「出してちょうだい」
「でたよー」
「ああ、気持ちいいわ」




















[Res: 27770] 投稿者:秋子 投稿日:2016/08/16(Tue) 21:53
かずさん、私は76才です。
息子に犯された後はホントに自殺をしようかと思いました。でも1か月、2か月と過ぎたころ、忘れていた女の体の喜びを呼び覚まされた息子の男を感じたのです。
思い切って息子と話し合いました。息子はお母さんのことが大好きで大好きで忘れられないと言って泣いて抱きつくんです。
その夜から息子とは男女の関係になってしまったんです。

[Res: 27770] 投稿者:通りすがり 投稿日:2016/08/16(Tue) 21:57
かずさん、91歳の義理姉、しかも義理兄がまだ健在とのこと、すごいですね。義理兄が亡くなるまで待って、その後、思いを遂げることを祈っています。

[Res: 27770] 投稿者:かず 投稿日:2016/08/19(Fri) 15:57
秋子さん お返事ありがとう。70代・80代の女性は本当の意味で、完熟された女ざかり「熟女」そのものです。 息子さんが羨ましいデス。・・・代わりたいくらいです。他人の私が入るスキは、ないですね。 息子さんは結婚はされているのですか?。あと20年は女ざかりを謳歌してくださいね。息子さんとオマンコをしてください。また その後をお待ちします。通りすがりさん 目にとめていただきありがとうございます。 

[Res: 27770] 投稿者:潤滑ローション 投稿日:2016/09/09(Fri) 10:47
私は母がいないので叔母としています
すればするほどアソコが馴染むのは年に関係しませんね
何歳からでも馴染みます
88歳でも潤いイキます、イッチャタと体を預けてきます
体力が無くなり出来なくなる事をこぼす事もあります
体力だけは個人差がありますが何歳になっても抱いてあげるつもりです
二人で暮らしています、炊事洗濯掃除、家事を嬉々としてしてくれます

[Res: 27770] 投稿者:gokun 投稿日:2016/09/12(Mon) 19:01
初恋の彼女・・・恋人関係でしょうか?
その後の様子も書いてくださいな。

[28365] 『名人倶楽部』では息子としている人がたくさんいる 投稿者:たかし 投稿日:2016/09/12(Mon) 01:00
ので、利用しています。
どなたか、その2ショット番組の、利用者の掲示板がどこにあるかご存じの方がいらっしゃったら、教えてもらえないでしょうか。