[掲示板に戻る] [最下部へ移動]

1. 私ってたぶん変態(つづき)  投稿者:みゆ 投稿日:2017/10/03(Tue) 05:27 No.43387

ごめんなさい間違って途中で更新しちゃったからつづきから

私は何々ってパニックになっている間に痴漢の指ににクリトリスを探り当てられちゃったんです。
オナニーをしたことはあったのですが自分の指との違いちょっとだけ感じてしまって戸惑いました。あと痴漢が怖かったという気持ちもあったと思います。
10〜15秒ぐらい硬直してしまってる間にも痴漢の指はクリトリスを刺激つづけてじんわりっと気持ち良くなってきました。
痴漢の指から逃れようと身体を捻ろうとしたのですが上手くいきませんでした。
僅か一駅分にも満たない間にアソコが濡れてき始めているのが分かりました。痴漢にバレたらと思うと益々濡れてくるように思えてどうしたらいいのか分からなくなっていました。
駅に着く頃痴漢の指は割れ目に沿って動き始めていました。
じんわりとパンティーが濡れてそれが痴漢に分かってしまっているのではないかと気が気ではありませんでした。どうしようと考えて半分頭が真っ白になっていて駅に着いたことに気づくのが遅れてしまいました。降りる人に紛れて逃げるチャンだったのに。足を一歩動かそうとした時無情にも扉が閉まってしまい機会を逃しってしまいました。
電車が動き出すとパンティーの裾から直に痴漢の指がアソコに触れてきたのです。
完全に痴漢にアソコが濡れているのがバレたと思うと恥ずかしさで身体が熱くなり俯いいて動けなくなりました。
すると、痴漢の指はなんとオナニーでも自分で入れたことも無い処女のアソコに入ってきたのです。
完全に私はパニクりました。頭が真っ白になっている間にも痴漢の指はクチュクチュと動き回りました。
初めて感じる感覚と恥ずかしさでアソコはビッショリと濡れているのが分かりました。息は荒くなり喘いでしまいそうになりました。処女の癖に痴漢の指で完全に感じさせられてしまったのです。僅か2駅、時間にして7〜8分の間にです。
次の駅に着くと痴漢の指がアソコから抜けて痴漢の気配はなくなっていました。私は安堵の気持ちでその場にへたり込みそうになりrました。
これが私の初痴漢遭遇です。

おなまえ
コメント  
パスワード (英数字で8文字以内)