[掲示板に戻る] [最下部へ移動]

1. 痴漢で彼女をGET  投稿者: 投稿日:2018/05/16(Wed) 12:43 No.131526

東京に地震があり、いい思いをされた方もいたようですねw まあ、私も・・・。
仕事が終わりS駅へ行くと、なんとJR、地下鉄、K王、T急全部駄目! まさに陸の孤島と化していました。
私はJRのS狂なのでホームに行くと人だらけ、幸い1時間半位で電車は 来ましたが、やはり混雑しています。
実はホームで目をつけていた25位のお尻が丸く張った女性、セミロングの 髪で色白の目の大きな、中々の美人に密着するように電車に乗りました。
そして彼女のバックを取り、すぐに勃起させて、丸い尻につくかつかない か、くらいの距離を保ちました。
電車の揺れで当たる程度にまずはしたのです、始めは気付かなくとも、 やがて気付き、顔を臥せるようにしました。
「これはいける」と根拠の無い自信を抱いた私は密着するように屹立した ち○ぽを押し付けます。
彼女はされるがまま、という感じでしたので、ベージュのパンツの上から 大きく張った尻を触るとビクッとしました。
そしてS宿に電車は着きました、ここで彼女が降りるか、逃げたらそれは仕 方無いこと、とあきらめるつもりでした。
しかし、彼女はおりません。
多分、目的地はその先なんでしょう。
S宿で乗って来る大量の客を捌きながらも、彼女のバックをキープする事に 専念しました。
やがてS宿を出ると彼女の大きな尻を揉むようにしました。
柔らかくて暖かい感じで最高の尻です。
彼女も観念したのか(?)もう尻を突き出すようにしてきます。
こうなれば、次のI駅までが勝負! 耳元で「いいお尻しているね、おっぱい揉むよ」 といい、乳房を軽く揉みながら、ち○ぽに当たる尻の感触を楽しみました。
しかし、あまり派手にやるとまずい。
彼女の息が次第に荒くなって来たからです。
「この硬いオレので君を突きまくりたいな、次で降りようか?」 なんと彼女は頷きました! I駅に着くと、彼女の手を引いてすぐにホテルへ直線一気! いざとなったときに彼女が妙に緊張したようなので、訊くと 「初物」なのだそうな!ホントかな?と思いながらもホテルに入り、 することすると、彼女は痛がって、苦痛の表情を浮かべていました、 そこで彼女とひとつに繋がっている間、手を握ったり、抱きしめて 「一目惚れしたんだ、君をオレだけのものにしたい!」 と、あまり心にも無い事をほざいていると、彼女もその気になったのか、 中で果てさせてくれました。
でも、果てる瞬間に本当に「この娘と一緒になれたらいいかな」と 思ったのも事実ですわ。
果てた後の彼女はもう目つきが全然違いました。
なんというか、とても「いとおしい人を見る目」になっていましたw んな、簡単に決めていいのか? と思いつつも、もう三回ほど中で果てさせていただきましたw 結構、性格のいい娘みたいだから、付き合う事にしました。
しかし、今迄そんな機会があっても許さなかった女性が こんな簡単に身体許すのは何故なのかな? ま、いいか。


2  痴漢房長官 - 2018/05/16(Wed) 14:52 No.131534
    盛り過ぎ

おなまえ
コメント  
パスワード (英数字で8文字以内)